sports car graphic

クルマノエホン紹介がかなり滞っている。書こうと思うテーマが一杯ありすぎて頭の中が整理できないでいる。仕事の方も期末の繁忙期。繋ぎと言っては何だが、ここ1週間はアートな日々だったので、その辺を報告しよう。先週末13日は、大学への出張帰りにお馴染み溝呂木陽氏の新作個展(19日まで)に顔を出す。昨年に引き続いて2度目の訪問だ。頭を切り替えて、終了1時間前に会場である原宿ペーターズショップ&ギャラリーに滑り込む。初日ということもあり、既に何人かの先客と談笑されていた溝呂木氏。速足で歩いてきたのでお茶を一杯いただいて落ち着きを取り戻した。

今回は先に上梓された「ツール・ド・フランスってこういうレースだったんだ!(TOUR DE FRANCE 100ans)」(ダイアプレス)の原画展も併催。スロットカーなどのトイズ(そうそう息子のクリスマスサプライズにと、中古だがHOスロットのコースセットを購入してしまった)もテンコ盛りで、楽しい個展になっていた。

SHELBY COBRAS by Mizorogi その1 SHELBY COBRAS by Mizorogi その2
Shelb Cobras by Mizorogi、エンジンの質感がよく出ている

2階に上がり画伯としばし談笑。ちょっと前にテリー伊藤さん(イラストレーター、テリー佐原さんの聞き間違いでした。大変失礼しました)が帰ったばかりとのことだった。さぞかし熱いトークで盛り上がったのだろう。展示作品はツール・ド・フランスも含めて70点ほど。7月くらいから急ピッチで描き上げたとのことだが、大きなもの(B4くらい)で1枚描くのに下書き1日、塗りに1日くらいで完成するらしい(早っ)。水彩は重ね塗りによる修正が効かないので一発勝負。白は基本画紙の下地を残すらしい。それにしても、エンジンの金属の質感が水彩でここまで出せるとは。エンジンは得意ではないとおっしゃっていたが、どうやったらこんなリアルに描けるのかと聞いたところ、「見たままを描く」との答えが返ってきた。バッティング指導で「来た球を打て!」と言った長嶋茂雄のようだ。さすが天才は同じ感性を持つ。何せ中学生の頃からプロとして描いていた方ですからねえ。

Porsche 917K by Mizorogi
Porsche 917K by Mizorogi

さて今回のテーマは“sports car graphic”ということで、往年のル・マンカーが多く出展。ポルシェ917KのGulfカラーは素敵だねえ。

Ferrari 275GTB by Mizorogi
Ferrari 275GTB by Mizorogi

炎天下の中での整備作業を描いたフェラーリ275GTB。本当に暑い日だったらしく、原画でないとわかりづらいが、強い陽射しと日陰のコントラストが絶妙。

Ferrari 512M, 330 P3/4, 512S by Mizorogi
Ferrari 512M, 330 P3/4, 512S by Mizorogi

個展のポスターにもなっていたフェラーリ3台揃い踏み。かっこいいです。

Paris 1993
Paris 1993 by Mizorogi

お得意のパリの風景。20年前の朝日に映える美しいモンマルトルの街並。こんな素敵なクルマたちももう今のパリでは見られないだろうとのこと。

息子さんの作品2013
息子さんの作品2013

息子さんの絵も昨年から確実に進歩。娘さんも一緒に描く家族のらくがき帖も展示されていて、これが非常にすばらしいものだった。お子さんの画才もただものではない。終了間際にも関わらず、お客さんも次から次へと訪れて大盛況。

紙のジオラマ 家族とBOOOON!CITYを作る その2
紙のジオラマとBOOOON!CITY製作その後

今回も原画の購入は我慢して、最後にカングーのペパクラを購入。今、我が家ではBOOOON! CITYカーの新作発表以来、ペパクラ熱に火が付いている。「BOOOON! CITY再び」でも紹介した、BOOOON! CITY製作も着々と進んでいる。特に台風で荒れに荒れた先週の3連休は室内でのパパクラ作成日和。既に購入していたミゾロギ氏の「紙のジオラマ」からガスステーションとフレンチカフェ、その他旧車を拝借。何度でも使えるようにコピー、スキャンしてトミカサイズの1/70前後で出力した(ちゃんと縮尺を書いてくれているので助かる)。息子もカッター使いが上手になったので、結構難しいミゾロギぺパクラに挑戦している。

工事現場に...
工事現場に...
コストコ完成!
コストコ完成!

本日の自己満足はこのコストコ。自分で初めて展開図から起こしてみた。パパクラの台紙を作るのは本当に難しいことがよくわかったが、同時に組立て以上に楽しい時間でもある。屋上駐車場には、コストコ名物の大型カートも設置。土地の醸成、工事の現場から完成までの経過もこの通り。時間軸での変化も楽しめる4D-BOOOON! CITY開発はまだまだ継続中。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事