ずっと読みかけの夏 feat. CHEMISTRY

今日は久しぶりの晴天に恵まれたが、風はちょっと涼しい秋の予感。私はこの夏の終わりのちょっと切ない季節感が大好きだ。世間も多分同じで、だから9月の曲が多いのだと思う(せぷてんばあ)。ちょうど今頃の時期に鎌倉・湘南当たりで流すのがピッタリの曲。最近知った「ずっと読みかけの夏」 by 冨田ラボ feat.CHEMISTRY。



CHEMISTRY、久しぶりである。少年が大人の女性に恋をする歌。我々の世代はこのようなシチュエーションを聞くと、ラウラ・アントネッリの『青い体験』のようなエロいことを想像するのだが(俺だけか?)、これは川畑・堂珍コンビの透き通るような歌声にのせて、男子なら誰しもが味わう本当にピュアな青い記憶を甦らせる。糸井重里の歌詞にもあるように白いブラウスを着た女性、PVの女優さんがイイネ、イイネ。



実はこの曲に出会う前に、ふと付けたラジオから流れてきた冨田ラボの別の曲が耳に止まった。同じく夏の終わりを歌う「耐え難くも甘い季節」 by 冨田ラボ feat.畠山美由紀。30年以上も前の“日暮し”というグループが歌っていた「秋の扉」という曲が私は大好きなのだが、この曲を現代風にアレンジするとこんな感じになるのだろうか。杉山尚美さん(日暮し)の声も素敵だけど、畠山美由紀さんの気だるい感じも好きだなあ。

冨田恵一
冨田恵一[2]

ところで私好みの冨田ラボって何者だ?と調べてみると、冨田恵一という私と同い年の音楽家によるセルフプロジェクトが冨田ラボ。彼のプロデュースした曲は数知れず。キリンジ、MISIA(あの名曲“Everything”も彼の曲だった)、中島美嘉、bird、BONNIE PINK等々。僕の好みばかり。また彼のアルバムに参加したゲストミュージシャンを見ても、大貫妙子、高橋幸宏、吉田美奈子、横山剣…など大物がズラリ。やはり私好みの名前が並ぶ[1][2]。

PV「ずっと読みかけの夏」のジープ
「ずっと読みかけの夏」のジープ・ワゴニア
PV「耐え難くも甘い季節」の謎のクルマ ボルボ240エステート
「耐え難くも甘い季節」の謎のクルマ(左)
確かにボルボ240エステートのホイールのようにも見える(右)

改めて冨田ラボのPVを動画で視聴して気が付いた。どれも必ずクルマやクルマの車窓シーンが登場するのだ。「ずっと読みかけの夏」で憧れの女性の夫が運転するクルマは古いジープのワゴニア。「耐え難くも甘い季節」では毎日見慣れた国道134号沿いの江ノ電と七里ヶ浜とか横浜元町らしき街並みも出てくるのだが、PVに映し出されるクルマの手がかりは角ばったインパネ上部と外装はわずかにホイールだけ。ブランドバッジも出てこないので車種を特定できなかったが、冨田ラボとクルマの関係が気になっている御仁は他にも結構おられるようで、ボルボ240エステートと断定されている記事もあった[3]。



PV「アタタカイ雨」のジャガー

「アタタカイ雨」 by 冨田ラボ feat.田中拡邦(MAMALAID RAG)にはなんと赤いジャガーEタイプが。オープンじゃないがシリーズ1の右ハン(2シーター?)。ジャグアー好きには文句なしの選択である。MAMALAID RAGの「春雨道中」も好きな曲なんだよなあ。



PV「Like A Queen」 のマスタング

「Like A Queen」 by 冨田ラボ feat.SOULHEADには黄金色のマスタング。

冨田恵一さん、恐らくマニアックなミュージシャンのようなので、PVの演出とかいろいろと口を出しているハズ。クルマの選択も彼自身の好みなのか。であれば、かなりのカーガイとみた。これからも要注意のアーティストがまた一人。

ガラケーから機種変したスマホで撮ってみた夏の終わり in Yokosuka

秋の予感1
燃える青草はまだ夏

秋の予感2
シオカラトンボが秋の潮風誘う

[参考・引用]
[1]冨田恵一、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A8%E7%94%B0%E6%81%B5%E4%B8%80
[2]PROFILE、冨田ラボ・冨田恵一、
http://www.tomitalab.com/profile.html
[3]406Break探しの旅(6)、12 Wheels Cafe、2010年6月20日、
http://blogs.yahoo.co.jp/gooday4395/archive/2010/06/20


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    【お楽しみテープ】のitune再構築 1981/4/1作成版 ( 14:53 )

    ★ 【お楽しみテープ】のitune再構築 1981/4/1作成版 学生時代から、1980年代までカセットテープに「お楽しみテープ」と題して 好きな曲をアレンジしてきました。 今や曲順や曲の追加・削除がituneにて簡単にできる時代となり、 あのテープを作成する際の気合というか...



    最近の記事