JAZZの聴けるサードプレイスと言えば、寺島靖国さんがオーナーの吉祥寺「Meg」とか、横浜で言えば「ちぐさ」とか名だたる名店があるが、横須賀なら「blue note」。NYのジャズクラブ、本家「BLUE NOTE」の支店が東京に出来る前から、ここ場末の地のJAZZスポットだった。

昨夜、横浜での職場の退職者送別会のあと二次会を失礼して、自宅をスルーした横須賀中央で京急を下車した。駅からすぐ傍の横須賀の飲み屋街、若松マーケットのゲートをくぐり抜け諏訪神社のちょい先、左手にその店はある。元は三笠ビル商店街の2階に店を構えていた。私も何度か訪れたことがあったが、10年くらい前にマスターが亡くなり、JAZZファンも少なくなったので店舗契約が切れるタイミングで、奥様は一時閉店も考えたと言う。噂を聞いたコアなファンが夫人の決断を思い止ませ、2012年の3月にこの場所へ移転再開した[1]。

新しい「blue note」の隣には伝説の古本屋「堀川書店」が並ぶというディープすぎるフォーメーションだったのだが、堀川書店も店主が亡くなり、blue noteが移転したその年に店じまいをしている。これまで立ち寄ろうと思っていたもののなかなかきっかけがなく、昨晩はなんとなく一人でJAZZを聴きたくなったという訳。店内はちょうど二次会なのか大勢の客が入っていた。大勢といっても10人強で一杯になるスペースだ。かろうじてカウンターの1席が空いていた。店は夫人が一人で切り盛りされている。ラフロイグか?いや今日はジャック・ダニエルにしよう。筋金入りのJAZZファンではないので流れていた曲はわからなかったが、酒を飲みながら音楽を聴く。楽しげな二次会もお開きになり、しばらくこの時空間を一人で独占。たまらねえ。

-blue noteの

店内を見回すと、今は亡きマスターの集めた4,000枚以上の古いLPが所狭しにぎっしりと並び、客人をもて成す。店は新しくなっても1979年からの歴史はしっかりと刻まれていた。その名盤たちが、『何が聴きたいのか?いつでも気軽に聴きに来い』と俺に語りかけているようにも見えた。沼津の自宅に数千枚のコレクションを持つ叔父を今度連れて来よう。カップルが入ってきたので1ショットで店を出る。

古い名盤もいいけれど、最近私はこのスウェーディッシュ・女性ボーカリスト、Lovisaがお気に入り。スウェーデン人の女性JAZZシンガーと言えば、真っ先にMonica Zetterlundの名前が上がるけど、スウェーディッシュ・JAZZは要チェック[2]。


↓Monica Zetterlunの自伝的映画『ストックホルムでワルツを』。これはちょっと観たい!


店を出ると夜の横須賀はまるで外国。すれ違う人間の8割は異邦人だったかな。ボーダーレスなこの街の空気感が私は好きだ。13日の金曜日、パリに比べればまだまだ治安の良い深夜のヨコスカを歩いて帰宅した。

若松マーケット

夜の横須賀1
夜の横須賀2
夜の横須賀3
夜の横須賀4

最近、なんか横須賀ブログになってきたな…

[参考・引用]
[1]横須賀の名物ジャズ喫茶「ブルーノート」、若松町に移転-ファンの声に応え復活、横須賀経済新聞、2012年4月11日、
http://yokosuka.keizai.biz/headline/773/
[2]『スウェディッシュ・ジャズって何?』、ノルディック・ノーツ、
http://homepage3.nifty.com/nordic-notes/column/column_swedishjazz.html




スポンサーサイト


コメント

  1. SDTM | /ZyVyp1I

    夜の横須賀

    ☆ 「Monica Zetterlund」の歌声、聞かせていただきました。
      なるほど、いい感じ。早速CDを入手してみようと思います。

      安針塚がご自宅でしたね。横須賀港を垣間見ながらのご帰宅ですね
      潜水艦が写っています。(笑)

      横須賀中央で、幹部相手にカラオケ徹夜をやった10年前を思い出しました。
      上司が大学で応援団長やっていたので、喉が強い。サザンの唄い捲くりでした。
      午前3時にタクシーで昭島の自宅まで帰りましたが、大層お金が掛かった記憶が
      あるのですが、金額を覚えていない。(笑)

    ( 00:06 [Edit] )

  2. papayoyo | -

    Re: 夜の横須賀

    ヨコスカから昭島にご帰宅とはこれまた大変な飲み会でしたね。
    中央からドブ板、ヴェルニー公園経由のウォーキングは酔いを醒ますのに最適です。
    JRで帰る人はこのコース、いいと思います。
    Lovisaいいですよ。
    JAZZはピアノトリオが好きだったのですが、最近は女性ヴォーカルを聴くことが多いです。
    このLovisaとかStacey Kentとか。
    それとMonica Zetterlundの自伝映画が公開されていたことを知りませんでした。DVDも出ています。
    予告編を見る限り主演の女性もいい演技をしているし、音楽もGoodですね。

    ( 09:22 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最近の記事