クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

事故現場  

事故現場2016.1.28

今日は所用で半休を取り、帰宅途中の国道134号で江ノ島海岸付近から大渋滞。久々の陽気で人々が繰り出してきたか。江ノ電の鎌倉学園高校駅の横を通り過ぎる頃、やたらと歩道を歩く人が見受けられる。何かいつもと違うなと思いながら渋滞はさらに続く。途中反対車線から緊急車両が通り過ぎて、これは事故渋滞の気配。予想どおり稲村ケ崎付近に辿り着くと多くの緊急車両が停車している。その奥で江ノ電も停止している。電車の人身事故だろうか?と、その横に不自然に歩道に停車した一台の車両があった。横を通過しながら眺めるとなんと車両のボンネットに電柱が倒れていたのだ。一体何が起こったのだ?!

事故現場その1
やたら歩道を歩く人が多い国道134号
事故現場その2
やはり事故渋滞か。緊急車両が高速ですれ違う。
事故現場その3
事故現場。電車の人身事故か?
事故現場その4
ん?何だ、あの不自然に歩道に乗り上げている車は。
事故現場その5
わっちゃー。電柱が車に倒れこんどるがな。なんで?

事故現場その6
生々しい現場写真
引用:https://twitter.com/tomo6_6v/status/692614513758064641/photo/1

帰宅してニュースをチェックすると、『市内に住む無職男性(83)の乗用車が歩道に乗り上げ、電柱に衝突した。電柱は根元近くから折れ、電線が国道沿いを走る江ノ島電鉄の架線に接触。架線が切断され、江ノ電は約2時間半にわたり全線で運転を見合わせた。』とのこと[1]。原因は不明で事故を起こしたドライバーの命に別状はないようだ。それにしてもハデな事故現場だった。歩道を大量に歩いていた人たちは、全線不通で乗車を諦めた人々のようである。

こんなこともあろうかと、80を過ぎた父に運転を止めさせたのは正解だったと思う。その九州で一人暮らしをする父の体調が芳しくない。検査をした結果、どうも脳の一部に血栓が見られるようで、最近特に顕著になってきた下肢機能の低下もその影響の可能性が高い。手術や今後の介護の必要性も含め、医師や福祉行政の方と相談しに明日福岡に帰省する。最近問題になっている“介護離職“が頭をよぎるが、何とかWIN-WINの解決策の道筋を付けてこようと思う。踏ん張りどころの2016年。しばらくブログの更新もおぼつかないかもしれない。

[参考・引用]
[1]車衝突の電柱倒れ架線切断 江ノ電が一時運転見合わせ、カナロコ by 神奈川新聞、2016年1月28日、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00006778-kana-l14
スポンサーサイト

Posted on 2016/01/28 Thu. 22:11 [edit]

category: others/その他

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/663-ef7562fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク