Copacabana

いやあ、400mリレーは痺れました。何度VTR見てもゾクゾクする。朝からの余韻も冷めやらぬ深夜になって、テレビのチャンネル変えたら、ちょうど女子トライアスロンの選手紹介をやっていた。トライアスロン、これもまたクレイジーなスポーツだ。もう常人の理解を超える。場所はコパカバーナ海岸。海が汚ねえなあ。ふと、高校生の頃、ディスコブーム(古っ)の中で大ヒットしたバリー・バニロウの“Copacabana”が聴きたくなった。



小学生の頃に『イパネマの娘』を聴いてボサノヴァの魅力を知り、高校生の時にこの曲を聴いて、いつかこれらのビーチがあるリオに行ってみたいと思っていた。人生五十を過ぎ、未だその夢は果たせていない。ただこの曲は、コパカバーナ海岸を歌ったものではなく、このビーチ由来のNYのナイトクラブ「コパカバーナ」での男女の悲劇を歌ったものでした。残念っ!

残念!
出典:https://twitter.com/hata_youku/status/764000383937032192/photo/1
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    「クラシノ ソラ / 音楽とアートと詩と……」の音楽記事より曲目を抜粋 ( 03:05 )

    ☆ 「クラシノ ソラ / 音楽とアートと詩と……」の音楽記事より曲目を抜粋 偶然にも出会ったBLOG「クラシノ ソラ / 音楽とアートと詩と……。いつか見た懐かしい世界へ」での音楽記事に 共感を憶え、自前のituneライブラリを検索してみました。51曲中6曲を見出すことが出来ました。 後2曲を加えてプレイリストに仕立ててみました。 1.愛のくらし:加藤登紀子 2.Nothing...



    最近の記事