おじさんのブッシュタクシー

アフリカが話題になったところで、アフリカからのクルマ絵本を紹介しよう。タイトルは「おじさんのブッシュタクシー」(クリスチャン・エパンニャ・作、さくまゆみこ・訳、アートン)、原題は“Le taxi-brousse de papa diop”(Christian Epanya、Syros)のフランス語作品である。舞台はセネガルのサン=ルイ、ディオプおじさんという赤いブッシュタクシーの運転手と、彼を手伝っている少年セネのお話。

ブッシュタクシー
本物のブッシュタクシー

本の解説にも載っているが、ブッシュタクシー(またはタクシー・ブルースというようです)とは乗り合いタクシーのことで、ほとんど小さいバスに近い。一部地域には大型バスも走っているようだが、こちらは発車時刻が一応決まっているのに対し、ブッシュタクシーはそのほとんどが個人経営であり、乗客が経営者(=運転手)の想定する「定員」に達するまで発車しないので、時には何時間も待たされることがあるようだ[1]。しかも行き先はタクシーによって全く異なる。自分の行きたい方面のタクシーを捜すのだけでも一苦労しそう。たとえ乗れたとしても、ちゃんと整備されていないものが多いので途中で動かなくなったり、スピードの出しすぎで横転したりすることもあるようだ。アフリカ旅行は命がけだ。

サンルイの街並み
サン=ルイの街並み

さてセネガルに話を戻そう。セネガルはアフリカ大陸の西に位置する日本の約半分の国土を持つ熱帯気候の国。首都はあのパリ~ダカールラリーの終着点でも有名なダカール。自動車に縁の深い国なのである。また、この絵本の舞台となっているサン=ルイは、セネガル川の河口に浮かぶサン=ルイ島の中心部、かつてのフランス領西アフリカの首都だった。この歴史的街並みが、今は世界遺産となっている。また「星の王子様」のサン=テクジュペリが滞在していたところとしても有名[2]。

「おじさんのブッシュタクシー」その1

1815~1960年までフランス植民地であったこともあり、セネガルの公用語はフランス語。しかし、13~15世紀にかけて隣国マリ共和国周辺まで含めて栄えたマリ帝国がイスラム教を受け入れていたことから、国民の95%はイスラム教徒だそうだ[3][4]。イスラム教の影響は、この本の随所に見られる。モスクやレバノン人の経営する自動車屋さん、イスラム教の伝道師マラブー等々。

「おじさんのブッシュタクシー」その2

フランス領だった面影も絵本の中にいくつか見られる。ディオプおじさんが赤いタクシーを買った自動車屋さんにはシトロエンやルノー、ビバンダムの看板、ルノー4(キャトル)のフルゴネット(商用車バン)仕様も並ぶ。赤いタクシーのモデルが何かは不明だ。CIマークが見たこともない“M”なのできっと架空の車なのだろう。

カラフルな独特な色使いはいかにもアフリカの絵本らしく、セネガル文化のエッセンスがてんこ盛りに詰まっていて、さしずめセネガルの入門書である。欧米以外のクルマ絵本も珍しいが、アフリカの絵本に接する機会もなかなかないと思う。この本でセネガルに興味を持たれた方は是非行ってみられるとよい。ただし、外務省より渡航注意情報[5]も出ているのでくれぐれもご注意を。

Christian Epanya
Christian Epanya

作者のクリスチャン・エパンニャさんはカメルーン生まれ。石油会社勤務後フランスに移住し、エミール・コール美術学校で学んだ。1993年にボローニャ国際絵本原画展ユニセフ賞を受賞し、イラストレーションの仕事を始める。現在はフランスやアメリカの雑誌イラストレーションや児童書の挿絵等を多く手がける。本作品は、作者自身がセネガルを訪れ、取材し、文章も手がけた最初の絵本となる。

訳者のさくまゆみこさんは東京生まれ。出版社の編集者を経て、現在は翻訳家。「アフリカ子どもの本プロジェクト」代表を務め、本書を含めた6冊のアフリカ絵本を出版している。なかなかユニークな活動なので、興味のある方はホームページ[6]を参照されたい。

[参考・引用]
[1]Chapeaus' Homepage、CHAPEAUS' GLOBAL ITINERARY、Q&A for my trip in West Africa (西アフリカ旅行Q&A)、Q12. 西アフリカ域内での陸路移動はどのようにしたのですか?、
http://us.geocities.com/chapeaus/qanda.html
[2]セネガルがいど、
http://www2.mnx.jp/ggg/index.htm
[3]セネガル、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%8D%E3%82%AC%E3%83%AB
[4]マリ帝国、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E5%B8%9D%E5%9B%BD
[5]外務省海外安全情報ホームページ、セネガルに対する渡航情報(危険情報)の発出(2007/07/19)、
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=109
[6]アフリカ子どもの本プロジェクト、
http://www.hananotane.com/index.html

おじさんのブッシュタクシー (アジア・アフリカ絵本シリーズ アフリカ)おじさんのブッシュタクシー (アジア・アフリカ絵本シリーズ アフリカ)
(2007/03)
クリスチャン エパンニャ

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事