クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

自動車アーカイヴズ  

自動車アーカイヴ 世界の自動車

こういう趣味・ブログをやっていると、当然自動車についての諸元(スペック)は興味の対象となる。個人的に所有する自動車図鑑の類も役には立つが、如何せん一冊の書物の中に自動車150年の歴史で登場した数百、数千種類のクルマ全てを収録するには無理がある。二玄社からはCG別冊「自動車アーカイヴ」という60年代以降の古今東西のクルマを取り上げた名鑑が19巻、さらに旧車だと「世界の自動車」という同社の集大成ともいえるシリーズが第47巻まで刊行されているが(当初は全60巻を予定していたが中断)、とてもがこれだけ大量の書籍を個人で所有することはできないし、市立図書館に置いているような本でもない。そうなるとインターネットの情報である。それこそクラウド上に無限にある。しかし、特に旧車になると、ソースによって内容が微妙に異なることが多い。そこで複数の情報源を比較しながら精度を高めていくことになる。よく利用するのは、少し安直ではあるがWikipedia(日本語版と英語版)とこのブログにもリンクを貼っていた“GAZOO名車館”。先日久しぶりにこのページにアクセスすると何か様子がおかしい。大元のGAZOO.comには飛ぶのだが、当サイトの名物だった名車館のページはリンク切れになっている。

GAZOO名車館
名物だったGAZOO名車館:数々の特集記事やレーシングドライバー列伝などもあって読み応え十分だったのに…

GAZOOはトヨタ自動車が運営するクルマに関する画像情報システム。名車館は“あの”トヨタが作ったデジタル自動車アーカイヴス(=記録を保存しておく場所)ということで、情報の量、質とともに厚い信頼を寄せていた。ところがGAZOO.comは本年5月末でリニューアルされ、同時にこの名車館も消滅したようだ。リニューアルされたサイト内には、世界の新旧3,000車以上の情報を検索できるクルマデータベースもあるにはある。しかし、車名でしか検索ができず従来のような使い勝手の良さが失われていた。かつての「名車館」は、車名、国名、年代別に検索できたし、クルマの画像(写真だけでなくいい感じのイラストも多かった)が貼られたサムネイル形式になっていたので、車名がわからなくても、カタチから探すこともできた。このクルマ、どこのメーカーの何という車名なのだろうという疑問はよくあるケース。良いデータベースというのは、あらゆる角度から検索ができる。このサイトを作ったエンジニアは、データベースというものを良くわかっていないようだ。少なくとも、なぜ名車館があのような形式で設計されたのか、過去のコンセプトを振り返っていない。完全に勉強不足である。

ひょっとしたら会員限定の公開に移行したのかもしれないと思い、会員登録後問い合わせをしてみるも、やはりGAZOO.comのリニューアルに伴い、サービスは終了しているようで、「今回頂きましたご意見は、関係部署にも展開し、今後の参考とさせていただきたいと存じます。」とのつれない回答にがっくり。本当に参考にしてもらうことをただただ祈るばかりである。

今回のリニューアルを残念に思っているのは私だけではなかろうと検索してみると、事態はどうも名車館消滅どころの騒ぎではないようだ。私は利用していないが、GAZOOではブログサービスもやっているようで、こちらに登録していたブロガーの方々は今回のリニューアルに随分困惑しておられる。古いURLのままだとリンク切れになってしまい、自動的には更新されないようだし、アクセス数やコメントなど、過去の繋がりの履歴もすべてリセットされている模様(事例#1#2)。これは酷い。調べてみると、プラットフォームは自動車のことなんて何もわかっちゃいねえ日本マイクロソフト製のようだ[1]。独自のシステムどころか既製品だったとは。

世界生産台数も念願の1,000万台まであとわずかに迫ったトヨタ。業績は好調のようだが、最近の優良企業によくある効率化とコスト削減のみが企業活動という思い込みなのだろうか。少なくとも販売に直結しないこのような企業SNSについては、ユーザー視点が欠落していると言わざるを得ない。驕れる者久しからず、トヨタ博物館の運営など、利益を自動車文化の発展にきちんと還元している企業だと思っていただけに、今回のビジネスライクな対応は非常に残念である。“REBORN”のキャッチフレーズが空しく響く、真夏の出来事であった。

REBORN

[参考・引用]
[1]蜜月深めるトヨタとMicrosoft、「GAZOO.com」を「Windows Azure」で一新、MONOist、2013年4月26日、
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1304/26/news115.html

自動車アーカイヴ vol.19(90年代の日本車 ニッサン/ホンダ/マツダ/フォード/スズキ (別冊CG)自動車アーカイヴ vol.19(90年代の日本車 ニッサン/ホンダ/マツダ/フォード/スズキ (別冊CG)
(2009/03)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Posted on 2013/08/14 Wed. 11:20 [edit]

category: bookshelves/本棚

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/458-a32ff4df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク