クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

スバル・サンバー  

スバル・サンバー4代目KT前期型

絵本「じどうしゃにのった」の主役スバル・サンバーは1982年式の4代目前期型(上写真)であるが、初代サンバーの市販は、私が生まれる1年前、昭和36年(1961)にさかのぼる。

初代サンバー・トラック
初代サンバー・トラック

初代モデルは、以前にも紹介したスバル360の百瀬晋六をチーフエンジニアに開発され、1960年の東京モーターショーで発表された。軽トラックとしては早くから積載効率の高いキャブオーバー(1BOXでのようにボンネットのないフロント形状)を採用、スバル360の技術を踏襲したリアエンジンリアドライブ(RR)、四輪独立懸架方式を採用。RRはフォーミュラカーや、フェラーリ、ポルシェなどの一部の高級スポーツ車などが採用する方式なので、「農道のポルシェ」と冗談で評されることもあるらしい。商用車としては、当時からそのサスペンションの優秀さはピカイチと評価されていた。エクステリアデザインは個性的で誰が見てもサンバーのそれとわかる。そのファニーフェースの形状から「クチビルサンバー」と呼ばれた。絵本のモデルにしやすいクルマだ。

ニューサンバー サンバー550
(左)ニューサンバー(右)サンバー550

その後、1966年登場の2代目「ニューサンバー」(私はこのバンモデルのデザインが好きだ)を経て、1973年登場の3代目「剛力サンバー」は空冷エンジンから水冷エンジンに変更。1976年1月の軽自動車規格改定(排気量が360ccから550cc、全長・全幅も拡張)では規格変更に対応できず、500cc、4サイクルエンジンを搭載した「サンバー5」が1年間のみ登場。その後、1977年に完全新規格の「サンバー550」となる。赤帽(全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会)で使用する車両がサンバーに統一されたのもこのモデルである。1979年には軽キャブバン初のハイルーフ車発売。1980年には軽キャブオーバー初の4WD車設定[1]。

サンバートライ後期型 4代目サンバートラック後期型
(左)サンバートライ後期型(右)4代目サンバートラック後期型


「じどうしゃにのった」のモデルである4代目KT型が登場するのは1982年。ワンボックスタイプが「サンバートライ」となる。トラックとトライではフロントウインドーの角度が異なるのが特徴。1987年には大幅マイナーチェンジが施され、フロントフェイスが一新。トライは異型角型ヘッドライトに、トラック/バンのガーニッシュ(ヘッドライトの目の黒い縁取り)も逆台形から通常台形に変更されている[2]。前出書のモデルは前期型の逆台形ガーニッシュ。

6代目現行サンバートラック(赤帽仕様)
6代目現行サンバートラック(赤帽仕様)

5代目は1990年の規格改定により660ccとなり、軽商用車唯一の4気筒エンジンを搭載した。1999年から現行の6代目サンバーとなり現在に至っている[1]。

様々なモデルチェンジを経て今日に至るサンバーであるが、一貫してリアエンジンリアドライブ(RR)レイアウトを採用し、プロ好みの通な商用車として人気のある車種であるが、どうもこの6代目でその歴史の幕を閉じそうである。

富士重工業は常に不安定な経営を余儀なくされているが、特に5代目以降の資本関係はめまぐるしく変わっている。「スバル360と百瀬晋六」でも紹介したように富士重工業は、戦前の中島飛行機が母体となっている。1968年から1999年までは、同じ中島飛行機を系譜に持つ日産自動車と資本提携、日産グループ傘下にあった。2000年に経営再建の一貫として日産が富士重工業株の売却を決め、放出株全てをGMに売却。しかし、GMの業績悪化に伴い2005年には、GMが保有する富士重工株20%をすべてを放出。放出株のうち8.7%をトヨタ自動車が買い取って筆頭株主となり、2008年4月10日にトヨタ自動車が第三者増資で17%程度まで引き上げを行い、富士重工業の軽自動車部門は、2009年以降段階的に自主生産から撤退、トヨタグループのダイハツ工業からのOEM供給を行うことを表明した[3]。これで、サンバーも含め、スバルの軽ブランドの存続はほぼなくなったと見てよい。

フォルクスワーゲン風のカスタムカー キャンピングカー仕様
(左)フォルクスワーゲン風のカスタムカー(右)キャンピングカー仕様

このニュースを聞いて熱狂的な「スバリスト」たちの、富士重の車としてサンバーの存続を求める声が増えているらしい。性能・機能の良さもさることながら、キャンピングカーなどにカスタマイズをして楽しむファンが多いそうだ。そういえば、時折VWバスにそっくりな小さなカスタムカーを町で見かけるが、これもサンバーべースとのこと[4]。インターネット交流サイト最大手「ミクシィ」では、元スポーツニッポンの記者で自動車担当をしていた木下繁さんが「サンバー廃止反対署名コミュ」というコミュニティーサイトを立ちあげているという情報もある[4][5]。

どこをとっても金太郎飴のトヨタが、個性派集団のスバルをどこまで料理できるかは、甚だ疑問である。はっきり言って、トヨタが富士重工業に求めていたものは、軽自動車でも水平対向エンジンでも、4WDでもない、航空機関連事業だ。トヨタは近い将来ビジネス機市場への参入を目論んでいる。自動車ブランドの老舗、スバルの個性がつぶされなければ良いが、心配である。

個人的には、ゴーンさんが日産との資本関係を継続しておけばよかったと今になって思う。日産は、富士重を売却した後にスズキや三菱から軽自動車のOEM供給を受けている。海千山千の鈴木社長よりも、資本関係にあった富士重の方がコントロールしやすかったはずだが、日産は軽自動車が非常に重要な市場になることを見抜けなかった(ハイブリット車開発の遅れやクライスラーとの業務提携など、ゴーンさんはどうも将来を読む眼力がない)。日産における軽自動車の弱点を考えれば、サンバーを見捨てることもなかったのではないかと残念に思う。

正直、絵本「じどうしゃにのった」を調べるまでは、この一見普通の軽自動車がこれほど人を熱くさせるクルマだとは思わなかった。まだまだ知らない名車が数多くある。

「じどうしゃにのった」のサンバー
「じどうしゃにのった」のサンバー

[参考・引用]
[1]スバル・サンバー、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC
[2]サンバーの歴史、スバルサンバー、軽トラック研究会、
http://www.hinanet.ne.jp/~k-truck/sambarrekishi.htm
[3]富士重工業、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E9%87%8D%E5%B7%A5%E6%A5%AD#.E3.81.9D.E3.81.AE.E5.BE.8C.E3.81.AE.E6.8E.A8.E7.A7.BB.E3.81.A8.E6.A5.AD.E5.8B.99.E6.8F.90.E6.90.BA
[4]消えないでサンバー、2008年12月11日、読売新聞、
http://www.yomiuri.co.jp/atcars/nichiyou/20081211ni_01.htm
[5]スバルサンバー廃止反対運動について、「埼玉在住fromSAITAMA」、
http://blogs.yahoo.co.jp/saitamazaijuu2005/55224092.html
[6]スバルサンバーモデルの変遷、SUBARU博物館、スバルWEBコミュニティ、
http://members.subaru.jp/web_community/about/museum/subarusambar/03.php
スポンサーサイト

Posted on 2009/05/06 Wed. 11:15 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2009/05/22 08:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/178-830c06e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク