エンスーな指揮者、カラヤン

1975 Porsche 911 31 Turbo RSR&Karajan

大晦日だ。普段、JAZZやポップス、ロックばかり聴いているので、年の瀬ぐらいはクラシックでも聴いて、少し厳かな気持ちで最終日を過ごそうと3枚のCDを引っ張り出してきた。

モーツァルト・ミサ曲ハ短調K.317「戴冠式ミサ」
モーツァルト・ミサ曲ハ短調K.317「戴冠式ミサ」

1枚目はモーツァルトの声楽曲、ミサ曲ハ短調K.317「戴冠式ミサ」(カラヤン・指揮、ウィーン・フィル、グラムフォン)。この曲は、モーツァルトの書いた20曲にも及ぶミサ曲の中でもっとも有名な作品。私の持っているCDは、1985年ローマ・カトリックの総本山、ヴァチカン・サンピエトロ大聖堂で行われた、ヨハネ・パウロⅡ世による荘厳ミサの模様を収めたもの[1]。一般のコンサート会場とはまた違ったスケール感で、神聖な音の響きがあり、法王のミサという状況も合わせて極めて荘厳な気持ちになる。一時ウィスキーのCMで日本でも有名になったキャサリン・バトル(Kathleen Battle)などの歌声が聴ける1枚。

ブラームス・交響曲第1番ハ短調作品68
ブラームス・交響曲第1番ハ短調作品68

2枚目はブラームスの交響曲第1番ハ短調作品68(カラヤン・指揮、ベルリン・フィル、グラムフォン)。これもまた有名なシンフォニー。ブラームスが21年の歳月をかけて書いた大作である。その完成度の高さから、かのベートーヴェンもしのぐという意味で「第9」に続く「第10」交響曲とも言われている。私が大学生の時に初めてフルで聴いて、大変好きになった楽曲だ。あのTVドラマ「のだめカンタービレ」の中でもキーとなる曲として用いられた。

ベートーヴェン・交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」
ベートーヴェン・交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」

もう1枚はベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」(カラヤン・指揮、ベルリン・フィル、ウィーン楽友協会合唱団、グラムフォン)。日本の大晦日には定番の「第九」だ。解説はいるまい。

よくよく見ると、偶然にも3枚ともカラヤン指揮のものだった。親父がカラヤン党だったので、知らず知らずのうちに刷り込まれていて、カラヤン版を買っておけば間違いないと思ったのだろうか。そういえば、カラヤンもT型フォードと同じ1908年生まれ。今年は生誕百周年だったと今日気がついた。

1954 Mercedes 300SL Gullwing&Karajan
1954 Mercedes 300SL Gullwing&Karajan[5]

その故・帝王ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)は、無類の自動車好き、スピード狂としても大変有名であった。[2]によれば、愛車歴はメルセデス・ベンツ 300SL、ポルシェ・356、ポルシェ・911、BMW、フェラーリ、ロールス・ロイス、アウディ・クワトロなど。何ゆえかスバル・レオーネを愛用したこともある(富士重工製のジェットを所有していたつながりらしい)。運転技術はF1ドライバーのニキ・ラウダ直伝!。金と名声があるだけに半端でない趣味だ。自らジェット機を操縦することは知っていたが、こんなにもエンスーな方だったとは。

個性のある音楽家たちをうまくコントロールして、美しい音を導き出すことに快感を覚えるマエストロという職業と、個性的なクルマを操り、快感を得ることには、どうも共通点があるようだ。

1959 Porsche RSK Spyder&Karajan
1959 Porsche RSK Spyder&Karajan[5]

1969 Porsche 908/2 Spyder Flunder&Karajan
1969 Porsche 908/2 Spyder Flunder&Karajan[5]

ポルシェ好きで、特に「911」を愛していたのは有名な話。最晩年(ということは80歳を越えてから)には赤いポルシェ・959にも乗っていた。完璧主義者ゆえに、メカやテクノロジー好きな彼にとって、ちょっと理屈っぽいポルシェは格好の趣味の道具だったに違いない。同じオーストリア人として、ポルシェ博士を敬愛していたのかもしれない。

彼のこんな逸話を思い出しながら、「第九」を聴いて新年を迎えることにしよう。

[参考・引用]
[1]新版 不滅の名曲はこのCDで、志鳥栄八郎、朝日新聞社、1991
[2]ヘルベルト・フォン・カラヤン、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%B3
[3]カラヤンと911ターボ、Column(カーライフ雑感)、2008/07/27
[4]音楽家と車、自動車徒然、
http://www.eonet.ne.jp/~ghibli-20gt/jioushaturezure/turezure.htm
[5]Karajan Other Activities、Motorcycles and Cars、Karajan The Great Austrian Conductor、
http://www.karajan.co.uk/cars.html
スポンサーサイト
[ 2008/12/31 20:11 ] music/音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/155-336c7572