クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

自動車の本  

自動車の本

前回の戦車を調べる参考資料として使ったのが、「豪華イラスト版 自動車の本 夢を追う世界の名車1000」(エンツォ・アンジェルッチ、アルベルト・ベルッチ共著、高岸清監修、草壁焔太訳、講談社)である。原著は”LE AUTOMOBILI・1000 MODELLI DI TUTTO IL MONDO DALLE ORIGINI AD OGGI”(Enzo Angelucci、Alberto Bellucci、Arnoldo Mondadori Editore)の豪華イタリア本だ。


「自動車の本」一部

日本語版は1978年初版ですでに絶版となっているが、約30年前当時で定価7,800円、現在は古本やオークションで諭吉先生約1枚分が相場となっている貴重本だ。私も図書館で見つけて購買欲に火がつき、奥さんに嘆願して購入したのだが、A4版、279頁のボリュームある内容は資料的価値が高く(自動車の栄光の歴史だけでなく、戦車も含め戦争に使われた車についてもかなり頁を割いている)、なによりもその豊富なイラストの美しさに感動する。写真ではなく、全てイラストに統一をした著者のセンスの高さが伺える一冊。大人の鑑賞に堪え得る、まさに大人のクルマ絵本である。

著者のアンジェルッチ氏は飛行機や船の本、児童向け図書など多数執筆する。ベルッチ氏はイタリアで有名な自動車ジャーナリストで、TVやマスコミで活躍している。日本語版監修の高岸さんも数々の自動車関係本を執筆、翻訳されている専門家であるが、私の興味を引いたのは訳者の草壁焔太(えんた)さんである。彼は五行歌というウタを創始し、「五行歌の会」を主宰する歌人・詩人である[1]。この手の本だと、二玄社の小林彰太郎さんあたりが翻訳をしそうであるが、歌人が自動車の本の翻訳?、ちょっと不思議な人選だと思った。

[参考・引用]
[1] 五行歌の会 草壁焔太主宰 略歴、http://5gyohka.com/enta.htm
スポンサーサイト

Posted on 2006/08/21 Mon. 13:41 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/16-a07fe903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク