幼稚園ヲ卒業ス

R34スカイラインGTRのミニカー

今日は、愚息の幼稚園の卒業式(卒園式とは呼ばない)に出席した。そこには入園当事、まだサルだと思っていた息子の、いつのまにか人間らしく、たくましい少年に成長した姿があった。ちっちゃいながら、柱の傷もこの3年間で20センチ近くも伸びた。卒業文集に目を通すと、園児たちのQ&Aが書いてある。息子の名前を探すと、
・たからものはなぁに?「くまのにんぎょう」(ぬいぐるみ?ミニカーとちゃうんかい!)(*)
・おおきくなったらなにになりたい?「ウルトラマン」(やっぱりサルだった)

R34スカイラインGT-R V-Spec
R34スカイラインGT-R V-Spec

息子にエンスー英才教育をしようと始めたクルマの絵本蒐集だったが、クルマの”ク”の字もなく育ったな、と思っていた。と、先日、「この車のトミカが欲しい」と持ってきたのが小さな青いミニカー。タイヤも動かない何かのオマケのようだ。 調べてみるとR34スカイラインGTR。私が会社の机に飾っているR32スカイラインGTRのトミカはあげられないけれど(あげろよ!)、オークションで同じ色のものをゲットできたので、卒業祝いにプレゼント(冒頭の写真)。こういう車がカッコイイのだそうだ。特に後ろの羽根が。

メルセデス・ベンツ SLR スターリング・モス
メルセデス・ベンツ SLR スターリング・モス

そういえば、先日メルセデス・ベンツとマクラーレンが共同開発したスーパーカー、「メルセデス・ベンツ SLR スターリング・モス」の日本国内販売(限定2台、1億1千万円也!)の発表があったが[1]、テレビのニュースでその車を見た息子は、画面に釘付けだったそうだ。

うーん、なかなかヤバイクルマ趣味に走りそうな気配(^-^;)・・・。

まあ、とにかく元気に成長してくれ。卒業おめでとう!

(*)実はパパも同じ年ごろの頃、大事にしていたくまのぬいぐるみがあった。小さい粗末ものだったが、いつも傍らにおいて、寝るときも一緒。そのうち布は擦り切れ、汚れが目立ってきたので、別の大きなくまのぬいぐるみを両親は買ってくれた。しかし、やっぱりその古いぬいぐるみの代役にはなれず、なかなか手離さなかった思い出がある。ウルトラマンにも狂っていた。やっぱりDNAだなあ。



[参考引用]
[1]Mercedes-Benz SLR Stirling Moss、メルセデス・ベンツ日本ホームページ、
http://www.mercedes-benz.co.jp/SLR_StirlingMoss/index.html





スポンサーサイト
[ 2010/03/13 20:54 ] toys/おもちゃ | TB(0) | CM(3)

クルマの趣味

単に車好き…といっても個人差があって面白いですよね。
40歳の従弟は、スポーツカーとファミリーカーのトミカばかり集めていて、傍からは「全部同じ車」に見えました。
私が高校の修学旅行で東京に行った時、アメ横にあったおもちゃ屋でお土産にミニカーを買いました。30年ちょっと前で1,000円くらいだったかな。
北海道の田舎では見た事もないようなリアルなミニカーで、クラウンのロイヤルサルーン…彼の一番の宝物になってどこでも一緒。
塗装がはげてしまっても、どこも壊れることなく今も大切にしてくれています。
その影響だったのか、彼の父親はクラウンに乗っています。

甥は、2歳頃からトラックを筆頭に「はたらく車」に熱中していました。
トミカを大量に買わされましたが、ふつうの車の形をしているのはパトカーくらい。
カバーに消防車が描いてあるというだけで「め組の大吾」のコミックスも全巻強奪されました。
中学生になった今頃になって、自分のコレクションを見直して「なんで普通の車がないんだろう。わからん」と首をかしげておりました。
[ 2010/03/19 21:47 ] [ 編集 ]

男ってヤツは・・・

ひろこ様、コメントありがとうございます。
好きな車は人によって千差万別ですが、のりもの好きは男の子のDNAに刷り込まれたものなのでしょう。私は父が土木技術者だったこともあり、ミニカーといえば「はたらく車」でした。当時買ってもらったトラックとショベルカーのミニカーは、今でも大事に飾っています。いかにも機械って感じがカッコいいですね。
でも、スーパーカーがはやった頃は、ランボルギーニやフェラーリのミニカーが欲しくて欲しくて。大人になってからもフェラーリのミニカーを集めては飾っています。本物は絶対に買えないので。
とにかく男ってヤツはミニカーが大好きです。
[ 2010/03/20 14:22 ] [ 編集 ]

スーパーカー

はい!まさに、その当時…赤いランボルギーニ・カウンタックのミニカーを従弟の誕生日プレゼントに買いました。当時で1,500円くらいだったかな。
(私が、トミカとマニア向けのミニカーの区別がついてなかったのです。知ってたらトミカにしてたのに)
あのドアもリアルに開きます。ずいぶんとお友達にうらやましがられたようですよ。
これも、かなり酷使していたはずなのですが、いまだにピカピカのまま飾ってあるそうです。
[ 2010/03/20 22:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/229-0370248d