クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

メイド・イン・サウスアフリカ  

2010W杯開会式@ヨハネスブルク、サッカーシティー競技場

さて問題である。次のランキングは、何の順位かおわかりであろうか?いよいよ始まったFIFAワールドカップ2010の順位予想?中国は出ていないよね。南アが上位にランクされるので、鉱物資源の産出量?

1位:ドイツ
2位:南アフリカ共和国
3位:イギリス
4位:中国
5位:アメリカ
6位:フランス
7位:メキシコ

答えは、2006年の日本の乗用車輸入台数を国別順位で示したもの。これは、小学6年生の社会科で出題されるレベルの問題だ[2]。お父さん、お母さんわかりましたか?1位のドイツはまあそうだろう。外車の中でVWにベンツ、BMW、アウディなどのドイツ車を見かける頻度は断トツだ。3位はイギリス?まあ、Newミニはよく見るが、あれはBMWドイツ製だし。イギリスからの輸入車が多いのは、日本企業が英国工場で作った逆輸入車が多いからなのだ。トヨタ・アヴェンシスしかり、日産・デュアリスしかり[2]。昔はUKバッジの付いた日産・初代プリメーラ5ドアHBなんて欲しかったなあ。それにしても、中国の増加率は恐るべし。

日本の乗用車輸入台数
日本の乗用車輸入台数[1]

さて、最も意外なのは、ワールドカップのホスト国、南アフリカが第2位だということだろう。経済規模でいうと、南アの国内総生産(GDP)は約25兆円(2008年)で、私の住むここ神奈川県の県内総生産31兆円をわずかに下回る[3]。2006年の南アと日本の貿易収支は、南アからの輸入が65.9億ドル、南アへの輸出が37.1億ドルで完全な輸入超過となっている。主要な輸入品目として、レアメタル、石炭、鉄鋼、金など鉱物資源が多くを占めるのは予想の範囲内であるが、上述のように機械製品としての自動車も主要輸入品に含まれるのは、全く想定外だった[4]。これは、日本やドイツのメーカーが南アに工場進出をしていることと[5]、BMW3シリーズや、メルセデスベンツCクラス、VWゴルフ/ジェッタの右ハンドル車は全て南アで生産されているからである[1]。

BMW3シリーズ
ベンツCクラス
(上)BMW3シリーズ(下)ベンツCクラス

現在、南アの自動車市場は、ドイツなどの欧州勢から韓国勢まで、世界の自動車メーカー各社が合計57ブランドを投入する激戦区になっている。その中で、我が日本代表のトヨタは、何と1966年には南アに工場を設立し、今や24.5%と圧倒的なシェアを誇る、30年間連続のトップブランドなのだ[6]、ということも最近知った。日本のビジネスマンは南アで頑張っている。岡田JAPANも見習うべきだ。

何故これ程南アの自動車産業が活発なのかというと、[5]によれば、1994年に南アフリカ政府が「自動車産業開発プログラム」(MIDP)というのを策定したことから始まる。このプログラムは南ア国内で生産された自動車の輸出額に応じて、他の自動車や部品の輸入関税が免除されるという制度である。また、EU諸国が南アフリカ地域からの輸入関税優遇策を行っている事も先進国の自動車メーカーの南ア進出をより促進する要因となっている。

南アフリカトヨタ自動車ダーバン工場
南アフリカトヨタ自動車ダーバン工場[6]

ワールドカップ開催で注目される南アフリカ共和国。かつてアパルトヘイト政策をとり、犯罪が多くて治安が悪いという負のイメージだけが強調され、日本との関係にはほとんど無知な日本人。少なくとも私はそうだ。日本国内で走るベンツやBMWの大半が、Made in South Africaだってことを初めて知ったし、何よりも、私が幼少だった頃から、トヨタに代表される日本のビジネスマンたちが、危険も多い中、彼の地で地道にブランドを築き上げてこられた永年の努力に敬意を表したい。

[参考・引用]
[1]南アフリカ経済の現状と今後の展望~BRICsに続く有望な新興経済大国として注目される南アフリカ、三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部、2007年11月29日、
http://www.murc.jp/report/research/2007/0758.pdf
[2]南アフリカ製のドイツ車、歩きながら考える、2008年8月2日、
http://blog.goo.ne.jp/kunihiko_ouchi/e/69c293f7d6322fa0737842d14effedbd
[3]南アフリカ共和国、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD
[4]Ⅴ.南アフリカ共和国における調査、第4章 カメルーン共和国、エチオピア連邦民主共和国、南アフリカ共和国、英国班報告、第4回参議院政府開発援助(ODA)調査派遣報告書、平成20年5月、http://www.sangiin.go.jp/japanese/kokusai_kankei/oda_chousa/h19/pdf/4-5.pdf
[5]南アフリカという国について、AFRICAN BAZAAR、
http://africanbazaar.jp/newpage124.html
[6]人材不足に挑む“トヨタ学校”育てては引き抜かれる、でも教育は徹底する、南アフリカ企業が挑むもう1つのW杯、日経ビジネスONLINE、2010年6月8日、
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100527/214646/
[7]【最後の新興市場~アフリカビジネスの光と影】(上) トヨタ、南アで絶対的な存在、産経ニュース、2010年5月13日、
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100513/biz1005132153030-n2.htm
スポンサーサイト

Posted on 2010/06/11 Fri. 23:28 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/247-16f18bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク