シトロエン・C4カクタス

シトロエン・C4カクタス
出典:http://citroenjin.blogspot.jp/2014/02/c4_6.html

先週の土曜日、息子をサッカースクールに連れて行く車中で、左前方を走るグレーのクルマが気になった。見たことのないコンパクトSUVだった。ドアミラーがワンポイントでレッドなところがお洒落だ。ドアのサイドモールも凸凹した板チョコのような不思議な形状をしている。すぐに車線変更して後方に付きエンブレムを見るとシトロエン。車名を見るとCACTUS(カクタス)とある。助手席に乗る息子と二人で「なんか面白いクルマだなあ」と呟く。息子にスマホを手渡し「シトロエン カクタス で検索してみ」と頼んだ。

さすがはデジタルネイティブ。ものの数十秒で調べた結果を報告してもらうと、シトロエン・C4カクタスというクルマだった。奇妙な形のサイドモールはエアクッションになっていて衝突したときの衝撃吸収の役割を果たすのだという。この濃いめのグレーの車体色も設定はあるが、ドアミラーがレッドの仕様はないらしい。カスタマイズしているのか。さらに息子が「このクルマ、左ハンドルじゃん」と気付く。並行輸入車か。

シトロエン・C4カクタスのボディカラー
シトロエン・C4カクタスのボディカラー[1]:息子はホイールがかっこいいと言っていた。

信号待ちでこのクルマのフェイス画像を見せてもらうとなんと斬新な。さすがシトロエン、いつものアヴァンギャルドなデザインは健在である。リアのデザインも結構好きな感じだし、久しぶりに「おっ!」と思うクルマ出現。途中買い物に寄ったスーパーの駐車場で、妻が買い物をし終わる間、スマホでこのクルマについて調べてみた。

C4カクタスはシトロエンの創設者、アンドレ・シトロエンの135回めの誕生日にあたる、2014年2月5日に発表された[2]。発売直後から人気を博し、発売年だけでも7万4千台が売れたらしい[3]。これは超ヒット商品。私の勉強不足だった。日本への正規輸入は行われておらず、並行輸入車を国内で購入できるショップはあるようだが、2017年には正規ルートで導入が予定されているとのこと[4]。ちなみに並行輸入だと現在のレートで400万くらい[3]。

パワソースは1.2ℓの3気筒エンジン。ターボ仕様で110PS(81kW)、ノンターボで82PS(60kW)だ。1.6ℓのディーゼルターボ設定もある。燃費はガソリンターボで21.3km/ℓ、ディーゼルターボで32.3km/ℓとなかなかの性能。トランスミッションは5速MTに加え、自動シングルクラッチのETG(※)設定もある[2][3]。

(※)MTの機構をそのままに、シングルクラッチと変速の操作を自動で行ってくれるトランスミッションのプジョー・シトロエン版技術。クラッチペダルがないマニュアルミッションであることから2ペダルMTとも言われる[5]。

シトロエン・C4カクタスのインテリア
マットな感じで仕上げたシックな内装[2]

前出のポリエチレン製サイドモールは「エアバンプ」と呼ばれ、軽微な衝突程度ではボディに傷をつけることがないのだそうで[2]、この独特なデザインがかっこいいアクセントになっている。内装はコンパクトSUVカテゴリーでライバルともいえるルノー・キャプチャーの派手目なデザインに比べ、マットな感じの渋いインテリアになっている。個人的にはカクタスの方が好きだな。

シトロエン・C4カクタスのフロントマスク
個性的なシトロエン・C4カクタスのフロントマスク[2]
こんな風に見えるC4カクタス
個性的な顔立ちは、私にはどうしてもこんな風に見える。キャラクター顔なのである。このニタリ顔、漫画か何かで以前見たような気がするのだけど。

日本市場に投入すれば、このどこにもない独特なスタイリングは、結構ウケるのではないかと思うのだが、400万じゃ、ここ日本ではお金に余裕のあるかなりマニアックな人しか買わないか。本国では売り方も革新的で、携帯電話のような毎月の定額制か乗った距離に応じて支払うといった方法が取れるのだそうだ[2]。正規輸入されれば価格も下がるだろうし、こんな買い方が国内でもできるのであれば、もう少し購入のハードルも下がるだろう。しばらく要チェックのフランス車である。

C4カクタスMコンセプト
C4コンセプトオフロードエディションMUSKETIER
派生モデルもイケてる(上:2015フランクフルトMSでお披露目のMコンセプト[6]、下:オフロードエディションMUSKETIER[3]、いいねえ)

[参考・引用]
[1]UK仕様のシトロエンC4カクタスからの妄想 ボディカラー 、欧州商用車が好き!のページ、2015年1月24日、
http://minkara.carview.co.jp/userid/1569569/blog/34945132/
[2]あたらしいコンパクト「C4 カクタス」を発表|Citroen、OPENERS、2014年2月7日、
http://openers.jp/article/22208
[3]日本未発売のシトロエン C4 カクタスをイギリスから並行輸入できます。MTは新ターボもディーゼルも。、こだわり輸入車のYMワークス、2015年7月25日、
http://ymworks.com/wp/citroen-c4-cactus-import#i-2
[4]東京モーターショー2015:シトロエン、2017年日本導入予定のコンパクトSUV「C4 CACTUS」を初公開、CarWatch、2015年10月30日、
http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2015tokyo/20151030_728303.html
[5]AT免許でも運転できる!増え続ける2ペダルMT車の魅力とは?、CarMe、2015年9月11日、
http://car-me.jp/articles/1834
[6]シトロエン カクタス M、フランクフルトモーターショー2015特集、carview、
http://motorshow.carview.yahoo.co.jp/frankfurt-motorshow/other/1821/
スポンサーサイト
[ 2015/12/08 21:01 ] cars/車のお勉強 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/649-ccd8df27