クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

販売不振の理由  

新年度!

新年度がスタートした。会社員の方ならご自身、周囲の人事で悲喜こもごもではないかと思う。その給与の増減が大きく影響するであろう国内自動車販売の2015年度速報が出た。前年度比6.8%減の494万台弱、4年ぶりの500万台割れとなった。4年前とは東日本大震災の年だから、自動車業界にとってはかなり深刻な数字といえる[1]。これで来年度からさらに消費税UP。家電業界に続き、自動車業界にも嵐が吹き荒れるのだろうか。販売不振といえば、先日、東洋経済オンラインに「ホンダ「ステップワゴン」まさかの苦戦の理由」という記事がアップされていた。

初代ステップワゴン
初代ステップワゴン
出典:http://www.honda.co.jp/factbook/auto/STEPWGN/19960508/st96-006.html

去年の5月にモデルチェンジをしたステップワゴンが、2015年下半期でトヨタ「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」の3兄弟に大きく水を空けられ(3車種で比較されるのは不公平だね)、モデル末期の日産「セレナ」にも肉薄されているという。ステップワゴンといえば、初代モデルがミニバン(当時はワンボックスと言っていた)ブームの火付け役、床下エンジン・後輪駆動のキャブオーバーが定番のワンボックス車において、画期的なFFレイアウトで低床・背高の箱型キャビンという現在のミニバンの“型”を定着させたエポックメーキングなクルマだ[2][3]。2015年モデルで5代目。オートキャンプ好きの僕も初代(‘96年)のシンプルな外観とスクエアですっきりとした室内空間、使い勝手のよい車両コンセプトに、家族が増えれば(まだ独身だったので)欲しいと思ったモデルである。

新車効果が出ない5代目ステップワゴン
新車効果が出ない5代目ステップワゴン[2]

5代目についてはまだ間近で見たことも、触ったことも、乗ったこともないけれど、[3]を読む限り、個々の機能や性能が完成度の高いクルマであることはお世辞抜きの評価だと思う。にも関わらず新車効果がないのは、この手のクルマの購入決定権を握っている奥様方にダウンサイジングターボ(エンジン)が支持されなかったからというのが、この記事の主旨だ。しかし、この結論についてネットユーザーの意見は手厳しい。その大半は「デザインが支持されなかったからじゃないの?」というものだった。「RE:ミニバンに乗るの、やめませんか?」でも紹介したように、あるデザイナーの吐いた「ミニバン否定論」は大炎上になった。私も個人の嗜好としては、現在のミニバンデザインには魅力を感じていない。ステップワゴンのデザインがカッコ良くないと言われても、正直ノアやセレナとの違いがよくわからない。

売れないのは、ひょっとして市場でミニバンが飽きられたからではないだろうか。東洋経済の記事によると、このクラスのミニバンユーザーは小学生くらいの子供を持つ家庭。学校のイベントやスポーツの試合などに出動させるのが購買の主目的で、クラスで仲間外れされないように横並びで選んでいるのだという(アメリカでも中西部の田舎で日本車やBMWに乗っていたら浮くのかな?「NISSAN PICKUP POP-UP BOOK」参照)。我が家も息子が地元のサッカーチームに所属していたので、時々クルマの出動を依頼されたがミニバンユーザーではないし、ミニバンでなくとも複数台で行けば何とかなる。確かにクルマを出してくれる家庭を調整するのは難しいようで、3列シートのミニバンがあれば都合が良いのだろうけど、下手にそういうクルマを持っていると便利屋に使われる可能性もある。もちろん経済性も購買理由としては大きく、ハイブリットは大きなアドバンテージにはなるだろう。でもこのクラスのミニバンは意外と大きくて重くて経済的ではないのだ。同じホンダなら、もう少し小型の“ちょうどいい”「フリード」の方が3列シートモデルもあるしお得だと思う。周りを見渡しても、同様なライフステージの親戚は、最近ミニバン、ステーションワゴンからプリウス、フリードに乗り換えた。デザインも各社あまり変わり映えせず、2016年度はステップワゴンだけでなく、その他も含めたミニバン市場自体が冷え込むのかもしれない。

VW Kombi Last Edition 1 VW Kombi Last Edition 2
VW Kombi Last Edition[4]

ミニバンといえば、やはりワーゲンバスである(ビートルのタイプ1に対してタイプ2と呼ぶ)。昨年、VWは色々問題が露呈したけれど、世界的に大ヒットしたワンボックスといえばやはりこのクルマだ。2013年に最後の生産国であったブラジルでの製造が終了した[4]。1950年に登場したので、その歴史は63年にも及ぶ。VWブラジルでは「コンビ(Kombi)」というモデル名で’57年から初代T1型を、‘75年からT2型を製造していたので56年で終止符を打ったことになる[5][6]。生産中止の理由はABSとエアバッグの装着が義務づけられたこと。この基本設計ではどうしようもなかったという。2011年ジュネーブモーターショーに出展されたNewタイプ2のコンセプトが市販化されるという噂もあったが、あの事件で恐らくプロジェクトは頓挫だ。肝心のデザインも(私は)「うーん」という感想で、オリジナルのデザインの完成度の高さに改めて敬意を表さずにはいられない。生産終了に伴いT2型の『ラストエディション』が600台限定で販売されていた。恐らく完売したはずで、今やプレミア価格だと思うが、この愛嬌あるデザインとカラーリングそのままで日本販売されたらマジで欲しい。やはり高いカネを出すのなら、これくらい乗るのが楽しくなるような、ワクワクするデザインの商品を手に入れたい。

VW New タイプ2コンセプトBulli
VW New タイプ2コンセプトBulli[4]

先の記事に対するネットの反応や「ミニバンに乗るの、やめませんか?」のデザイナーが語った「デザインの悪さ」というのは本質をついていて、これはミニバンだけでなく最近の自動車全般に言えることではないかと思っている。日々アイデアをひねり出しているクルマのデザイナー諸氏(和田智さん含め)には大変申し訳ないが、21世紀になって、VWタイプ2のような半世紀経っても色褪せることなく、歴史にその名を刻むようなデザインのクルマが一体どれくらい市場に出ただろうか。自動車が売れないという理由の大半はそこにあるんじゃないのかな。ハイブリットや自動運転、コネクテッド等々、技術の進歩も結構だけど、カスタマーが本当にクルマに待ち望んでいるのはそこだけじゃないのだと思う。それが証拠に、そのデザインも魅力的だったミニやチンク、それこそホンダ・N360などの旧名車の復刻版が売れている。絵本のモデルになるのも、そういったクルマたちだ。

カフェバスくんがいく
カフェバスくんがいく

もちろんクルマのデザインは技術と切り離せられない。「美的設計」を成立させるための技術の修練、技術とデザインの調和も必要だ。自動車の技術がせっかく自動化や電動化といった今までとは全く異なるコンセプトに変わりつつあるのだから、既存のカタチのなかに電池やモーター、カメラやセンサーを埋め込むのではなく、新しいユニットでクルマを構成する場合、本当に人にやさしく、見た目にも美しい・楽しいデザインとはどういうものなのか?一旦思考をゼロリセットして、新しい乗り物としてのクルマを再設計してみる段階に来ているのだと思う。難しい課題だけれども、それが若いデザイナーたちの新しいチャレンジなのだろう(オジサン・オバサンは頭が固いのでダメです)。VWタイプ2も初代ステップワゴンも、先駆者たちは多分そうやって名車を生んできたのである。

[参考・引用]
[1]新車販売、4年ぶり500万台割れ 15年度、増税前の駆け込み反動減響く、SankeiBiz、2016年4月2日、
http://www.sankeibiz.jp/business/news/160402/bsa1604020658002-n1.htm
[2] ホンダ「ステップワゴン」まさかの苦戦の理由 箱型の元祖は奥様方のハートに響いているか、
ホンダ「ステップワゴン」まさかの苦戦の理由 箱型の元祖は奥様方のハートに響いているか、森口将之、東洋経済ONLINE、2016年3月27日、
http://toyokeizai.net/articles/-/110965
[3]ホンダ ステップワゴン「激戦区に放った5代目の完成度」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~、オートックワン、2015年8月24日、
http://autoc-one.jp/honda/stepwgn/report-2315748/
[4]ワーゲンバスの新車に乗れるかもしれません。、こだわりの車制作ブログ、モデストカーズ、2014年12月2日、
http://www.modest.jp/staffblog/2014/12/02_2136
[5]フォルクスワーゲン・タイプ2、Wikipedia、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%972
[6]VW Type 2 Microbus production ending with Kombi Last Edition、autoblog.com、2013年8月18日、
http://www.autoblog.com/2013/08/18/vw-type-2-microbus-production-ending-with-kombi-last-edition/
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/02 Sat. 18:20 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/675-e2a10dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク