plantoys puzzle play mat

暑い。今年の暑さは尋常ではない。連日の35度超えのニュースにも驚かなくなってしまった。あまりの暑さに、外出もできるだけ避け、インドアで子供たちと過ごす夏休みである。そんな子供たちに、先日ハードオフで掘り出し物を見つけた。プラントイ社のパズルプレイマット(puzzle play mat #6044)である(上図)。分割式のウレタンマットで自由にレイアウトできるし、片付けるのも小さい箱に収納で省スペース。ネットで調べてみたが、既に廃盤のようである。でも程度は良かったし、おまけに車4台付。これで1,500円はお得だった。

ミニカー!ミニカー!ミニカー!

このプレイマットは多いに喜んでくれて、二人でもくもくと遊んでいた。息子も夢中でミニカーを走らせていたと思っていたら、マット上にミニカーを並べ始めた。結局、我が家にあるミニカーや電車類のほとんどをこのマットにぎっしり並べてしまった。恐るべき集中力である。私には全く理解不能だが、彼にとっては相当な達成感なのであろう。

ミニカー!ミニカー!ミニカー!

と同時に、こんなにミニカーがあったのかとびっくり。調べてみると、いろんな種類のおもちゃがある。ダイキャストはパパのお古のマッチボックス(matchbox)に始まり、トミカにマジョレット(majorette)、コーギ(CORGI)にソリド(Sorido)、ウラゴ(urago)、リアルトイ(realtoy)、ジク(siku)、ダイヤペット、木製おもちゃはプラントイ(plantoys)にラーニングカーブ(Learning Curve)のトーマスシリーズ、ミッキー(micki)の機関車、それにLEGOブロック、その他素性のわからぬものまであるはあるは。

私の子供時代に比べて、親が甘くなったことと、10ポケッツといわれるように親戚からもたくさん買ってもらえる贅沢な時代になったものです。親の収入に対して相対的におもちゃが安くなったこともあるだろうが、昔買ってもらえなかった親たちの反動もあるかもしれない(結局、親が欲しいんだよなあ)。

先日テレビでやっていた「はだしのゲン」なんかを見てしまうと、当時の生死を賭けて生きてきた人たちに申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまったのと、本当に今は平和で幸せな時代なんだと改めて実感した次第である。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    トミカトーマス 操車場 ( 08:18 )

     子供は電車(トーマス等)を操車場に格納するのが楽しいらしく、「駐車場に入りますよ~」と言いながらトーマスやパーシーをしまって遊んでいます。 並列にトーマス等を並べられるのも楽しいようです。・Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)・メルティブラッドていうか



    最近の記事