馬鹿は死んでも直らない

BIG ARTIST best COLLECTION/ハナ肇とクレージー・キャッツ

先週のチリ地震に伴う津波情報には全国大騒ぎであった。ここ三浦半島の海岸線一体も、すいぶんと避難勧告が出されていたが、海に近い拙宅の近所では幸いに勧告は出されなかったようだ。海上保安庁や警察などによると、あの津波警報の中、全国で約1300人のサーファーが海に出ていたという。地元神奈川・湘南海岸などには約700人ほど[1]。結果的に大きな津波はやって来ず、人的被害は出なかったものの、ちょうど半世紀前の1960年に発生した同じチリの大地震は、日本を含めた環太平洋全域に大きな被害を及ぼし、日本でも最大で6メートルの津波が三陸海岸沿岸を中心に襲来し、142名が死亡している[2]。スマトラ沖大地震での津波映像も記憶に新しい。このニュースを聞いて、ハナ肇とクレイジーキャッツの名曲「馬鹿は死んでも直らない」を思い出した。

馬鹿は死んでも直らない

もうハナ肇も石橋エータローも安田伸も植木等もこの世にはいない。コントグループとして、映画やテレビで一世を風靡した彼らのナンセンスな音楽が私は大好きだ。幼児の頃から「スーダラ節」を歌って踊っていたと聞く。そんな彼らの名曲の一つ、「馬鹿は死んでも直らない」(塚田茂・作詞、萩原哲晶・作曲)の歌詞にはうーんと唸ってしまう。

バカにバカたしゃ バカばかり
バカからバカ引きゃ うすらバカ
掛けたり割ったりしてみても
アホウと間抜けがチョイと顔を出す
とかくこの世はバカばかり
中途半端はおよしなさい
バカは死んでも直らない

「馬鹿は死ななきゃ直らない」とはよくいうが、死んだら直るのかという逆接的な問いかけに対する答えが、この「馬鹿は死んでも直らない」。バカに何を言っても、何をやってもバカはバカのまんま、バカに付ける薬はないということであろう。そしてこの世はバカばかり。

道路技術者だった父が、バイパス建設の工事責任者をしていた頃の話。地元の警察幹部との懇親会の席で、危険な運転をする車の事故が多くて困っているのだが、道路側の設計で何か対策を打つことはできないかと意見を求められたときのこと。父はすかさず、「バカは死ななきゃ直らない」と答えたそうだ。それを聞いた警察関係者、「責任のある立場の方が、そんなことを言われては困ります」と慌てていたとのこと。私はそれを聞いて拍手を送った。

波浪のイメージ図 津波のイメージ図
(左)波浪のイメージ図(右)津波のイメージ図[3] 

話を津波に戻す。[3]によれば、津波と波浪は全く性質が違う。サーファーが乗る波浪は海水の表面部分の動き(上昇)であるが、津波は海底から海面までの海水全体の動き(上昇)なので、同じ1mの波といってもエネルギーが格段に異なる。そういう根拠や理屈に従って警報は出されているのであり(警報を甘く見てはいけない)、それを無視してサーフィンしたり、見物に行く輩に対しては、危険に対する感受性のかけらもない、あまりのバカさ加減に唖然とする。

予測が難しい自然災害については、注意しすぎるということない。過剰警報だったと謝罪した気象庁の対応は私もおかしいと思うが、今後はより予報の精度を上げていかないと、そのうち気象庁が狼少年になりかねず、さらにバカを増やす危険性を秘めている。

普段の事例でいえば、最近車がかなり高速で併走する交通流の多い一般道を、ジグザグに車の間をすり抜いて行くバカな二輪車をよく見かける。車の横を通過するときにその車が急に車線変更や幅寄せをしてきたらどうなるか考えたことがあるのだろうか。車からは真横は死角になりやすいし、周囲が皆、レーシングドライバーならいざ知らず、たいていのドライバーはごく普通のスキル・能力しか持ち得ない。そういうリスクを想像できる、普通に危険感受性を持つ人間は、ああいう乗り方は恐ろしくてできない。

クレイジーの歌うバカは、バカをとことん極めよと我々普通のバカたちへの応援歌とも聞こえるのだが、前出のバカたちは、本当に死にたいのでは?と思うくらい救いようのないバカ。そういうバカは死ななきゃ直らない?、いや死んでも直らないのだろう。こんなことをコメントする私や私の父は、不謹慎であろうか。



[参考・引用]
[1]津波警報の中…1300人がサーフィン、2010年3月4日、日テレニュース、
http://news24.jp/articles/2010/03/04/07154706.html
[2]チリ地震、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%AA%E5%9C%B0%E9%9C%87
[3]1.津波の基本知識、津波防災マニュアル、石垣島地方気象台、
http://www.jma-net.go.jp/ishigaki/tmanual/1syou.htm
スポンサーサイト
[ 2010/03/06 22:44 ] music/音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/227-06408fa4