クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

大儀見選手  

大儀見優季

今日は仕事を早く切り上げて野暮用を済ませ、夕方息子が通う横浜金沢のサッカースクールへお迎えに。時刻は5時半。この時期になると、さすがに夕刻の寒さは堪えるし、今日は一段と風も強い。いつもはコートの外で練習風景を観戦するのだが、そそくさとレストハウスへ。椅子に腰かけて、室内のモニタで流されていた2010FIFAワールドカップの日本ーカメルーン戦のビデオを観ながらボーっとしていた。と、一人の男性と若い女性二人がレストハウスに入ってきた。

「奥が女子更衣室だから」と男性。「はーい」と女性たち。ここのスクールは会社帰りにフットサルの練習をしに来る社会人も多い。今日は珍しく女性のフットサラーかと彼らを気にも留めず、窓越しの息子たちの練習コートに目を向ける。再びW杯ビデオを観たり、練習の様子を伺ったりして小一時間が経ったとき、ガチャっと女子更衣室のドアが開いた。思わずそちらの方に視線を移すと、ウェアに着替えて出てきた女性の一人と目が合った。

(ん?大儀見?)
なでしこJAPANのストライカー、大儀見優季によく似ている。
(まさか、なでしこがこんなスクールにいる訳ねえし。他人の空似だよな。)
「わー、これ懐かしい試合!」とその女性も流しているW杯ビデオに食いついた。
(大儀見の声に似てるな。いやいや、なでしこJAPANがここにいるはずがない。)
とその女性、私のすぐ後ろでシューズを履き始め、男性と会話を続けた。すでにその段階でモニタ画面に顔を向けているものの、私の注意は完全に後ろの女性に集中している。ガラス窓に反射した彼女の様子をチラ見しながら、彼らの会話に耳はダンボ状態。
(お、お、大儀見選手ですか?って聞いてみようかな…)
結局、大儀見選手だという確信を持てぬまま、準備の整った彼らはレストハウスの外に出た。外ではスクールの関係者が彼らにお辞儀をしている。ただのフットサル練習者ではないなと、私も何気ないふりをして外に出た。

彼らが奥のコートに向かって歩き始めたとき、ちょうど席を外していた妻と合流。
「今、なでしこJAPANの大儀見にそっくりな人がいたんだけど」と私。
「すれ違った大きい女の人たち?そんな訳ないよ。」とにべもない妻。
「やっぱり人違いかなあ。」

すると息子たちの練習するコートで、コーチが「今日はなでしこJAPANの大儀見選手が来ています」と紹介しているではないか。大儀見選手と聞いて、男の子たちは「…」、女の子たちは「きゃーっ!」。確かに澤さんや川澄さんに比べれば地味な印象はあるものの、なでしこJAPANの中で私の一番好きな選手が大儀見選手なのだ。間違いなかった。レストハウスで握手をしてもらうんだったと後悔しても時すでに遅し。

本日の一番奥のコートは、キーパーのセレクションの子供たちの練習場だった。息子たちのへっぽこクラスに、なでしこが教えに来るはずもなく、当然と言えば当然。コートを見に行くと、大儀見選手らは臨時コーチではなく、子供たちと一緒に練習メニューをこなしていた。大儀見選手はFWというポジション柄、もっとがっちりした印象を持っていたのだが、細見でスラっとしていてスタイル抜群。超かっこよかった。とても人妻には見えない。ここのスクールとどういう関係なのだろうと思いながら、キーパーを目指す子供たちが羨ましかった。

勿論写真撮影は控えて、帰り際、息子と一緒にその勇姿をもう一度眺めて気持ち良く帰宅した。早帰りは三文の得。

大儀見優季inロンドンOP
2012ロンドン五輪ブラジル戦での大儀見選手[1]

[参考・引用]
[1]【なでしこジャパン】チームに加わった最後の1ピース、大儀見優季、了戒美子、Love Sports Web Sportivia、2012年8月6日、
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2012/08/06/post_223/
スポンサーサイト

Posted on 2013/11/18 Mon. 22:05 [edit]

category: sports/スポーツ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/478-cba5b220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク