深夜に…

深夜に・・・

昨晩遅くにシャワーを浴びていると、修学旅行から帰って来た娘が突然入って来て、震える声で「お、お父さん、Gが…」。我が家でGとは、そうあの黒い悪魔、ゴッキーのことである。

股間をタオルで隠しただけのほぼ全裸状態で、そいつが現れたというリビングへ。うちの女性陣は本当にGがダメなので、この緊急時にJKの前での全裸の父は全く咎められない。カーテンの後ろに逃げたという怪しげな証言を元に捜索するも見つからず。「絶対中にいる。殺さないと明日もこの部屋にいられない。」と言いながらTVで放送していたハリーポッターを見続ける娘(意味がわからん)。「どこに行ったかわかんねえ。まあ所詮昆虫だし。」と私は服を着るため風呂場へ戻った。結局、彼女が寝室に行くまでそのGは再登場しなかった。

家族が寝静まった深夜、私はリビングの隣の部屋で書き物をしていた。と、背後に気配を感じて振り向くと、天井に黒い生物が張り付いている。ついに出やがったかGめ!と、新聞広告丸めて退治しようと身構えた。でもよく見ると、何だかGにしては細いし、触覚が異常に長い。おや?と思ってさらに近づいて観察すると、それはカミキリムシだった。娘の前に現れたGの正体はこいつだったのだ。捕まえようとすると飛び回って何とか捕獲するも、カミキリムシ特有のキーキーという鳴き声で抵抗する。虫かごが見当たらなかったので、翌朝、娘への報告資料としてジプロックに入れたカミキリムシをパチリ。何という種類かはわからないが、その後、外へ逃がしてやった。

深夜に・・・2

かつて、寝ていた娘が首筋を這っていた何モノかを素手で払い落したら、それがムカデで深夜大パニックになったことがあったり、セミやカブトムシ、カマキリもフツーにやって来る自然豊かなここ横須賀・安針塚。今日は暑い日だったからなあ。夏はもうそこまで。
スポンサーサイト
[ 2016/06/18 01:56 ] Yokosuka/横須賀 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/688-921f47b9