夢で逢えたら

21日、昨年末12月30日に他界した大瀧詠一を偲ぶ関係者向けのお別れ会が東京で開かれた。本当に突然の訃報で、ファンや交流のあった方だけでなく、音楽に関わりを持つ方は皆驚かれたと思う。私も大瀧詠一氏には少なからず影響を受けた一人だと思う。もちろん彼が関わったアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』やシュガー・ベイブの『SONGS』は愛聴盤として所有しているし、彼の作詞・作曲による『夢で逢えたら』は、「吉田美奈子でクリスマス」でも書いたように、自分の中の日本の歌謡曲・ポップスベスト10の中では、坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」と1、2位を争う名曲だと思っている。シリア・ポールバージョンではなくやっぱり吉田美奈子版が。でもこの曲のディスクは、不覚にもアルバム・シングルいずれも持っていないんだよね。だから、YouTubeで探して聴いてます。大瀧さん、たくさんの素敵な音楽をありがとう!

FLAPPERFLAPPER
(1999/06/23)
吉田美奈子

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事