Porthos

この連休明けから事業所が引越しをし、新しいオフィスでの仕事が始まった。机周りもきれいになり、デスクワークの小道具も一新しようと、最近文房具にはまっている。まず最初に注目をしたのがペンスタンド。ペン類を入れる引き出しのトレイの容量が少なかったために、見せる文房具、机上にしゃれたペンスタンドをと考えた。機能で選ぶか、デザインで選ぶか。基本的に良い機能を持つ道具は、デザインも優れていると考える。逆は真ではないかもしれないが、いろいろと迷ったあげく、デザインの良さと本来のペンスタンドにあるべき機能とは別次元の機能に惹かれて購入してしまったのが、Marutomi製のペンスタンド「Porthos」(ポルトス)。

その機能とは、ペンスタンドがゆらゆらと揺れること。起き上がりこぶしの原理で球状の底面に錘が装填されている。ペンスタンド=安定の固定概念を覆す文房具だ。

デザインもシンプルでかっこいい。色はオレンジ、ダークグレイ、シルバーの3種類。どうしてもシルバーが欲しく探しまくったが、どこもシルバーのみ完売。ようやく見つけたサイトがここ(↓)である。

http://caina.jp/commodity_detail.php?id=44681861

Denis Santachiara
Denis Santachiara

ブランドはMarutomi、デザインはイタリア人デザイナーDenis Santachiaraの作品。1950年、イタリアのカンパニョーラに生まれたデニスは、カーデザイナーとしてキャリアをスタートさせた異色の経歴を持つ(車つながりだ!)。その後、彼は独自のリサーチを行い「ネオデザイン」「ネオイマジン」という新しいコンセプトを提案することになる。デニスは、それまでの既成概念にとらわれず、常に自由な発想を行い、カーデザイン、インテリア、建築といったカテゴライズさえ飛び越え、より創造性の高いプロダクトを表現として具現化している気鋭のデザイナーである。時に人を驚かせ、同時に納得させる。彼のデザインはどこにも類型化できないオリジナリティを持っている[1]。

堅苦しい職場にも、このような遊び心は大事かもしれない。ちょっと気分転換にペンスタンドを指でゆらゆら。なかなかリフレッシュ効果ありです。こういうオンザロック用グラスがあってもいいかもしれない。

[参考・引用]
[1]hstyle.com、デザイナー一覧、Denis Santachiara、
http://www.hhstyle.com/cgi-bin/omc?port=33311&req=DIR&code=de0020
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事