Fiat500_チンクエチェント

Fiat500の絵本が続いたところで、この車のことを少し学んでみようと思う。Fiat500は通称、チンクエチェント(cinquecento、イタリア語で500の意味)と呼ばれる。むしろ、こちらの呼び名の方が有名かもしれない。愛知県知多町にはチンクエチェント博物館というFiat500のみの博物館があるくらいだ。一モデルのみの博物館というのは非常に珍しいと思う。

toripono
toripono

Fiat500は通称、チンクエチェントと言ったが、これは正確ではない。初代の500は1936年に2人乗り小型車としして誕生している。通称「トリポーノ」(toripono、ハツカネズミの意味)。この2代目500が1957年に登場した今年で50歳の「チンクエチェント」である。旧500と区別する上でNUOVA 500(新500)とも呼ばれる。ただし、トリポーノの後継車種ではなく、異なるコンセプトで全く新規に設計された車である。

Dante Giacosa
Dante Giacosa

あのちっちゃな車体を効率的に活かすため、リアエンジン・リアドライブ方式を採用、スペース効率を大幅に改善して完全な4人乗り乗用車とした。当時自動車を買えない大衆の「足」として大きな成功を収めていたスクーターを代替する乗り物として開発され、低コスト化のために簡素でコンパクトな479cc・13psの空冷直列2気筒OHVエンジンが、縦置き搭載されていた。最高速度は軽量なボディと相まって85km/h。このコンセプトは見事に当たり、イタリア大衆車の傑作となった。その後、マイナーチェンジを何度か経て、1977年まで約400万台が生産されている。

カリオストロの城

この愛嬌のあるスタイリングは、設計者のダンテ・ジアコーザ(Dante Giacosa、1905-1996)自らが手がけたものである。そのユーモラスな外観は映画にも数多く登場している。日本人にとって最も有名なのは、映画「ルパン三世 カリオストロの城」』(宮崎駿監督、1979年)でのルパンの愛車としてであろう。スーパーチャージャー搭載でなんと100psの設定だそうだ。最近では「Cars」に登場する熱狂的なフェラーリファンの「レイジ」役で登場。ジロラーモさんの吹き替えが秀逸であった。私の好きな映画「グラン・ブルー」(Le Grand Bleu、リュック・ベッソン監督、1988年)でもエンゾ役のジャン・レノがボロボロのチンクに乗っていたっけ。

新型Fiat500
新型Fiat500

さて、生誕50周年の記念すべき今年、2代目のリリース日と同じ7月4日に3代目500が正式発表された。外観はサイズは全長3550×全幅1650×全高1490mmで(2代目は2970×1320×1325mm)で、2代目よりやや大きめ。デザインは2代目の雰囲気を残しつつ、現代風にアレンジされている。けれど愛嬌のあるスタイリングは健在だ。一方、パワーユニットは一新。1.3L・マルチジェット75psターボディーゼルに加え、1.2L、8バルブ69psと1.4L、16バルブ100ps、2種類のガソリンユニットも用意される。

VWビートル、MINIの復活に加え、チンクお前もかと思う輩も多かろうが、これら一連の復刻は単なるノスタルジーで片付けられるものではあるまい。これらが売れているという事実は、現代の車に魅力がなくなっている証左であろう。その昔、大衆をワクワクさせたあの感動が今の車にあるのか?絵本のモデルに描けるようなアートな魅力が現代の車にあるのか?日本人の半分が所有する、そのうち世界をも席巻するであろうトヨタの車は本当に魅力的なのか?皆欲しくて買っているのか?

今年も車が全然売れていないらしい。私には、自動車メーカに対するユーザの無言の抵抗(批判)に思えてしょうがない。

[参考・引用]
[1]チンクエチェント博物館ホームページ、
http://www.museo500.com/index.html
[2]ESSEESSE for FIAT500&ABARTH Fans、
http://www.nuova500.com/
[3]フィアット・500、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%88_500
[4]新型「フィアット500」ついにヴェールを脱ぐ!、webCG、
http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000016167.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事