Bリーグ

横浜B・コルセアーズ

今日は息子とBリーグの公式戦を初めて観に行った。ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Japan Professional Basketball League、JPBL)が運営するトップリーグのB1、横浜B・コルセアーズのレギュラーシーズン・ホーム最終戦。自由席タダ券をもらっていたからだ。試合会場となったのは横浜・関内にある横浜文化体育館。日本のバスケはしばらく2つのトップリーグが並立し、いろいろゴタゴタがあった末、Jリーグを立ち上げた川淵三郎氏の尽力で昨年度新たに統合発足したBリーグ。正直バスケにはほとんど興味がなかった。世界市場でみれば実力は知れているし、ファン不在の過去の黒歴史を考えれば、観客もまばらかと思いきや、本日満員御礼。昼飯のんびり食ってたら、いい席獲れなかった。

SLAM DUNK

前回のジャズ漫画『Blue Giant』の主人公、宮本大も中高6年間をバスケに捧げたフープメンだったが、観客は若い人が多い印象。若者(この言い方がおっさん)のバスケ人気の火付け役はやはり『SLAM DUNK』だろうか。作者の井上雄彦さんが、俺が通ってた大学の数年後輩にあたるから、我らじじい世代の少し後くらいの世代なんかな、当時のバスケブームにどハマりだったのは。スラダン読んでバスケ始めた中高生たちが、今の中高生の親世代。Bリーグ発足を契機に、親子二代のサポーターがつく可能性は多いにある。バスケブームよ再びになるか。

Bリーグをちょっと調べて見た。サッカーのJ1に相当するB1は全部で18チーム(J2に相当するB2も同じ)。これらを3地区(東、中、西)6チームずつに分けて、レギュラーシーズンでは、自地区の3クラブと8試合(24試合)、2クラブと6試合(12試合)、他地区の12クラブと2試合(24試合)の計60試合を行う。さらに各地区の上位2位(6クラブ)と3位以下のワイルドカードで戦った上位2クラブの計8クラブでプレーオフを行い、B1の優勝を争うのだとか[1]。うーむ、ちょっと複雑だね。なぜ同一地区で均等に総当たり戦ではないのだ。もう少しシンプルに優勝決められんもんかね。過去のトラブルを引きずった複雑な事情があるのだろうか。

Bリーグ その1
怪しげなサポーターがおんねん

Bリーグ その2
野球でいうところの始球式、バスケのティップ・オフ・セレモニー

本日のカード、横浜B・コルセアーズvs三遠ネオフェニックス(浜松)は中地区どおしのクラブ戦で、観戦前の成績は中地区で横浜最下位、三遠2位だった。結果は61-77の横浜大敗。私も息子もバスケ素人なので、ルールもよくわからず、どこをどうチェックして観るのかもわからなかったが、シュートの精度の差は素人目にも明らかだった。特にゴール付近での競い合い(素人表現でスミマセン)、プレッシャーをかけられた状態でのショット成功率が格段に違った。なにせ相手ファウルで得たフリースローですらまともに入れられないのだから(10番、フリースロー4本も外さんといてくれ)。こんな調子じゃB2降格?

Bリーグ その3
激しい当たり合いもあって、バスケは格闘技やね

横浜Bコル撮影会
最後に撮影会があると言ってたが、よくわからなかったのでそのまま帰ってきちゃったけど、選手とサポーター全員で集合写真撮るんだね。観客が満席でも3千程度のキャパならこんなこともできるんだ。良いアイデアだと思う。(横浜B・コルセアーズ公式Facebookより)

Bリーグ その4
会場は音の連射で熱気ムンムン

まあ、結果はどうであれ、生の試合を愉しめたのはよかった。選手との距離感もサッカーや野球に比べて格段に近いのでいいね。ただ、各クオーター間のインターバル、前後半の間のハーフタイム、タイムアウトの時間全てにチアリーダーのお姉ちゃんたちがコートに出てきて踊るし、ハーフタイムではアイドルのような娘がわけのわからん歌を歌い出して、四六時中音楽とリズムが大音響で鳴り響いているバスケの試合はまるでコンサート会場のよう。五十路過ぎのおっさんには落ち着かない。やっぱり若者向きのスポーツだね。じじいは適度にダレる野球くらいの、ほんわかとビールでも飲みながら観戦する方がいいかな。21世紀の若者、我が息子はどう感じただろうか。

イライラするっ!

[参考・引用]
[1]ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ、Wikipedia、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0
スポンサーサイト
[ 2017/05/03 23:33 ] sports/スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/761-5dca7a9c