クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

エクストレイル10万km  

エクストレイル10万km

愛車エクストレイルの走行距離が今朝10万kmに到達した。時間を見てもらえばわかるように、毎朝早朝に出勤し、神奈川県の山奥にある勤務先への通勤を始めて8年。前車カングー君から乗り換えて4年半での大台達成。毎日往復100kmのクルマ通勤はさすがに五十路を超えると身体に堪える。いつもは夏の湘南での岸を洗う紺碧の波がその疲れを癒してくれるのだが、今日は生憎の雨空。気分も今一つ冴えない。

カングーもそうだったが、10万kmは突如調子が悪くなる鬼門のマイルストーン。だが今のところ大きな不具合もなく、ここ最近はエンジンの吹けもすこぶる良好で運転も気持ちが良い。いい塩梅にマシンがこなれて来たように思える。

ところで新型エクストレイルのハイブリットが販売好調で、月販目標の10倍、1万台に達したのだそうだ[1]。私は以前に新型エクストレイルについて酷評したが、評価は未だに変わらず乗り換える気はさらさらない。現行車を20万km、いや30万km乗り潰すつもりだ。まず何よりも、クリーンディーゼルを廃して日産の強みでもないハイブリットに変更したことが気に食わない。日産のディーゼル技術は昔から定評はあったが、なぜ前モデルで世界初と言われたクリーンディーゼルの技術をさらに高めようとしなかったのか。マツダのSKYACTIV-Dに対して完全に白旗を上げたというイメージしかないね。

まあハイブリットと謳えば日本市場では受けがよいし、クリーンディーゼルではもはや他社に勝てない。どうせエクストレイルのメイン市場はディーゼルには全く興味のない北米(※)なので(米国名はローグ)、こんな選択になったのだろう。スカイラインのエンジンもベンツ製になっちまうし、エンジンでは数々の伝説を作ってきた日産の矜持はどこへ行ってしまったのだろう。

(※)昔、日産テラノのディーゼルターボに乗っていた頃、米国出張に出かけた時のこと。現地のスタッフに「パスファインダー(テラノの米国名)のディーゼルに乗っているなんてクレイジー!」と言われたことがあるが、無駄にでかく燃費の悪いガソリン車に乗っている奴らの方がもっとクレイジー。ことクルマに関しては世界標準でない暮らしをしているのが米国人なんだよな。

茅ヶ崎の海
今日の茅ヶ崎付近の海はこんな感じ

[参考・引用]
[1]日産、新型エクストレイル ハイブリッドの受注が1万台を突破…月販目標の10倍、レスポンス、2015年7月21日、
http://response.jp/article/2015/07/21/256071.html
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/23 Thu. 23:32 [edit]

category: X-Trail

tb: 0   cm: 2

コメント

祝10万km

お元気ですか?
10万kmおめでとうございます。
我家のミニも16万km超えてますが今のところ快調です。
主治医からは
「近いうちに絶対来ますよ♪」と脅されています。くわばらくわばら。
ところでスカイラインのエンジンがベンツ製になったんですか?
サニーやグロリアなどの懐かしい名前も消えて、
エンジンもベンツですか・・・
何だか寂しいですね。

URL | 松岡信男 #-
2015/07/24 09:24 | edit

Re: 祝10万km

暑いですね。夏バテ気味です。
ゾロ目はやっぱり気持ちいいです。大事に乗りたいですね。
ルノー・日産は2010年にダイムラーとの提携を発表しましたが、燃料電池研究だけでなくエンジン供給もその一つです。
昨年フルチェンの新型スカイライン(ブランドバッジは日産ではなくインフィニティになりましたが)は最初にハイブリッド仕様が出て、数か月遅れでノーマル仕様が出ました。そのエンジンがベンツ製の2L直4ターボです。自動車好きには大ニュースだったでしょうけど、エンジンの開発には莫大な予算がかかりますからビジネス的にはありだと思います。ただエンジンは自動車の心臓部ですし、各メーカーのノウハウが詰め込まれたコアな技術ですから、技術の伝承やブランドイメージとしてはマイナス部分も多く両刃の剣ですね。直近の利益には良いかもしれませんが長期的にみるとどうなのでしょうか。
それよりも他社のエンジンを載せると言うは易しですがやる方は大変だと思います。会社によって設計基準も違いますから。ベンツはまだいいですよ。ユニットを供給するだけですからね。2010年に提携したということは4年後に市販化されるクルマにどのようなユニットを積むのかもある程度決まっていたと思うので、日産設計者の苦労は大変だったと思います。エンジンが変わればミッションも変わる。重量割り付けや車体設計も変わる。よく付いたなと感心します。
経営者はお気楽なもんです。「やれ」と指示すればいい訳ですから。東芝の問題は氷山の一角でしょう。失敗した責任も取るというのであればその指示も重いのですが…。ゴーンさんは粉飾決算の指示は出していないと思いますが、彼の経営判断の成否は数年後にわかるのではないですかね。
それにしても日本市場のハイブリッド神話には正直うんざりです。ディーゼルですよ、ディーゼル。

URL | papayoyo #-
2015/07/24 20:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/612-e6a2ce1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク