ノコギリクワガタ

家の中に入って来たカミキリムシを娘がゴキブリと勘違いして大騒ぎになったのが、ちょうど1年くらい前(「深夜に…」)。今度はクワガタだ。

といってもさすがに家の中で見つけた訳ではない。帰宅してエレベータに乗ろうとした時、エントランスの床にいたのだ。久々に手に取るオスのノコギリクワガタ。裏山の塚山公園から飛んできたのかな。こっちの方がGと見間違いそうな少し赤みがかった茶色。クールに湾曲した大顎と合わせて、光沢は強くないが微妙に艶のある、まるで使い込んだ木製家具のような“甲冑”がダンディで、ノコギリクワガタは昔から子どもたちの間ではカブトムシと人気を二分していた。僕は特徴のある先端が二股の大顎を持ち、艶消しの体表が渋いミヤマクワガタが好きだったけど、ノコギリも改めて観察するとホント美しい。息子もたぶん初めてまじかに見るクワガタを、ちょっとビビりながら掴んでいた。虫嫌いの女性陣は…もちろん引いている。ヒアリ騒動に揺れる日本列島だが、昆虫は楽しい。

クワガタの夏1
翌朝 もう平気で触れるぜい!

クワガタの夏2
家の前の大木に逃がしてやりました[2017.7.12 7:00更新]


スポンサーサイト


コメント

  1. SDTM | /ZyVyp1I

    ノコギリクワガタ

    ★ 久しぶりに見ました。1960年代後半までは調布にも一杯いました。
       最近は全く見なくなりました。甲虫類は飛ぶのが苦手なので、蝶の様に
       住宅が増えても繁殖できるとのは違う様です。

      ぱっぴいえんどの「夏です」でしたか、映像が良いですね。このように小さい子たちが
      野道や自宅の周りで自由に歩きまわれる時代はどこに行ったのでしょう、、、遠い目

    ( 19:39 [Edit] )

  2. papayoyo | -

    Re: ノコギリクワガタ

    こんばんは。
    >甲虫類は飛ぶのが苦手なので、蝶の様に住宅が増えても繁殖できるとのは違う様です。
    なるほど。甲虫類が見られるということは、まだこの辺の自然もそこそこ保たれているのですかね。息子には毎年夏休みに裏山にカブト捕りに行こうと言い続け、結局実行に至りませんでしたが、塚山の森ではクワガタは結構見つかると聞きます。ただこの辺は水源に乏しいのか、トンボはほとんど見かけません。田舎の福岡では、川や用水路でヤゴ捕りからやってましたからねえ。
    >ぱっぴいえんどの「夏なんです」でしたか、映像が良いですね。
    映像に魅かれ使わせてもらいました。素人さんなんですかね。センスが良いです。

    ( 22:19 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最近の記事