クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

自転車のマナー  

自転車ヒヤリシーン#0

冒頭の写真、クリックすると拡大できますが、昨晩撮影したマイカーのドライブレコーダー画像です。昨夜の国道134号は渋滞が酷かった。横断歩道手前で信号待ちしている場面ですが、JAFの冊子によくある危険予知訓練風に、このとき、あなたは何に注意しますか?

「信号が青になって発進しようとしたとき、左から歩いてくる歩行者が横断歩道を急に横切るかもしれない」
「同じく発進しようとしたときに、左右どちらからか二輪車が自車の横を高速で通りすぎるかもしれない」
などなどと予測をして、信号が青になったからと言って急な発進をせず、ひと呼吸おいてゆっくりスタートする。
といった回答例があるかと思います。しかし、このときのヒヤリは違いました。ただ、主人公はこの歩行者と自転車です。

自転車ヒヤリシーン#1
赤信号横断歩道を猛スピードで突っ切ろうとする自転車
自転車ヒヤリシーン#2
横断歩行者とあわや衝突
自転車ヒヤリシーン#2.5
そのまま信号無視して行っちゃった

信号を無視して高速で横断歩道を通過しようとする自転車と青で横断歩道を渡る歩行者とが、危うくぶつかるところでした。一歩間違えば大事故です。歩行者と自転車との衝突で死亡事故もありますからね。私は毎日このルートを通勤で使いますが、湘南エリアの国道134号を走る自転車のマナーの悪さは、特に最近目に余るものがあります。おおざっぱな感覚ですが、10人いれば8人の自転車乗りは信号無視をしています。マナーというか、完全に道交法違反ですね。海沿いの道なので、十字交差点がほとんどないため、信号が赤でも平気で信号を無視できるのでしょうが、それにしても酷い。

自転車事故による入院で自民党谷垣幹事長が辞任されましたが、大臣経験者にも自転車愛好家が出てくるくらい最近の自転車ブームの中で、ヨーロッパみたいに自転車専用レーンを整備しようという議論もありますが、今の自転車乗りの意識のままでは、とんでもないことになると私は思っています。子どものころから自転車安全運転の教育を徹底するとか、違反車の取り締まりを強化するといった対策が必要だと思いました。(道交法改正になって自転車が捕まったのを見たことない)

自転車ヒヤリシーン#3
至近距離ではほとんど認知できない
自転車ヒヤリシーン#4
渋滞もなく、周りももっと暗い環境だったなら…ぞっとする

次の画像は、もう少し逗子方面に進んだ際、再び渋滞につかまった場面です。渋滞車列の横を自転車が通過しようとしていますが、無灯火です。最近はほとんどの自転車乗りが付けているLEDテールランプ(「自転車注意!」参照)も付けていない。しかも、パンツこそブルーですが、上半身のウェアは真っ黒で、リュックも真っ黒。遠くからだとほとんど視認できません。渋滞時だったのが幸いでした。高速で近づいていたら、直前でかなりヒヤリとしたと思います。このケースも道交法違反ですが、彼は死にたいのですかね。事故を未然に防ぐ意識が全く欠落しているとしか思えません。他にも逆走や、傘差したまま自転車に乗るとか、子ども3人を乗せて自転車に乗るクレイジーマザーとか、違反自転車の例は枚挙にいとまがありません。

自転車違反も厳しく処罰
自転車違反も厳しく処罰されます
出典:http://55drive.info/%E9%81%93%E8%B7%AF%E4%BA%A4%E9%80%9A%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3-%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%81%AE%E5%8F%96%E7%B7%A0%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88.html

徳島では、運転中にポケモンGOをしていた車両が、歩行者をはねて死亡させたというニュースが報道されていました[1]。ついに恐れていた事故が出たかという感想ですが、運転中にドライバーがスマホのゲームをやれる神経が私には全く理解できません。一瞬、ラジオのチャンネル変えたり、ミラーで後側方の確認をするだけでもかなり気を使うのに。

などなど、今朝の通勤時に前述した事例のことを考えながら運転していると、私の視界に道路脇で立つ警官が入ってきました。ハッとして前方を見ると赤信号。急ブレーキでした。目の前を小学生たちが横断します。危ない危ない。運転中に考え事をしてはいけませんね。

私も含め、自転車に乗る人も2輪、4輪に乗る人も道路を走る人は皆、「集中力」で紹介した天野篤・順天堂大学教授の言葉を改めて心に刻んでおきましょう。
「命のやりとりの場だったら集中切らすってことはないんじゃないの?」
道路は命のやりとりの場です。

[参考・引用]
[1]「ポケモンGO」初の死亡事故、39歳男逮捕=運転中プレー、女性はねる-徳島県警、時事.コム、2016年8月24日、
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082400690&g=soc
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/25 Thu. 21:57 [edit]

category: vehicles/のりもの

tb: 0   cm: 2

コメント

いみじくも

いみじくも、おととい自転車にぶつけられました。
いまも左腕が打撲で痛いです。

おとといの早朝、ウォーキングがてらにコンビニに買い物に行く時に、
僕ともう一人の歩行者を縫うようにして走るマウンテンバイクのハンドルに
腕をひっかけられたのです。
ノンブレーキで当たったので、バットで殴られたかのような痛みがはしりました。
アタマに来ましたが、そのままやりすごして、コンビニに着く頃にその自転車が
そばに寄ってきたので、謝りに来たのかと思って顔を見ると、
なんだか怒った表情をしています。
謝りも頭を下げもしないので、「イテーじゃないか!」というと
当然だろ、というような顔をしています。
それで、完全にプッツンときたので、思い切りどなりつけてやりました。

「自転車は車両。走行可の標識がなければ、歩道を走っちゃいけないんだぞ。
降りて押して歩けよ。だいたい、道路の進行方向に向かってなぜ右側の歩道を
走っているんだ。向こう車線の歩道の下、路側帯の白い線のあたり、
歩道の縁石から50センチくらいのところを走ることになってんだぞ。
おまえは自転車に乗るな!」
そうしたら、スラックスにワイシャツ、自転車用のハイテクヘルメットが不釣り合いで目立つ、
通勤途中に見える彼はさらに絶句、怒った表情が困った表情に。
ダメ押しで、「なにかい、歩行者をひいても、自分はケガをしないようにって、
オウギョウなヘルメット被って歩道を走ってんのかっ!」って言ってやりましたよ。

そう、自転車乗りの何がいけないかって、道交法を知らないことなんですよね。
僕は昔から、講習会なんて甘いものじゃなくて、自転車も免許制にすれば
いいと思っているんですよ。
そうすれば、交通ルールを知っている人ががぜん増えるでしょ?
役人の天下り先や就職口も増えるし、
取り締まりの対象にすれば公費の収入も増える。
自転車の開発・自転車産業の発展にもつながるかも知れないし、
車の免許をとる人の増加にもつながるかも知れませんよね?
プラスの経済効果も、大ですよ。

すみません、グチを書いちゃいまして。

URL | つかりこ #-
2016/08/27 08:16 | edit

Re: いみじくも

つかりこさん、それはお気の毒でした。
まだ大けがにならなかっただけ、不幸中の幸いでしたね。
こういう話が出てくると、他の国ではどうしているのかとベンチマークをしたくなるのが性なのですが、
道路環境は国によっても違いますし、難しい問題ですね。どこも苦労はしているみたいです。
http://apsara-laxmi.com/cycle-lisence
ただ共通するのは、幼少の頃から徹底的に教育すること、これが王道だと思います。
自転車もクルマもそうですが、ドライバーは一つ間違えば凶器にも棺桶にもなる得る乗り物に乗っている認識が圧倒的になさすぎます。これは法律以前の本質的な問題です。どんなに技術や制度が進んでもです。
いつでもどこでもトロトロ走れとは言いませんが、その意識を常に持つ覚悟は必要です。
ただ単にビデオを見せるだけの安全運転教習みたいなものではなく、刀を差す覚悟を説く武士道のようなものでしょうか。
その上で、自治体レベルに合った免許制を導入するのが現実的な解かな。
もう何十年も前にアメリカに行った日本人の話ですが、シートベルトをせずに運転しようとしたら、同乗していたアメリカ人の子供に咎められたと聞いたことがあります。シートベルトを付ける意識が子供にまで浸透していると。市民を良民にも愚民にもするのが教育の力です。また、行政や学校に任せるだけが教育ではなく、親や地域の役割も重要だと思います。
つかりこさんみたいな「カミナリおやじ」は必要なのです。他者愛のないジコチューのクレーマーとは違います。
大げさに言えば、国防力として国軍を持つ覚悟も、この延長線上のような気がしました。

URL | papayoyo #-
2016/08/27 10:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/707-2c65f8c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク