赤本

東大赤本

来週からもう師走。受験生にとってはピリピリする時期だ。今年の春にそういう嫌なシーズンを乗り越えて、なんとか滑り込みセーフで希望の高校に入学した長女。「先輩が早稲田を目指してるんだ」という話から、その娘がまたまたアホ発言を。受験生に必須の「赤本」を知らなかったのだという。言葉自体は聞いたことがあったようで、赤本は自分が取った赤点答案がファイリングされたもので、試験前に過去のダメな自分を見直すことで己に“活”を入れるのに使うのかなあと思っていたらしい。赤本は薄いほど優秀だということだ。もちろん娘の赤本は恐ろしく分厚くなる。そんな黒歴史の冊子を見て落ち込むのではなく、気合いを入れるというのは娘らしいポジティブな発想だけどね。センター試験まで50日を切った。世の受験生たち、春まではあと少し。己を鼓舞して是非それぞれの目標を達成して欲しい。
(私には縁のない東大赤本。一度くらい開いてみたかったものだ。)
スポンサーサイト
[ 2015/11/28 11:02 ] bookshelves/本棚 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/646-f16515c0