Big Yellow Taxi

しかけ絵本というのは、本当に子供の心を捉えて離さないものだ。息子が幼稚園の頃に大好きだったクルマノエホン、本日紹介する“Big Yellow Taxi”(Ken Wilson-Max・作、Scholastic)は、そのタイトルのとおり、“イエローキャブ”が主人公のしかけ絵本である。

Checker 1956 A8
Checker 1956 A8

黄色いタクシーで車体のサイドにチェッカー模様とくれば、米国チェッカー社のタクシー専用自動車「タクシーキャブ」に他ならない。フロントのデザインから、1956年製のモデルA8であろうか[1]。“Big”は本書の大きさ(25×27.5cm)もさることながら、既出「きいろいタクシー」で、渡辺鉄太氏がコメントされていたように、モデルとなっているチェッカー・タクシーのでかさからも来ていると思う。チェッカーについては、次回紹介しよう。

“Big Yellow Taxi”その1 “Big Yellow Taxi”その2

この絵本はしかけがなかなか凝っている。出発する前にはエンジンフードを開けて、オイルレベルゲージでエンジンオイルのチェックだ。始動前点検が済んだら、ひも付の給油ノズルを給油口に差し込んでガソリン満タン!

“Big Yellow Taxi”その3

タクシーを運転しはじめるとお客さん発見。ベビーカーの赤ちゃんとそのお父さん。リアのドアは開閉できるし、ウインドウだって上下に動かせる。親子がタクシーに乗り込むと、シートベルトの着用をお願いしまーす。

“Big Yellow Taxi”その4

今日は、田舎へドライブにもってこいのお天気日和だ。田舎道のカーブに沿って、タクシーを動かせるぞ。

“Big Yellow Taxi”その5 “Big Yellow Taxi”その6

息子が一番のお気に入りだったのは、この動くハンドル。自分が運転している気分になれたのだろう。あんまり遊びすぎてハンドルが取れ、パパが修復もしたっけなあ。レシートや料金メータも動く細かなしかけが心憎い。レシートには、“I ♡NEW YORK”の文字が。“イエローキャブ”といえば、やっぱりNYだよね。

“Big Yellow Taxi”その7 “Big Yellow Taxi”その8

最後は汚れた車体を洗車してぴかぴかに。

我が家にあるのは英語版でも、子供は絵の内容で理解する。しかも、その絵が動くとなれば、言葉はいらない。しかけ絵本の楽しさは万国共通だ。オイルレベルゲージや給油ノズル、シートベルトなど、細長いパーツは使いすぎてよれよれ、くたくた。コレクターアイテムなら別だが、しかけ絵本を子供に与えれば、それなりに本は傷む。もともと中古で買った本なのだが、この所々の使用感が息子と楽しんだ時間の思い出になっている。

大型版である本書はすでに絶版であるが、再販された小型本(Small formatで17.2 x 15.4cm)は今でも新書で入手可能だ。日本語版も同様のSmall format「きいろいでかでかタクシー」(ケン・ウィルソン‐マックス・作、でんでんむし・訳、JULA出版局)が購入できる。

Ken Wilson-Max
Ken Wilson-Max

作者のケン・ウィルソン‐マックス(Ken Wilson-Max)は、1965年ジンバブエ生まれ。ジンバブエの首都ハラレ(Harare)で芸術を学んだ後、英国London College of Printing(現London College of Communication)に学ぶ。ジンバブエの広告制作会社を経て、英国の出版社やBBCのデザイナーとして働く。現在はフリーのグラフィックデザイナー、イラストレーター。英国ロンドン在住。ジンバブエでは数々のデザイン賞を受賞[2][3]。主な著書には、同じしかけクルマ絵本「みどりのけんいんしゃ」「あかいでかでかしょうぼうじどうしゃ」や「あかいちびひこうき」(JULA出版局)などがある。「あかいちびひこうき」では1996年米国の「子どもたちの選んだ児童書」賞[4]を受賞。

彼は英国を本拠地としているので、本書の初版はロンドンで出版されたイギリスの絵本である。イギリス絵本なのに、本家ロンドンタクシーではなく、New Yorkのイエローキャブを選択したというのが面白い。“Big Black Taxi”ではやはり絵本にしずらいか。色も地味だしね。

[引用・参考]
[1]Checker、CARTYPE.com、
http://www.cartype.com/pages/1073/checker
[2]Ken Wilson-Max (1965–) Biography、
http://biography.jrank.org/pages/2326/Wilson-Max-Ken-1965.html
[3]Ken Wilson-Max、Bloomsbury Children’s Books、
http://www.bloomsbury.com/childrens/authors/details.aspx?tpid=800
[4]「子どもたちが選んだ児童書」賞(米国)、国際子ども図書館、
http://www.kodomo.go.jp/resource/child/kg/bnum/2009-kg003.html

きいろいでかでかタクシーきいろいでかでかタクシー
(2005/03)
ケン・ウィルソン‐マックス

商品詳細を見る


みどりのちびけんいんしゃみどりのちびけんいんしゃ
(2000/06)
ケン ウィルソン‐マックス

商品詳細を見る


あかいでかでかしょうぼうじどうしゃあかいでかでかしょうぼうじどうしゃ
(2000/06)
ケン ウィルソン‐マックス

商品詳細を見る


あかいちびひこうきあかいちびひこうき
(2005/03)
ケン・ウィルソン‐マックス

商品詳細を見る

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事