オリンピックを…

古代オリンピックスタジアム
出典:https://d18gmz9e98r8v5.cloudfront.net/ptr/20131021080607_815017829_2831_9.jpg

新国立競技場の建設問題、結局何の解決の糸口も見いだせぬまま見切り発車となった。2本の巨大キールアーチ構造は維持されたものの、開閉式屋根は先送り、可動式椅子も仮設席という中途半端に建築家の顔を立ててもなお、建設費は圧縮すると言っていた1,692億円から2,520億円に逆戻りだ[1]。こんな大問題を抱えながら下村文科相は新設された五輪相に丸投げ[2]。その投げられた遠藤大臣、この難局を切り抜けられる切れ者という印象も受けないし、そんなに大臣の椅子が欲しいのか彼の政治家生命はこれで終わるかもしれない。

新国立競技場 巨大な橋と同じ構造
新国立競技場 巨大な橋と同じ構造[3]

なんでこんな巨額の費用がかかるのか?以前に取り上げた記事ではゼネコン悪玉論的言及をしたが、「新国立競技場の工事費が下がらない理由」という記事を読むと、この問題が単に工事費が高いということだけでなくもっと根が深いことがよくわかる。この工事は競技場の屋根に巨大な橋梁をかけることと同じらしい。大都会のド真ん中で(これから東京の大渋滞が始まるよ)。施工業者はいくらカネを積まれてもこんな短い納期で世紀の難工事は正直請けたくなかったというのが本音ではないだろうか。仮に予定どおり完成したとしても、莫大なメンテナンス費が五輪後も長く圧し掛かってくる。

ザハ・ハディド
ザハ・ハディド[4]

建築家ザハ・ハディド氏の設計はあまりにも前衛すぎて、「実現不可能」な彼女のデザインから「アンビルド(unbuild)の女王」との異名を持つという[4]。カネに糸目を付けないバブルな施主には好まれる設計者なのだろうけど、建築家はプロダクトデザイナーであり、周囲の環境との調和を考え、何よりも利用者や作り手の立場に立ったデザインを請け負う職業だと私は思っている。だから建築家はアーティストとは異なり、これらの制約の中で自己表現を行う難しい仕事なのだ。この考えには異論のある方もいると思うが、少なくとも施主である都や政府が空想家や夢想家であっては困る。彼らが「アンビルド」の前歴のある彼女の設計案の実現性やコストをなぜきちんと事前評価できなかったのか、多くの疑問が残るのはそのためだ。

[1]によればデザインコンペの議事録も未だ公表されず、その選考プロセスが不透明のままということを考えると何か不正があったのではないかと勘ぐってしまう。何せオリンピック誘致活動についてはサッカーW杯と同様、悪い噂が絶えないからだ。前述の工事の困難さを考慮すれば、恐らく建設費は2,520億円で収まりきれないと思う。選手の強化・育成費用も大幅に削られるのではないかという本末転倒な心配も出てきている。オリンピックの主役はハコモノではなくヒトなのに。この国の政治家や役人はなぜここまで分かり易いくらいに杜撰な仕事しかできないのだろう。本当に日本の将来を良くしようと真剣に考えているとはとても思えない。彼らに担ぎ出された御用文化人も同罪だ。この計画は99%覆ることはないだろうから、これらのツケを払わされることになる我ら一般国民としては暗澹たる気持ちにならざるを得ない。

ギリシャ・デフォルトの危機を回避するには…
ギリシャ・デフォルトの危機を回避するには…

さて日本以上に絶望的な国が欧州に存在する。実質的な財政破綻に陥っているそのオリンピック発祥国、ギリシャだ。彼の国の政治家や国民の言い分はもはやゴロツキ、ヤクザの類である。そんな彼らを擁護するつもりは毛頭ないが、デフォルト(債務不履行)が確定すれば世界経済の終わりの始まりになるかもしれないリスクをはらんでいる。ふと考えてみたのだが、もうオリンピックの開催国を毎回変えるのは止めて、ギリシャ・アテネで恒久開催してはどうだろうか。ハディド“モニュメント”はアテネに建設すればよい。但し会社の宴会のように幹事国を決めて持ち回りにする。幹事国は全体計画や開会式・閉会式の企画を行い、イベントでは幹事国色を出しても良いとするのだ。負担を減らすために幹事国は複数でも構わない。実際の計画遂行はギリシャ主体で行う。そうすれば4年毎にインフラ整備や観光客の大量受け入れなどでギリシャにオリンピック景気をもたらすことを担保できるし、今まで自国開催は不可能であった小国でも幹事として自国をアピールする機会を得られる。誘致活動における不正のリスクも減るだろう。勿論、ギリシャ人には4年に一度の祭りのために心を入れ換えてもらって適正報酬で真面目に働いてもらうし、何よりもオリンピック開催国に負の遺産を遺すことだけは確実に避けられる。

以上、飲み屋のおっさん的戯言でした。ところでギリシャよりも中国市場の動きの方が相当ヤバい気が…。ダブルショックで世界同時不況という懸念も。覆水盆に返らず、か。東京オリンピック開催、無理なんじゃね。

[参考・引用]
[1]森元首相、下村文科相・・・日本の劣化の象徴となった新国立競技場「戦犯」は誰だ、伊藤博敏、ニュースの深層、現代ビジネス、2015年7月2日、
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43982
[2]下村文科相、新国立問題を五輪相に丸投げ、スポーツ報知、2015年7月4日、
http://www.hochi.co.jp/topics/20150703-OHT1T50184.html
[3]新国立競技場の工事費が下がらない理由、建築エコノミスト 森山のブログ、森山高至、2014年1月6日、
http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-11744493834.html
[4]「新国立競技場」デザイン、”アンビルトの女王”ザハ・ハディドの個展が東京で開催、FASHION PRESS、
http://www.fashion-press.net/news/9763
スポンサーサイト
[ 2015/07/08 22:25 ] sports/スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/610-efecb82f