クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

ロールス-ロイス シルヴァーゴースト  

Silver Ghost

再び自動車の勉強に戻る。地震前に紹介したクルマノエホン「じどうしゃアーチャー」のモデル、ロールス-ロイスのシルヴァーゴースト(上写真)について。

シルヴァーゴーストの正式名称は“40/50HP(馬力)”。課税馬力(「2CV」参照)を車名に使う当時のR-Rの通例に従って命名された。必ずしも実際の出力を表しているわけではないが、直列6気筒のエンジンは初期型で48HP(排気量7,036cc)、後期型(1910年モデルからは排気量7,428ccに拡大)で65HP程度だったそうだ(正式スペックは公表されていない)。1906年の最初のモデルが宣伝のために銀色に塗られていたこと、幽霊のように音もなく滑るように走るので「銀色の幽霊」というニックネームが付いた。R-Rの神話の一つにその静粛性がある。時速100kmで走っていても時計の音がうるさいという苦情が出たといった逸話も残るくらいだ。幽霊ぐらい静かだとは現在のEV並みである。

1907年にグラスゴー~ロンドンをノンストップで走るRAC(王立自動車クラブ)主催の15,000マイルテストにおいて、この車はノンストップ、無故障で走破した。それ以降、40/50HPモデルは走るイメージにぴったりということで「シルヴァーゴースト」と呼ばれるようになった。

15,000マイルテストで証明されたように、シルヴァーゴーストの耐久性は比類なきものである。フレームのサイドレールやクロスメンバー、各種のブラケット類は、普通ならリベット止めかボルト締めされるところだが、R-Rは全て四角頭のテーパーボルトで固定されていた。ちょっと馴染みの薄い四角頭のテーパーボルトとは下の写真のようなものだ。よく知るボルトの頭は普通六角形。多角形の方がより円形に近いので、ボルト締めの際にすべったり、頭をなめてしまう可能性がある。しかし、四角形であればどんな不器用な人でもしっかりと強くボルトを締めることができる。一般にボルト(ねじ)には、ねじ部分が根元から先端に至るまで太さが一定の平行ねじと、先端にいくにしたがって細くなる(=テーパーが付けられている)テーパーねじとがある。後者は楔の力で締め込むので前者に比べて緩みにくい。このように小さなねじ部品一つに至るまで性能に拘ることで、R-Rの車両は50年経ってもどんな悪路でも、フレームが緩んだり歪んだりすることはなかった。

四角頭付テーパーボルト
四角頭付テーパーボルト

シルヴァーゴーストの時代、つまり第2次大戦前のR-Rは、材料の品質検査も半端でなかった。工場の門を通る全ての鋼材は2片ずつ切り取られ、1片は強度・硬度試験用に、もう1片は実験室で組成を調べられた。この試験に合格して初めて、この鋼材が自動車用材料に使用されたのだそうだ。

このようなR-Rの耐久性と信頼性があったからこそ、シルヴァーゴーストは「じどうしゃアーチャー」にも描かれたように、高級乗用車としての使命を終えたのちも、軍用車として、インドの王族用プライベート車として、消防車として、商用トラックとして、姿かたちを変えながら長年使い続けられた。それゆえにアラビアのロレンスこと、T・E・ロレンス中佐が晩年、この世で一番欲しいものは?との問いに、「シルヴァーゴーストと、それに一生乗れるだけのタイヤとガソリン」と答えたほどだ[5]。

アラビアのロレンスとロールス-ロイス
アラビアのロレンスとロールス-ロイス[5]

“The best car in the world”と賞賛されたシルヴァーゴーストを標準の60HPから70-75HPにチューンナップし、一時3段になった変速機を4速に戻して製作したプロトモデル4台のワークスチームが、1913年にスイス・アルプスで行われたオーストリア・アルパイン・トライアルで1-2-3位を独占した。このプロダクトモデルが、シルヴァーゴースト中最も美しく高性能といわれた「じどうしゃアーチャー」のモデル、“アルパイン・イーグル”である。自動車史に残る名車中の名車といっても言い過ぎではないだろう。デビューから生産終了の1925年までの19年に亘って(これはあのT型フォードの生産期間1908-27を超える)、この“銀色の幽霊”は計6,137台生産された。

Alpine Trials 参戦の'Alpine Eagles'[6]
Alpine Trials 参戦の'Alpine Eagles'[6]

[参考・引用]
[1]ロールス・ロイスー戦前、CAR GRAPHIC LIBRARY 世界の自動車21、二玄社、1971
[2]自動車の本、p68、E.アンジェルッチ、A.ベルッチ共著、講談社
[3]1910年 ロールス・ロイス 40/50HPシルバー・ゴースト、名車館、GAZOO、
http://gazoo.com/meishakan/meisha/shousai.asp?R_ID=7332
[4]Rolls-Royce Silver Ghost、Wikipedia、
http://en.wikipedia.org/wiki/Rolls-Royce_Silver_Ghost
[5]Col. T. E. Lawrence's Rolls-Royce.、9 Automobiles that made history、CdnAuto.org、
http://www.cdnauto.org/amh.asp
[6]The Austrian Trials and the Alpine Eagle、Rolls-Royce Enthusiast' Club、
http://www.rrec.org.uk/History/People/Eric_Platford_The_Chief_Tester.php#_The_Austrian_Trials

スポンサーサイト

Posted on 2011/04/28 Thu. 21:42 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/305-100315e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク