ミゾロギアキラのあそべるガレージ

自動車雑誌「CG(カーグラフィックス)」や「NAVI」で有名な二玄社から楽しい車の絵本が発売された。おやこであそぼう立体絵本「ミゾロギアキラのあそべるガレージ」(溝呂木陽・作、二玄社)がそれだ。先々月、久しぶりにイラストレーター、溝呂木陽さんのホームページを訪問すると、この絵本の予告がされているではないか!12月の発売を楽しみに待ち、開始されるや即購入。今までにはなかったクルマノエホンの誕生だ。

絵本を開くと、ガレージやガソリンスタンド、丘を抜けてトンネルをくぐった先は真っ青な海といった3Dジオラマが広がる仕組み。そこへ付属するペーパークラフトのクルマや人、標識などを切り取って組み立てれば、様々な舞台に合わせて、自由な物語が展開できる。あとは読者の想像力次第で、楽しみは2倍3倍に膨らむ。

ペーパークラフトで組み立てられるクルマは、クルマの絵本の常連、赤いミニと、今まで絵本にありそうでなかった青いBMWイセッタである。舞台風景の中にはシトロエン2CVもさりげなく描かれている。ミニはボンネットやドアが開く凝った作り。できれば、イセッタのフロントドアも開くようにしてくれれば完璧であった。

登場するキャラクターは、男の子ジェイと女の子エイミー(兄妹か?)、犬のジョジョ、それに友達のハリーにジョジョのライバル、猫のミュウミュウ。男の子のジェイは、カーデザイナーのジェイ・メイズ(※)から名づけたそうだ。

とにかく絵本の詳細はこちら↓から。ここでは詳しく説明しないが、ガレージの中の机の上にはCG誌が、書棚にはSuperCGやNAVI誌も置いてある(二玄社への細かい気遣い)。AA(Automobile Association)やRAC(Royal Automobile Club)のGBなホーロー看板なんかも飾ってあって、エンスー父さんもにんまりの仕掛けの数々。こんなガレージ欲しいなあ。書斎兼、工作室兼のガレージ。書棚にはクルマの絵本をいっぱい並べて。
http://www.nigensha.co.jp/cgclub/amizogarage/amizogarage01.html(二玄社HP)
http://www8.ocn.ne.jp/~mizorogi/asoberugareji.html(ミゾロギアキラ氏HP)

楽しくあそぶ姉弟
楽しくあそぶ姉弟

購入したことを息子にはしばらく黙っていたのだが、彼のするどい嗅覚で本棚に楽しそうな絵本があるのを発見された。それからは「作って、作って」とうるさいこと。なんとか週末まで我慢させて、役者たちや小道具を小一時間で完成させる。厚手の紙なので、立体的なクルマを作るのはなかなか大変でした。

リカちゃん人形とのコラボ
リカちゃん人形とのコラボ

勿論、我が家の子供たちはこの立体絵本に釘付け。彼ら独自の世界を展開していた。面白いのは、この立体絵本と他の玩具を組み合わせて遊ぶこと。お姉ちゃんは、最近はほとんど遊んでいないリカちゃん人形とミニチュアセットを出してきて、バーチャルな世界をくり広げる。リカちゃんは、ジェイやエイミーのご近所さんなのだそうだ。

溝呂木陽
溝呂木陽

ミゾロギさんは続編も構想中らしく、今後の展開に期待!さて、そのミゾロギアキラ(溝呂木陽)さんは、1967年、千葉県市川市に生まれる。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒。中学生の頃から、しつこく60年代のクルマを描き続け、現在は海外に行き食べた物や買った物、散歩の風景を色鉛筆で絵日記に描くのもライフワークとなっている。趣味は、映画とミニチュアカー、車の模型づくりと南の島。著書に展開図をまとめた本として、ヨーロッパ車を中心にした「紙のクルマ」、日本車を中心にした「紙のクルマ2」、60~70年代のスポーツカーの「紙のクルマ3」(いずれも二玄社刊)などがある。私が溝呂木さんを知ったのは、カングーを購入した際に、ルノー・ジャポンから彼の手によるルノー・カレンダー(2004年版)をいただいてから。素敵なイラストでいまだに大事に飾っている。

ところで二玄社からは、本作に引き続き「ポップアップ・カーズ/POP-UP CARS 絵で見る自動車発達史」(ロバート・クラウサー・作)というポップアップクルマ絵本を発売した。二玄社はクルマの絵本に力を入れ始めたようだ。嬉しいことである。

J Mays

(※)ジェイ・メイズ(J Mays):
1954年アメリカ生まれ。カリフォルニア・アートセンターを出た後アウディ入社。83年にわずか1年間だが、BMWに移籍後、再びアウディに復帰。VWカリフォルニア・スタジオを開設し、95年退社。現在はフォードのデザイン担当副社長を務める[1][2]。


[参考・引用]
[1]スペシャル対談 「ジェイ・メイズ × 由良拓也」、ゆらたく屋、
http://www.mooncraft.jp/yuratakuya/rakugaki/motor35/talk/taidan_1.html
[2]世界のカリスマデザイナーたち(その4)ジェイ・メイズ/フォード、Response、
http://response.jp/article/2000/06/08/2562.html

ミゾロギアキラのあそべるガレージミゾロギアキラのあそべるガレージ
(2009/11)
溝呂木 陽

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント

  1. ミゾロギ | SFo5/nok

    ありがとうございます。

    ミゾロギアキラです。
    すてきなご紹介ありがとうございました。ホント、励みになります。
    こちらのサイトもブログにて取り上げさせていただきました。
    よろしくお願いいたします。

    ( 09:39 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最近の記事