クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

“SPAIN” PLAYED BY SUPER GUITAR TRIO & DUO  

THE SUPER GUITAR TRIO AND FRIENDS

季節もすっかり初夏。通勤時湘南を流すクルマに吹き込む潮風が気持ち良い。こんな季節はなんだかスペインな気分、と訳の分からない理由で引っ張り出したのが、“THE SUPER GUITAR TRIO AND FRIENDS”(PIBJ-1005、パイオニア)という音楽DVD。アル・ディメオラ、ラリー・コリエル、ビレリ・ラグレーンという当代きってのスーパーテクニシャンによるギターアンサンブル。1990年5月24日、マサチューセッツ州ケンブリッジでのコンサートを収録したもの。私はこのアルバムをトラック6、“SPAIN”目当てで購入した。チック・コリアの名作“SPAIN”は私のお気に入りの一曲だ。


“SPAIN” played by Al Di Meola & Larry Coryell @’86 Live Under The Sky in Tokyo
↑誰か画質の良い映像をUPしてくれー!

トリオではないが、同じくアル・ディメオラとラリー・コリエルのデュオによる“SPAIN”の名演がある。東京・田園コロシアムで行われた1986年のLIVE UNDER THE SKYでの演奏だ。LIVE UNDER THE SKY、1977年から92年まで毎年夏に行われていた日本最大の屋外JAZZフェス。私もバブル期の学生時代、友人らと一緒に‘85年と’86年の2度、九州で聴きに行っている(‘85年は小倉球場、’86年は福岡歴史の町)。‘85年には晩年の演奏ではあったもののマイルス・デイヴィスの生ペットを拝めたし、’86年はチック・コリアやこの2人のスーパーギターデュオを聴いている。演目が“SPAIN”だったか定かではないが、ノリノリで聴き入っていた記憶がある。その後、FMラジオでエアチェックした田園コロシアム版“SPAIN”を何度聴いたことか。もうそのカセット音源を聴くことはできないけれど、画質は悪いがYoutubeで視聴できることは大変ありがたい。それにしても聴衆のファッション、チャラけた感じが時代を映し出す。自分もこうだったと思うと恥ずかしい。


Al Dimeola, Bireli Lagrene and Larry Coryell... 投稿者 boitano
“SPAIN” played by Al Di Meola, Larry Coryell & Biireli Lagrene @Nightstage in Cambridge, MA in 1990

そして安い中古版が出品されるのを持ち続けてはや十数年、ようやく今年ゲットしたのが、冒頭のDVDである。田園コロシアム版の演奏はCD化されていないので、アル・ディメオラとラリー・コリエルの“SPAIN”が聴けるディスク音源は、私の知る限り恐らくこれと‘89モントルー・ジャズ・フェス版だけだ。田園コロシアム版は、終始フラメンコ張りに情熱的な演奏で、彼らの息もつかせぬインタープレイがたまらない。一方ケンブリッジ版はパーカッションも追加され、“SPAIN”だけどブラジリアンテイストの強い演奏になっている。3人の速弾き共演は勿論のこと、ゆったりとしたボサノバ調の緩急のコントラストは絶妙。同じ曲なのに田園コロシアム版とは表現が全く異なって面白い。私はそれまでビレリ・ラグレーンを知らなかったが、この早熟の天才ギタリスト(当時23歳!)は、2人の巨人に臆せず、堂々と渡り合っている。まあ、脂の乗り切ったディメオラ(当時35歳)、円熟のコリエル(当時47歳)は貫禄の演奏だけれども。


“SPAIN” played by Al Di Meola, Larry Coryell & Biireli Lagrene @’89 Montreux Jazz Festival

‘89モントルー・ジャズ・フェス版はYoutubeにもUPされている。こちらの方が田園コロシアム版に近いスリリングな演奏。よくこの超絶な速弾きでアンサンブルが成立するものだ。このDVDも欲しくなった。

John McLaughlin
John McLaughlin[1]
Paco de Lucía
Paco de Lucía[2]
Al Di Meola
Al Di Meola[3]

スーパーギタートリオを世に知らしめたのは、アル・ディメオラ、ジョン・マクラフリン、パコ・デ・ルシアによる1980年12月5日サンフランシスコでのナイトステージを録音した“Friday Night In San Francisco”というライブアルバム。同じく彼らによるスタジオ録音、“Passion Grace & Fire”と併せて、“SPAIN”に興味を持った方は是非これらも聴いて欲しい。

Friday Night In San Francisco
Friday Night In San Francisco

’86ライブ・アンダー・ザ・スカイのYoutube映像は我が青春を思い出す貴重なもの。“SPAIN”はここでしか聴けないので、今後削除されないことを強く望む。最後にオリジナルのチック・コリア版“SPAIN”をリンクしておく。なんとも切ないキーボードとフルートの音色がたまらないっス。



[参考・引用]
[1]An EDS-1275 and a Drone-Stringed J-200: The Tale of John McLaughlin’s Two Rare Gibsons、Ted Drozdowski、Gibson.com、2008年3月4日、
http://www2.gibson.com/News-Lifestyle/Features/en-us/An-EDS-1275-and-a-Drone-String.aspx
[2]パコ・デ・ルシア、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A2
[3]AL DI MEOLA – Official Website、
http://www.aldimeola.com/

スポンサーサイト

Posted on 2013/05/19 Sun. 16:36 [edit]

category: music/音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/444-d2a6ed3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク