クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

Cars! Cars! Cars!  

Cars! Cars! Cars!

今日紹介する車絵本は、”Cars! Cars! Cars!”(Grace Maccarone・作、David A.Carter・絵、Scholastic Inc.)。日本語版も「くるまがいっぱい」(グレース・マカローン・作、デイビッド・カーター・絵、文化出版局)として出版されており、現在でも購入可能だ。クルマ絵本のコレクションを始めた頃に手に入れた一冊である。

「Cars! Cars! Cars!」一部

幼児用の絵本であるが、イラストの出来が非常によい。幼児用絵本にありがちな車の絵のいい加減さがない。色使いも含め非常にポップな描写なのであるが、リアルに書き込んでおり、おそらく基本的にモデルの車がある。

絵本の表紙に書かれた4台は、上からコロンビアの1901年モデル、2番目はフォルクスワーゲンビートル(多分)、3番目は古いキャデラック?(車種不明)、一番下はフェラーリ250テスタロッサだと思う。コロンビアはかなり渋すぎるので(誰も知らないでしょう)、この車については次回紹介することにしよう。翻訳本の最後のページには、登場する車の解説が書かれているらしい。私の所有する原書にはない特典なので、「くるまがいっぱい」の方も是非手に入れて、解説文で確認したいと思う。

「Cars! Cars! Cars!」一部パトカー

原書はもちろん簡単な英語で構成されている。基本はold-new、many-fewといった形容詞の比較表現なので、小学生低学年程度の英語学習にも使える思う。余談だが、パトカーのことを正式米語で”squad car”というのは恥ずかしながら知らなかった。スラングでは”cruiser”というらしい。

David A. Carter
David A. Carter

イラストのDavid A.Carter氏は、1957年ソルトレークシティ生まれの絵本作家。ユタ州立大学卒業後、書籍デザイナーとして民間会社に勤めるが、1897年以降フリーとなり、60点以上の有名なポップアップ・ブックを出版。その中には、全米でベストセラーになった「はこのなかにはなんびきいるの?」(How Many Bugs in a Box?)をはじめとする、むしむしシリーズがある。やはり同じイラストレーターの彼の妻Noelle Carter との共著も多数。

[参考・引用]
[1] David A.Cater、
http://biography.jrank.org/pages/2262/Carter-David-1957.html

Cars! Cars! Cars (Story Corner)Cars! Cars! Cars (Story Corner)
(1995/04)
Grace MacCarone

商品詳細を見る


くるまがいっぱいくるまがいっぱい
(1996/01)
グレース マカローンデイビッド カーター

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Posted on 2007/07/01 Sun. 21:54 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/59-17040fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク