クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

シトロエンDS  

シトロエンDS

その近未来的なスタイリングは、個性的なフランス車の真骨頂である。誰も真似が出来ないシトロエンDS。今でもこのクールでスノッブなスタイリングは先進的である。

スタイリングだけではない。1955年、フランス最大のモーターショー、パリ・サロンに登場したシトロエンDS19のメカニズムも独創的で、「ハイドロ・ニューマティック・サスペンション・システム」という画期的な装置を搭載した。今でこそ、電子制御のエアサスや油圧式サスといったアクティブ・サスペンションが珍しくないが(最近では、オーディオメーカのボーズが、リニア電磁モータで制御する電磁式サスも開発している![1])、これは4輪サスペンションの上部に空気室と液体室を持つユニットがあり、4輪はパイプでつながれ、液体が満たされている。液体は各車輪間で相互に力を及ぼし合うことで減衰力を生み出し、空気がバネの役割を果たすというもので、要するに油圧と空気圧を使ってメカニカルにバネとダンパーの代用をさせている。さらに、油圧ポンプで液体に圧力をかけているので、車高調整を行うことも可能だ[2][3]。

また、サスペンションだけでなくブレーキ、ステアリング、ホイール、クラッチ、ギア・レバーも油圧でコントロールされていた。さらにいえば、ディスク・ブレーキ(前輪)を持った世界初の量産車でもあったし[4]、67年のマイナーチェンジ版、いわゆるDS21では埋め込み式2灯の前照灯からカバー付の4灯式デュアルライトに変更。その内側2灯は、ステアリングの操舵角に連動して機械的に首を振り、進行方向を照射するシステムを搭載した[5]。これは、’03年のトヨタハリアーに代表されるように、最近各メーカで普及し始めたAFS(Adaptive Front-Lighting System)といわれる配光可変型前照灯システムの先駆的技術である。このようにデザイン、技術ともに時代の最先端を走った車だった。

「L’automobile」シトロエンDS

DSって何の略?と素朴な疑問が生まれるが、フランス本国では「デ・エス」と発音される。その正確な語源は「開発コードの省略形」とも「Désirée Spéciale(特別な憧れ)」の略とも言われるが詳細は不明である。しかしそれらに、「女神」を意味するフランス語である「déesse」の短縮形をダブルミーニングしているという説も根強いそうだ[5]。

シトロエンDS(2)

DSというと、映画「ジャッカルの日」(原題は「The Day of Jackal」、フレッド・ジンネマン監督)を思い出す。フレデリック・フォーサイスの原作で、エドワード・フォックス扮するコードネーム「ジャッカル」のスナイパーが、ドゴール大統領の暗殺を請け負う物語。事前に情報を察知したフランス警察・諜報機関とジャッカルの死闘が見ものである。大統領も含めた閣僚専用車が、全て黒のDSだったことが印象に残っている。渋いエドワード・フォックスが超coolだ。

シトロエンDS(3)

[参考・引用]
[1]BOSE HP、ボーズサスペンションシステム、
http://www.bose.co.jp/auto/innovations/suspension.html
[2]クルマde.com、ハイドロ・ニューマティック・サスペンション、
http://www.kurumade.com/top.html
[3]シトロエンジャポンHP、シトロエンの歴史 第二回「理想的なサスペンションの追求」、
http://www.citroen.co.jp/timeline/02.html
[4]自動車の本、エンツォ・アンジェルッチ、アルベルト・ベルッチ共著、高岸 清監修、草壁焔太訳、講談社、p222
[5]シトロエンDS、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%BBDS

ジャッカルの日 (ユニバーサル・セレクション2008年第1弾) 【初回生産限定】ジャッカルの日 (ユニバーサル・セレクション2008年第1弾) 【初回生産限定】
(2008/01/12)
エドワード・フォックス.アラン・バデル.トニー・ブリトン.シリル・キューザック.ミシェル・ロンスデール.エリック・ポーター.デルフィーヌ・セーリグ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Posted on 2006/09/03 Sun. 01:45 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/19-06ff1797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク