マイ・カセットテープ

今朝、車で娘を駅まで送ったときのこと。外は冷たい春の雨。いつものようにSDのソースから音楽をかけた。ランダム選曲にしていたので、聴きかけだった曲が終わると次に流れてきたのが森高千里の『雨』。何とタイムリーな。別れの歌詞も年度の変わり目、今のシーズンに合っている。時々あるんだよね。この時期だとタイトルに“サクラ”の入った曲が選択されることが多いとか。まさか愛車のナビシステム(オーディオ兼)にA.I.(人工知能)が搭載されている訳ではないと思うけど、ちょっと古い技術でも、ストックされた曲のデータベースやいつ、どういう場面でその曲を聴いたのかといった履歴データベースがあれば、ある程度走行状況やタイミングに応じて気の利いた曲の選択をしてくれるエージェント機能は実現可能だ。いずれコネクテッド車両にでもなれば、SDやCDなんかも不要になって自分のお気に入りの音楽データは全部クラウド上のビッグデータの一部になる。近未来のクルマは、愛車と会話しながら、その日の気分や好みに応じて、私の知らない曲すらもおすすめしてくれる人工知能のDJ君が“同乗”しているんだろうね。マイクロソフトの「Tay」みたいに、アナーキーなパンクロックで運転煽ったりして。編集カセットで聴いていた時代が懐かしい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事