クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

ガンピーさんのドライブ  

ガンピーさんのドライブ

ゴールデンウィークも後半に入り、車でドライブに出かける人も多いと思う。今年は、馬鹿げた道路特定財源の暫定税率復活によりガソリンも高値に戻っての連休となり、ドライブ族にとっては非常に痛い。我が家は遠出の計画はなく、安近短で済ませる予定だ。今回紹介するのは、そんな俗世の悩みとは無縁の、楽しいドライブ絵本「ガンピーさんのドライブ(原題は“Mr Gumpy's Motorcar”)」(ジョン・バーニンガム/John Burningham・作、みつよし なつや・訳、ほるぷ出版)である。

ガンピーさんは赤いクラシカルなじどうしゃに乗ってドライブにお出かけ。途中、2人の子供たちとうさぎ、ねこ、いぬ、ぶた、ひつじ、にわとり、こうしにやぎと大勢の動物たちが一緒に連れて行ってと乗り込んでくる。ぎゅうぎゅうづめになった赤いじどうしゃで、たくさんの楽しいこと、ハプニングに遭遇するお話。

「ガンピーさんのドライブ」その1

のどかな英国の田園風景を背景に、ガンピーさんと子供たち、動物たちとの穏やかな交流が描かれている。バーニンガム独特のタッチのペン画が、この暖かな雰囲気を増長させる。延々と緑の丘陵地帯が続く英国のカントリーロードは険しい山道も少なく、適度なアップダウンがあり、オープンカーでドライブするには本当に気持ちが良さそう。どこへ行っても民家や車、人だらけの日本であるが、新緑清々しいこの季節は、こんな風景の下でドライブをしてみたいものだ。そんな気持ちにさせるバーニンガム氏の爽快な挿絵だ。

英国のカントリーロード
英国のカントリーロード

ガンピーさんシリーズは他に「ガンピーさんのふなあそび」(原題”Mr Gumpy's Outing“)がある。ジョン・バーニンガムは「チキチキバンバン・まほうのくるま」でも紹介した英国人作家。巻末の紹介文によると、チキチキバンバンのモデル車両は作者のイアン・フレミングと共同で設計したそうだ。

ガソリンの急騰のおかげか、今年のゴールデンウィークでの移動手段は、自動車が減少、電車利用が増加しているらしい。環境負荷低減という意味では、暫定税率の復活の効果はあったのかもしれない。車のドライブにあまり適さない日本国内では、公共交通利用とか自転車、ウォーキングでエコな休日を過ごすのが無難なようだ。

Mr.Gumpy's Motor CarMr.Gumpy's Motor Car
(2002/08/01)
John Burningham

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Posted on 2008/05/03 Sat. 15:20 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/122-947850be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク