まてまてタクシー

まてまてタクシー

タクシー忘れ物防止システム』があったなら、こんなクルマ絵本は成立しないだろう。本日紹介する絵本は「まてまてタクシー」(西村敏雄・作、福音館書店「こどものとも年少版」通巻411号)という、タクシーに忘れ物をした男の話。

まてまてタクシー その1

ハットさんはタクシーに乗って家に帰って来た。
家の鍵を開けて入ろうとしたとき、ハットさんははっとした。
「わぉっ、しまった!」
タクシーに忘れ物をしたことに気が付いた。
時すでに遅く、タクシーは走り出した後だった。
「おーい、タクシー!」

まてまてタクシー その2

まてまてタクシー! 
ハットさんは野を駆け、山を駆け、街を駆け、

まてまてタクシー その3

あれあれ、私の乗ったタクシーはどこ、どこ?

やっと見つけたターゲット、でも再びどこかに行ってしまった。

陽も暮れ、とうとうタクシーを見失ったハットさん。
がっかりしてトボトボと家路に戻る。

家の前まで来ると後ろから声が。
「これ、お客さんの、忘れ物ですか?」 
運転手さんが忘れ物に気付いて、届けてくれたのだ。

さて必死に追いかけたハットさんの忘れ物はいったい何だったのか?
それはこの本を読んでのお楽しみ。

トボケた愛嬌ある主人公、動きのあるコミカルなストーリー。絵の雰囲気も含め、以前にも紹介したヤーノシュの作品「それゆけ、フェルディナント号」(徳間書店)を彷彿させる。

西村敏雄
西村敏雄[1]

作者の西村敏雄氏は1964年愛知県生まれ。東京造形大学デザイン科卒。インテリアとテキスタイルのデザイナーとして活動後、絵本の創作を始める。第1回日本童画大賞優秀賞受賞、第3回MOE絵本屋さん大賞、他受賞多数。絵本に『バルバルさん』『もりのおふろ』『どうぶつサーカスはじまるよ』(福音館書店)、『どろぼうだっそうだいさくせん!』『もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻』(偕成社)、『そこにいますか―日常の短歌』(岩崎書店)、『うんこ!』(文溪堂)、『どうぶつぴったんことば』(くもん出版)他多数。東京都在住[1][2]。

西村氏も忘れ物が多いという。実家に帰省する際に、新幹線にお土産のケーキや頂き物の高級メロンを忘れる。実家から東京に戻る時も、実家でもらった海老せんべいを忘れる。電車やタクシーでも鞄などいろいろ忘れ物をする。鞄はこの絵本のようにタクシーの運転手さんが届けてくれたが、新幹線の忘れ物は戻って来ない[2]。

まてまてタクシー その4

タクシーの忘れ物ではないが、先月タクシーにまつわるこんなエピソードをテレビで観た。2007年のある日、娘が幼稚園で熱を出したと連絡を受けた母親が、幼稚園で娘を引き取って病院へタクシーで向かったときのこと。到着した病院でどこを探しても財布が見つからない。母親は事情を説明し、何とか病院で診察を受けられたものの、帰りの交通費もなく途方に暮れていたその時、先ほどのタクシーの運転手が財布を届けてくれた。

タクシーの運転手は親子を降ろした後、空き地でシートを取り外すまでして車内の隅々まで財布を探したが見つからない。幼稚園で一旦降ろした母親の行動をもう一度振り返ると、彼女が娘を引き取りに向かう際、慌てて何かの段差につまずいていたことを思い出した。その段差付近を探すと、財布はそこにあった。

このエピソード以外にも困っているお客さんのために、ドライバーが通常のサービス以上の神対応を行ったケースが紹介されていた。これらのエピソードは全て、長野にある中央タクシーに勤めるドライバーたちの本当にあった逸話である。同タクシーの宇都宮会長は『タクシー忘れ物防止システム』の開発・導入を進める京都のmkタクシーの経営方針に感銘を受け、運転手の指導法を取り入れた。

中央タクシー・宇都宮恒久会長
中央タクシー・宇都宮恒久会長

割に合わないサービスと人は言うかもしれない。しかし会長曰く「小さく損をして、大きく得をする」という企業理念を今も貫き通している。その結果、中央タクシーは地元の人から絶大な支持を受ける。それが証拠に同タクシーは、流しで客を拾うのではなく、電話予約がお客の9割以上を占めるのだそうだ[3]。

機械が忘れ物を発見して警報を出してくれるのもいいだろう。このブログで何度も取り上げている自動運転車も、突き詰めれば運転手のいないタクシーだ。最先端技術は、サービス業においても従業員を負担から解放してくれる。確かに便利にはなるのだろうが、忘れ物を直接届けてくれるような人と人とのふれあい、人間身あふれる心遣いはやはり残ってもらいたい。そんなことを考えた一冊である。

[参考・引用]
[1]西村敏雄(にしむらとしお)、EhonNavi、
http://www.ehonnavi.net/author.asp?n=3831
[2]絵本のたのしみ、こどものとも年少版「まてまてタクシー」折り込みふろく、2011年6月号
[3]奇跡の神対応★幸せを届ける…小さなタクシー会社、奇跡体験!アンビリーバボー、2013年9月5日オンエアー、フジテレビホームページ、
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/130905_2.html

山奥の小さなタクシー会社が届ける幸せのサービス山奥の小さなタクシー会社が届ける幸せのサービス
(2012/11/24)
宇都宮 恒久

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/472-8423235e