クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

ニュービートルくんとたびにでよう!Go Slow with New Beatle  

ニュービートルくんとたびにでよう!

最近の自動車関連商品を調べてみると、パーツだけではないブランドを冠したオフィシャル関連グッズ、例えば服、バッグ、時計、おもちゃ等を販売するチャンネルが増えている。各メーカも単なる拡販グッズから、ブランド使用料が見込める新しいビジネスチャンスとして注目しているのではないだろうか。もともとブランド力を持っているメーカは、グッズでも大変人気がある。F1での活躍も相まってフェラーリグッズなどはその典型であろう。企業ロゴのついた商品を持つことが、かっこいいと思うか否かは、その会社のブランド力そのものである。将来の顧客を想定して、子供用グッズもブランドの刷り込み効果に重要性を増していると思う。事実、わが息子は、フェラーリのF1レゴやその他遊具をいくつかを持っているが、完全にフェラーリ信者となっている。

トイグッズもミニカーや人形などが一般的であるが、絵本というと意外にない。私が唯一発見したのが、今回紹介する「ニュービートルくんとたびにでよう!」(二宮言・さく、アクシス)である。VW専門誌「Breeze」で好評連載されていた物語に加筆修正したフォルクスワーゲングループジャパン公認の絵本だ。絵本には珍しく、背表紙にVWのロゴが記されている。

「ニュービートルくんとたびにでよう!」一部

旅にでるニュービートルが主人公なのだが、旅の途中にいろいろなワーゲン仲間に助けられる。トゥアレグ、トゥーラン、ゴルフVとVWのラインナップがほとんど登場する。最後には宇宙へ飛び出し、地球を見ながら「こんなに きれいな ちきゅうを もっとたいせつに…」と、自動車会社にとってはお決まりの環境問題を語るちょっとべたなオチとなる。とはいえ、貴重なメーカオリジナル絵本を出版したフォルクスワーゲンを評価したい。

二宮言
二宮言

genこと作者の二宮さんはデザイン会社で修行を積み、今から10年程前に独立。奥田民生、PUFFY等のイラストも手がけた事がある今注目を集めている若手イラストレーターだそうだ。もちろん、New Beatleのオーナーだ。こちらのサイトに二宮さんのインタビュー記事があるので参考にして欲しい [1]。

自動車会社と絵本の関係でいえば、日産自動車が1984年より毎年、アマチュアを対象にした創作童話と絵本のコンテストとして「ニッサン童話と絵本のグランプリ」を開催し、受賞作品の出版・寄贈というユニークな活動をしている。いわゆる企業のメセナ(=mecenat、芸術文化支援を意味する)活動というやつだ。今年で23回目、入賞作品のレベルの高さには定評があり、現在では、新人作家の登竜門と言われているそうだ[2]。

せっかくこのような活動をしているのだから、受賞作家に日産車をモチーフとした絵本を製作してもらえばよいのにと思う。GTRを題材にしたレースのお話、マーチやキューブを題材にしたお伽噺等々、絵本の主人公になり得るキャラクターは揃っている。メセナなので、企業の宣伝という下世話な活動には利用したくないのかもしれないが、これくらい利用しても文句はいわれないと思うのだが。そのうち、ワーゲン以外にもぞくぞく各社が出版してくれると、私は大変うれしい。フランスメーカあたりが、センスの良い絵本を出してくれないかなあ。

最後に、各メーカのトイグッズを含むグッズ販売サイトのアドレスを紹介しておく。
フォルクスワーゲン・ジャパン:
http://www.volkswagendesign.com/
Modenaフェラーリグッズ:
http://www.modena-shop.jp/
Official store of the Renaut F1 Team:
http://store.renaultf1.com/fr/default.asp?Univers=renaultf1&Langue=en&Devise=XEU&idptn=RENAULTF1
Peugeot Tokyo:
http://www.peugeot-tokyo.co.jp/goods/index.html
日産自動車:
http://shop.nissan.co.jp/
TOYOTA F1 TEAM official site:
http://www.toyota-f1.com/public/jp/merchandise/index.html
HONDA:
http://www.honda.co.jp/HDC/#PAGETOP

[参考・引用]
[1]HOT WATER DRIVE、
http://www.hotwaterdrive.com/
[2]ニッサン童話と絵本のグランプリ、
http://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/FAIRYTALE/index.html
スポンサーサイト

Posted on 2006/10/07 Sat. 09:03 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/28-4cd7d54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク