RENAULT KANGOOのすべて

書店でつい買ってしまった「RENAULT KANGOOのすべて」(三栄書房)。別にエクストレイルが嫌いになったわけではないが、カングー君、やっぱり気になります。今の奥さんに全く不満はないけれど、ちょっと太ってしまった前妻にもまだ未練ありありの情けない夫の心境。モータファン別冊の「○○のすべて」シリーズ、久々に買ったのだが輸入車版は珍しい。なんで今頃?という気もするが、本国では昨秋に一部改良された「ジェネレーション2011」発売に伴い、日本でも9/7に新型デビューということでカラーヴァリエーションや内装などが変更になった。全幅1.8m越えさえなければ、ホント魅力的なクルマなんだけど。フランスではディーゼル仕様(なんと75、90、110馬力の3仕様も設定!)も追加されたようで、日本にも導入されたら真剣に考えてしまいそう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事