クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

MG Midget Type-M  

MG Midget Type-M

MG、この響きは多くのエンスー、特に英国車党を虜にしてきた。Morris Garageの略であるM.G.は、1924年、モーリス自動車(Morris Motors)の経営者であったウィリアム・モーリス(William Morris)がモーリス車のスポーティ・バージョンを製作する会社として設立した[1]。トヨタのTOM’S、日産のNISMOといった感じだろうか(こんな比較をするとMGファンには怒られる?)。1928年秋、ロンドンモーターショーで伝統の“ミジェット(Midget、小人の意)”を名乗る最初のモデルとして、デビューしたのがこのMタイプである[2]。今や中国資本の会社(※)となったMG(これもMGファンは気に入らない?)の、ミジェットの源流、オリジンなクルマだ。

※2008年現在、MGは南京汽車傘下となっている。

Morris Minor 1928
Morris Minor 1928

タイプMのベース車は当時のモーリス自動車の小型大衆車“マイナー(Minor)”。Midget の重要性は、それまでのフランスからの輸入車のように、高価で格式ばったモータースポーツのイメージを打破したいと切望する一般大衆のための、本当に安くて実用的な英国のスポーツカーを提供することにあった[3]。Minorのエンジンは当時まだ珍しいSOHCエンジン、同じオーバーヘッドバルブ形式ではあるが、カムシャフトの駆動方式としてはSOHCより旧式のプッシュロッドを持つOHVどころかサイドバルブ形式が主流だった当時にしてみれば最先端のエンジンである。当然のようにピュアスポーツを目指したタイプMには、4気筒847ccのシングルカムユニットが搭載された[2]。エンジン出力は20馬力。駆動形式はFR、3速マニュアルミッション搭載[3]。

タイプMは、オープン2シーターと思われがちであるが、1931年からは27馬力のクーペモデルも追加されている。オプションで4速マニュアル、これまたスーパチャージャー付も用意されたらしい[3]。

車体構造は、木材のフレームにベニア板が貼られ、さらに布地をかぶせて軽量化を図っている。エンジンフード部は金属製であったが、重量は約500kgなので、巡航速度で時速50マイル(時速80.5km)、トップスピードで時速65マイル(時速104.6km)をはじき出した[3]。後部のデザインは絞り込まれた独特のポンテッドテイル形状をしている(下記上図)。「ブルブルさんのあかいじどうしゃ」でも16-17頁でその特徴が見て取れる。

MG Midget Type-M(上)とDouble Twelve(下)
MG Midget Type-M(上)とDouble Twelve(下)

この軽量化のおかげで、レースでの戦果も数々と。Mタイプのレース仕様は“Double Twelve”タイプといわれた(上記下図)。つまり”24”、でもジャック・バウアーではない。車体形状はノーマルと多少異なり、折りたたみ式のフロントガラス、切り欠きのあるドア形状、フードストラップ付、そして高容量の燃料タンクとなる[3]。「ブルブルさんのあかいじどうしゃ」は、この特徴に当てはまるので、これば“Double Twelve”タイプのレースバージョンがモデルであろうか。

クーペと同じ27馬力のエンジンを搭載。1929年のLand's End Trialでプライベート、オフィシャルチームともに優勝、1930年のBrooklandsのレース(ル・マン24時間レ―スに最も近い英国公認レース、伝説の車Chitty Bang Bang 1号車、“Chitty1”もここで優勝している!)ではクラス優勝、全チームが完走している[3]。同年、ル・マンにもエントリーしたが、出場2台とも完走には至らなかった[1]。

さて、最大の魅力である価格は1929年当時で175ポンド、モデル最後の1932年で165ポンドと資料[3]にはあるのだが、どれくらいの相場なのか全く見当もつかないくらい古ーいクルマです。

[参考・引用]
[1]MG、Wikipedia、
http://ja.wikipedia.org/wiki/MG_(%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A)
[2]1928年 MG Mタイプ・ミジェット、名車館、GAZOO.com、
http://gazoo.com/meishakan/meisha/shousai.asp?R_ID=7273
[3]SPORTS CARS 1928-39、T.R.Nicholson、J.W.Wood、p48、133-34、Blandford Press、1969 
スポンサーサイト

Posted on 2008/12/06 Sat. 20:58 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/150-37754bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク