クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

ラーメンとスロットカー  

ラーメンとスロットカー

今日は嫁が仕事、娘は美術スクールということで、暇な男闘呼組は新横浜に繰り出すことにした。目指すはラーメン博物館。美味しいラーメンを食べることも目的の一つだが、もう一つの狙いは最近はまっているスロットカーで遊ぶこと。ラーメン博物館とスロットカー?これが意外なところで結びつくのである。

新横浜の自動販売機

横須賀から新横浜は約1時間。京急上大岡で乗り換えて、横浜市営地下鉄新横浜を降りると、さすがは日産スタジアムのお膝元、自動販売機もホラこの通り、横浜Fマリノス仕様になっているここはマリノスタウン。リーグ優勝は逃したが天皇杯は取れてよかった。そういえば、マリノス戦も生観戦してないなあ。

計算どおり開店の11時きっかりにラーメン博物館に到着すると、すでに入場待ちの人々。親子で入場料400円を支払い博物館の中へ。真っ先に向かったのは1階奥にある自動車模型専門のアイリス模型店。ここではスロットカーのサーキットコースがあって、200円/5分で体験できるのだ。アイリス模型店はここから2駅の「新羽町」にもともとお店があって、数年前にこのラーメン博物館に移転して来たということを最近知った。新横浜には、1/24プラモデルを使用したスロットカーのシャシーメーカーでは超有名な会社バン・プロジェクト(通称バンプロ)のサーキット場もある。サッカーだけでなく、ここはスロットカーの聖地でもある。しかし、オープンは12時から。まだお昼には早いが、メインのラー博を覗いてみることにした。

ラーメン博物館 その1

私はラー博2度目だが(十数年ぶり)、ここの名物は我々世代には懐かしい昭和30年代の風景を再現しているところ。スロットカー場もここのコンセプトに合うということで採用されたのだろう。昭和ノスタルジーに浸れる狭い路地を歩きながら、パパの子供の頃はこんな感じだったよと初めて訪れた息子に説明する。と、既に恐ろしく長蛇の列となっているお店があるではないか。札幌味噌ラーメンの名店「すみれ」だ。前来た時もここで食って美味しかった記憶があるので、今回も食べようと思っていた店だ。これはいかんと早速息子と並ぶことにした。待つこと約30分。他の店も梯子をしたいのでミニラーメンの味噌と塩を注文。ミニラーメンといっても結構しっかり量はある。ここは味噌が王道かと思いきや、塩も大変美味しゅうございました。

ラーメン博物館 その2

アイリスのスロットカーサーキット
ラーメン博物館の中にこんなスロットカーサーキットが!

並んで食ったらちょうど12時。再びアイリスへと戻る。既に子供たちを中心に人が集まっていたが、すぐに試走することができた。息子がやり始めるとやけにスピードが遅いと言い出す。私もスロットルを握ってみると確かに高速でのスピードコントロールが出来ない。係の人に尋ねてみると「小さいお子さんにはスピードを抑えたクルマを提供しています。大人用にはスピードコントロールできるマシンもあります。」とのこと。小柄な息子は小学生低学年に見られたようだ。小4でスロットカーの経験もあることを告げると、すぐに大人用のマシンに交換してくれた。但し、コースアウトした場合は自分でコースに戻すのがルール。自宅のHOと違って大きなマシンとコースを走らせる面白さはまた違ったものがある。

アイリス模型 その1 アイリス模型 その2
(左)びっしりと積み上げられた自動車トイズ
(右)あの北原照久さんからもお祝いが。この下にHOスロットカーのデッドストックが並ぶ。

他の人も待っているので2回10分ほど遊んでから、サーキットの周囲にびっしりと積まれたプラモやスロットカーを拝見させてもらう。値札がついているものは全て売り物。HOのスロットカーも売っていた。TOMY/AFXの古いスロットカー、いわゆるマグナカーが中心で、今では希少品のこれらは結構いいお値段。輸入モノと思われる新品AFX、いかしたコブラブルーのシェルビー・デイトナも並んでいたが、店主がいないと値段がわからないと女性スタッフ。本日店主はイベントで夕方まで不在なのだそうだ。メンテキットもいろいろと置いてあって、店主に相談してくれれば、山積みの奥の倉庫からいろいろ出てきますとのこと。出張帰りなど店主がおられるときにまた出向くとしよう。

アイリス模型 その3
コブラブルーのデイトナ、欲しいな

スロットカーと模型を楽しんで次はラーメン第2弾と計画していたが、「すみれ」のラーメンはこってり系なので二人ともそれほど腹は空いていない。再度ラー博に戻ると、日曜の昼時ということもあって、どの店もさらに長蛇の列。この状況を見て、ラーメンはもういいやということになった。家族のお土産に生ラーメンを買って帰ろうとしたとき、館内で楽しい大道芸が始まった。こちらもじっくり堪能してから家路へと向かった息子との日曜日。今度はマリノス戦を見に行こうか。

ラーメン博物館 その3
この人だかり
ラーメン博物館 その4
熊本ラーメン「こむらさき」、懐かしかー

スポンサーサイト

Posted on 2014/01/12 Sun. 23:59 [edit]

category: toys/おもちゃ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/496-6f1e2d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク