Good-bye friend

松田直樹

自分より若い人間の訃報を聞くのは辛い。特にそれがナイスガイだとなおさらである。松田が日本サッカー、横浜Fマリノスに与えた貢献は計り知れない。

マリノスが昨年、永きに亘ってマリノスの顔だった彼を放出したときは驚きを隠せなかった。それがたとえ経営判断だったとしても。確かに低迷していたマリノスが、今期首位を走っていることを考えると、その判断は正しかったのかもしれない。しかし、それがファンの声を反映したものだったかはまた別である。チームは勝てばいいというだけでもない。そして、もしマリノスの練習中に倒れていれば・・・。今それを言っても仕方のないことなのだけど、マリノス及びその親会社である日産自動車関係者は重い十字架を背負うことになるだろう。

非常に多くの人から慕われ親しまれていた松田直樹選手。未だにこの事実を受け入れられない友人たちの気持ちはこの曲に代弁されているような気がする。やはり突然旅立ったF1ドライバー・アイルトン・セナの死を悼んで、親交のあった松任谷由実が捧げた「Good-bye friend」。私も非常に好きな曲なのだが、志半ばで倒れた彼と多くのファンに献歌。

スポンサーサイト
[ 2011/08/05 19:37 ] sports/スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/324-f6cdb2e5