ETC

ETCユニット

先日カングーの定期点検のついでに、ルノーディーラーでETCも一緒に装着した。現代の自動車の三種の神器といってもいいカーナビ、クルーズドコントロール(※)、ETCのうちの1つをやっと取り付けた。これらITS機器と呼ばれる技術が、古き良きフランス車の香りを醸し出すカングーにはあまり似合わないのだが。

ETCユニットは、助手席前のグローブボックス側面に装着。インスト周りである程度平らな面積を最も稼げる場所なのだそうだ。インジケータを運転席側から確認するにはやや難ありだが、カードを一回装着してしまえば出し入れすることはまずないので、使用上の大きな障壁にはならない。

ETCアンテナ
ETCアンテナ

アンテナの方はフロントガラスが電波を通さない仕様のため(現行モデルはちゃんと通すとのこと)、フロントウィンドーの熱線反射コーティング部分のある限定領域に装着された。眼を凝らしてよく見ると左右両側に、四角に枠取られた箇所が見える。この部位のみ電波を通すので、装着箇所はおのずと決定された。

手続きをして数日後にカードが届き、早速テストをしようと朝の通勤に高速を使った。横浜横須賀道路の横須賀ICのゲートに近づきワクワク。ディーラーさんの「念のため最初はETCとの併用ゲートを使ってください。」の言葉に従おうとしたが、横須賀ICには併用ゲートがない。まあ大丈夫だろうとドキドキしながらゲートに接近。「えっ、開かない?」「なんでやねん?」「まじ?ここで停止かよー」

カードを出し入れするも何も反応がない。ルームミラーを見ると、後ろにはライダー仕様のいかつい黒いキューブが止まっている。怖そうなあんちゃんに怒鳴られながら、仕方なく緊急用の通行券を取る。「ちきしょー、ルノーめ。」

ぶつぶつ言いながら会社に到着、改めて(というか全然読んでいなかった)説明書を読むと・・・。あらっ、ETCカードの装填方向が逆?確かにランプは赤。入れなおすと青に切り替わった。ディーラーさん、すみません。

ETCゲート
ETCゲート

鳴り物入りで2001年よりサービス開始(2000年より試験運用開始)したETCも、当初は普及率が上がらず、その導入が批判されていた。そのETCも最近はずいぶん利用者が増えているようだ。ETCの普及・利用状況の速報データ(6/14付)[1]によれば、高速道路利用者の約70%がETCを利用している。首都高に至ってはなんと76.2%である。

そもそものETC導入の狙いは、渋滞解消、結果的にCO2排出の削減にある。[2]によれば、従来の高速道路の渋滞原因の3割は料金所渋滞によるものだった。ETCの普及により、首都高での渋滞量は94%減、CO2に換算して約34%(約13万トン)削減されたと報告されている。これが事実とすれば、ETCの効果は絶大である。その前に料金をタダにしろという意見もあるだろうが、将来にわたって莫大にかかるメンテナンス費用のことを考えると、受益者負担は仕方あるまい。問題はどこから原資を徴収するかだ。高速道路の利用者から取るか、受益者を拡大解釈し、物流の要として高速道路は国民生活に欠かせない、国民全体が受益者だと考えれば、料金所を廃止して税金として徴収する方法もある。

道路行政については、無駄な道路建設等公共工事の問題、道路公団(JH)を含む天下りの問題、大気汚染公害訴訟、揮発油税の二重課税問題、道路特定財源の一般財源化など様々な問題があり、まだまだ議論・アイデアが必要だ。ちょっとお堅い話ではあるが、我々の生活に密接に関わるだけに、折に触れ、このブログでも取り上げていきたいと思います。

(※)クルーズコントロール (Cruise Control) とは自動車の付加機能もしくはその装置の名称。アクセルペダルを踏み続けることなくセットした速度を維持する機能であり、運転者の疲労低減に寄与する。この技術の歴史は古く、現代の三種の神器かと異論があろうが、ここでいうCCは次世代型のレーザレーダーやミリ波レーダーを使って前走車との車間距離を検知、車間がつまると自動的に速度を落として一定の車間を保つ車間維持システム(Adaptive Cruise Control)のことを差す。前者がスロットル制御であるのに対して、後者は条件付で減速などのブレーキ制御も行う自動ブレーキ装置とも言える。

[参考・引用]
[1]財団法人道路システム高度化推進機構ホームページ、機構案内、参考データ、ETC利用率、
http://www.orse.or.jp/organization/data02.html
[2]国土交通省国土技術政策総合研究所、ITS高度道路交通システム研究室ホームページ、ETC、
http://www.nilim.go.jp/japanese/its/0frame/under/01etc/index_04.htm
スポンサーサイト
[ 2007/06/23 22:27 ] Kangoo | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/58-9b14a3e7