トーイング・トラクター

Stewart and Stevenson GT-50
出典:http://ism.is.land.to/wvs/gse/images/towing/l001_201.jpg

今日は「くうこうではたらくくるま」と「ひこうじょうのじどうしゃ」で無骨なキャラクターを演じた、空港に無くてはならないトーイング・トラクターにスポットを当ててみたい。俳優で言えばさしずめ、ちょっと強面の名バイプレイヤー、最近ドラマやCMに引っ張りだこの我が同窓、松重豊君や遠藤憲一さんてところだろうか。

ひこうじょうのじどうしゃ
「ひこうじょうのじどうしゃ」の表紙を飾るトーイング・トラクターの正体は?

「ひこうじょうのじどうしゃ」の表紙のクルマもトーイング・トラクターだと紹介したが、メーカーや車種までは確認できなかった。わからないとどうしても知りたい性分で、その後の調査で得られた結論はStewart and Stevenson社製のGT-50型というモデル(冒頭写真)。主に小・中型旅客機を担当するトーイング・トラクターで、しかも表紙に描かれたのはノーマル仕様の後部にGPU(Ground Power Unit、「ひこうじょうのじどうしゃ」参照)、つまり発電機が追加搭載された仕様で、電源車の役割も果たしていることが判明[1][2]。

Stewart and Stevenson GT-50 GPU搭載仕様
GT-50 GPU搭載仕様[1]:四角で囲んだ部分がGPU

ただ、さらに「Stewart and Stevenson GT-50」で検索してもなかなか詳細な情報に辿り着けなかった。繋がったのはTUG Technologies社のGT-50というモデル。TUG社は1998年にStewart and Stevenson社の傘下となっているので[3]、このTUG社製GT-50がベース車両のようだ。TUG社のホームページで検索してみたGT-50の写真と「ひこうじょうのじどうしゃ」に描かれたそれとはかなり容姿が異なっているが、おそらくこれがベースの車台(シャーシ)であって、それぞれのユーザーに応じて車体が艤装(カスタマイズ)されるのだと思う。

GT-50型のパワーソースは、Deutz社製TCD2013L04型という4.8ℓ、最高出力169hp(126kW)の空冷直列4気筒ターボディーゼルエンジンを搭載。最大牽引力は最重量モデル60,000lb(約27t)で48,000lb(約22t)[4]。牽引力=静摩擦係数×(航空機の)重量で略計算できるが、[5]に紹介されているように滑走路と航空機の車輪との静摩擦係数を0.1程度と考えれば、最大牽引力の10倍程度の重量の旅客機をプッシュバック(あるいは牽引する)ことができることになる。確かにGT-50の性能であれば136t未満とされる中型機[6]くらいまでは大丈夫だ。本書に登場するエアバスA300の最大離陸重量が170t前後なのでこれでも行けそう[7]。GT-50の全長は4.9m、全幅は2.6mといったサイズ感だ[4]。

絵本のコマツWT500E コマツWT500E
「くうこうではたらくくるま」のトーイングカーはコマツ・WT500E[1]
コマツWT500Eの運転席
ユニークなWT500Eの運転席[8]

「くうこうではたらくくるま」に登場するトーイング・トラクターは、大型のコマツ製WT500E型。自社製の11ℓ直列6気筒ターボディーゼルエンジンは最高出力304hp(227kW)、最大トルク124kgf⋅m(1216N⋅m)を叩き出す。全長8.2m、全幅2.9m、全高3.0m、車重50t[8]の超重機械の最大牽引力は確認できなかったが、本書に描かれているように最大離陸重量が350tを超すボーイング777[9]は当然ながら、400tを超えるジャンボジェットなどの超大型旅客機を動かすことも可能だというから、恐るべしパワーである。運転席が横長なのは、前向きと後ろ向きの座席が1つずつ取り付けられているからだ。また旅客機のプッシュバック・牽引に重要な役割を果たすトーバーは、航空機によって使い分けているそうだ。トーバーだけで重量は300kg以上、中には400kgを超えるものもあるという[8]。本書に描かれたこのモデルも後部にGPUを搭載。

絵本のコマツJT60A 絵本の豊田自動織機TW
「ひこうじょうのじどうしゃ」の中型と小型トーイングカー
コマツJT60A
豊田自動織機TW
モデルとなったコマツJT60A(上)[10]と豊田自動織機TW/TG-35(下)[11]
謎の中型トーイングカー
正体不明の中型トーイングカー(「ひこうじょうのじどうしゃ」より)

再び「ひこうじょうのじどうしゃ」に戻る。本文に描かれた大型、中型、小型の4台のトーイング・トラクター(ペイ・トラクター)のうち、型式が判明したのは中型1台を除く3台。中型の方はコマツ製JT60A型というモデルで、いすゞ製の6.4ℓ水冷式直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載し、最大出力は98.6hp(73.6kW)、最大トルクは34kgf⋅m(333N⋅m)、最大牽引力は11tという性能を持つ。全長5.1m、全幅2.6m、全高2.5mで車重は1.3t[10]。小型は豊田自動織機製TG-35型(ガソリン)またはTW型(ディーゼル)。TW型を例にとると、トヨタ製5.9ℓ水冷直列6気筒D型ディーゼルエンジンを搭載し、最大出力は59ps(44kW)、最大トルクは26kgf⋅m(255N⋅m)、最大牽引力は3.5tで最大70tを牽引できるという。全長3.4m、全幅2m、全高1.7mで車重は5.7t[11]。

絵本のHough・TD-500 Hough・TD-500
「ひこうじょうのじどうしゃ」の大型トーイングカーはHough・TD-500/T-500[12]

大型の方は米国Hough社製TD-500型(もしくはT-500型)というモデルのようだ[12]。TD-500型はDetroit Diesel製9.8ℓの直列8気筒、8V-71T型ディーゼルエンジンを搭載。最大出力は343hp(256kW)、最大トルクは147kgf⋅m(1428N⋅m)で最大牽引力は50,000lb(23t)。全長7.9m、全幅2.7m、全高1.6m、車重29t(65,000lb)と前述のWT500E型より一回り小さめ[13][14]。牽引力は冒頭のGT-50型程度だが、ジャンボジェットも牽引できるトーイングカーのようだ[14]。Hough社は世界的な農業・建設機械のメーカーだったInternational Harvester社へ1952年に売却された後、IH社も1981年にDresser社(後のKomatsu Dresse社)へ売却されており、現在ではHoughブランドは消滅している[15][16][17]。

FMC PTS-1R
トーバーレス・トーイング・トラクター FMC PTS-1R[18]
トーバーレス・トーイング・トラクターの動作機構
トーバーレス・トーイング・トラクターが航空機の車輪を浮かせる仕組み[18]

ここまで2冊の絵本に描かれたトーイング・トラクターは航空機を運ぶのにトーバーが必要となるが、トーバーが不要な文字通りトーバーレス・トーイング・トラクターという車種もある。このタイプのトーイングカーは車両後部にある油圧式アーム装置を使って航空機の前輪を抱え込み、10cmほどタイヤを浮かせて牽引、プッシュバックを行う。トーバータイプよりも速く移動できるので(トーバータイプの制限速度が時速15kmに対し、トーバーレスタイプは時速30km)、プッシュバックよりも牽引で用いられることが多いという[18]。

本書で描かれたコンテナ・ドーリーを牽引するトーイング・トラクター 豊田自動織機・TD20
「ひこうじょうのじどうしゃ」に描かれた”カルガモ親子”は豊田自動織機・TG/TDシリーズ[19]

以上はごついトーイング・トラクターの紹介だったが、“カルガモ親子”みたいにドーリー(台車)をけなげに引っ張るかわいいトーイングカーを忘れてはいけない。「ひこうじょうのじどうしゃ」に登場するのは豊田自動織機製TG/TDシリーズ[19][20]。TD20型を例にとると、パワーユニットは2.5ℓのトヨタ製水冷直列4気筒2J型エンジンを搭載し、最高出力は49hp(37kW)、最大トルクは14kgf⋅m(137N⋅m)で最大牽引力は2t。車体の基本スペックは全長3m、全幅1.3m、全高1.5m、車重3.6tである[19]。

絵本のHough・M1A
絵本の豊田自動織機・2TD

「くうこうではたらくくるま」に描かれた”カルガモ親子”
Hough・M1A
Hough・M1A[1]
豊田自動織機・2TD/2TG
空港の人気者、トヨタL&F・2TD/2TGシリーズ@羽田第2ターミナル

「くうこうではたらくくるま」では2種類の“カルガモ親子”が確認できる。見開きのタイトルページに登場するのは、前述Hough社のM1Aというモデル。パワーユニットは2.5ℓのフォード製水冷直列4気筒DSG-425 EFI型ガソリンエンジンを搭載し、最高出力は69hp(52kW)、最大トルクは20kgf⋅m(194N⋅m)で最大牽引力は3.4t。ディーゼル仕様も複数ある。全長2.7m、全幅1.4m、全高1.4m、車重はM1A60型で最大3.4t[21]。もう1台は下記シーンでリアビューが右下にちょこっと描かれている。これは豊田自動織機(現トヨタL&F)製Rシリーズと言われる2TG/2TDモデル。型式02-2TD20を例にとるとパワーユニットは2.5ℓのトヨタ製水冷直列4気筒1DZ型ディーゼルエンジンを搭載し、最高出力は52hp(39kW)、最大トルクは16.3kgf⋅m(160N⋅m)で最大牽引力は2t。全長3.2m、全幅1.4m、全高1.4m、車重は3.3t[22][23]。

以上、マニアックな調査報告でした。

絵本ではないが「ちいさなトーイングカー」(池田善朗・作、津田光郎・絵、童心社)という素敵な紙芝居がある。まさに子供が大好きな”カルガモ親子”が主人公。これについては別の機械にご紹介したいと思う。

ちいさなトーイングカー

[参考・引用]
[1]トーイングカー、インダストリアル ストラクチャ マニアックス、
http://ism.is.land.to/wvs/gse/towing.html
[2]トーイングカー、hasitetu_3110 everyday、
http://www24.atwiki.jp/hasitetu_3110/pages/105.html
[3]TUG History、TUG Technologies Corporationホームページ、
http://www.tugtech.com/tug-history/
[4]GT-50 Pushback、TUG Technologies Corporationホームページ、
http://www.tugtech.com/tugproducts/tug-pushbacks/gt50/#tab-1
[5]Scene-7 多摩川左岸 『ANA整備工場』、ぶらっと遡上探索、2013年1月27日、
http://freedomwalk.blog.fc2.com/blog-date-20130127.html
[6]No.25.A380も787-8も同じ大型機!? 大型機・中型機・小型機の正しい基準って?、【連載】航空トリビア、緒方信一郎、マイナビニュース、2015年2月13日、
http://news.mynavi.jp/series/airline/025/
[7]エアバスA300、Wikipedia、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%90%E3%82%B9A300
[8]トーイングカー コマツWT500E-1、丸々一冊はたらくクルマ 空港車両編、ネコパブリッシング、p30-31、2014
[9]ボーイング777、Wikipedia、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0777
[10]コマツWT403-3&JT60Aカタログ、コマツ トーイングトラクタ、はたらく自動車考古学、はたらく自動車博物館、
http://www55.tok2.com/home2/history/pdf/wt430-3_jt60a.pdf
[11]トヨタ トーイング カー 3500 TW/TG-35カタログ、トヨタ トーイングトラクタ、はたらく自動車考古学、はたらく自動車博物館、
http://www55.tok2.com/home2/history/pdf/tw_tg35.pdf
[12]Hough T-500、IMCDb Internet Movie Cars Database、
http://www.imcdb.org/vehicle_413802-Hough-T-500.html
[13]HOUGH T-500、VICTRY GSEホームページ、
http://www.victorygse.net/index.php/en/push-back-tractors/hough-t-500.html
[14]Hough Pushback Tractor-Model TD-500、Tradewind~Charter、
http://www.tca-charter.de/Special%20Cargo/Pushback_Truck.html
[15]Frank G. Hough Company、RITCHIEWiki、
http://www.ritchiewiki.com/wiki/index.php/Frank_G._Hough_Company
[16]International Harvester Co.、RITCHIEWiki、
http://www.ritchiewiki.com/wiki/index.php/International_Harvester_Co.
[17]Hough, International Harvester, Dresser & Komatsu、Lake Country, Illinois History、2011年9月16日、
http://lakecountyhistory.blogspot.jp/2011/09/hough-international-harvester-dresser.html
[18]トーバーレストーイングカー FMC PTS-1R、丸々一冊はたらくクルマ 空港車両編、ネコパブリッシング、p32-33、2014
[19]トヨタ トーイング カー 2TON TG20/TD20、
http://www55.tok2.com/home2/history/pdf/tg20_td20.pdf
[20]トヨタ トーイング カー 2TON TG25/TD25、
http://www55.tok2.com/home2/history/pdf/tg25_td25.pdf
[21]M1A Tow Tractor、TUG TECHNOLOGIES CORPORATION、
http://www.tugtech.com/tugproducts/tug-tow-tractors/m1a/
[22]Engine towing tractor 26-33ton、TRACTO R-series 2TG/2TD、TOYOTA MATERIAL HANDLING、
https://qpsearch.bt-forklifts.com/PDFSearch/GetPDF.asp?artno=745541-040
[23]トーイングトラクター 豊田自動織機02-2TD20(2007年式)、丸々一冊はたらくクルマ 空港車両編、ネコパブリッシング、p24-25、2014

スポンサーサイト
[ 2015/08/25 21:54 ] cars/車のお勉強 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/619-bcb92445