クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

ダットさん  

ダットさん

この正月にたまらないクルマ絵本を見つけてしまった。タイトルは『ダットさん』(こもりまこと・作、教育画劇)、昨年11月に出版されたばかりで、ダットサン・フェアレディS310系が主人公の絵本だ。そのほかにもエスハチことホンダS800、ヨタハチことトヨタ・スポーツ800など、戦後を代表する日本のヒストリックカー満載のエンスー度もさることながら、個人的には私が住む横須賀が舞台な点に、この絵本との運命的出会いを感じてしまった。

「ダットさん」その1

ストーリーはこうだ。ダットさんとエスハチくんがなかよくドライブ。あるトンネルに差し掛かったときに、エスハチくんがなんか変な気分になる。ダットさんは、「ここはおじいさんが『つきのトンネル』と呼んでいた変なトンネルなんだ」と意味深な発言をする。ヨタハチくんもドライブに誘おうとしたとき、車の誘拐犯一味『つきぼしだん』の三つ目のトラックにさらわれているヨタハチくんを発見。彼らはトラックを追いかける。と、アメリカンな仲間たちの邪魔が入りトラックを見失ってしまう。

「ダットさん」その2

『つきぼしだん』の居場所を知っているエヌコロ(ホンダN360)ちゃんの情報で、彼らはその夜、誘拐されたクルマたちを助けに出かける。うまく助けられたと思ったそのとき、『つきぼしだん』に見つかってクルマたちの大カーチェイスが始まる。そしてあの『つきのトンネル』で敵の挟み撃ちにあったとき、秘密の呪文「ルネントマパッオ(追浜トンネル)」を唱えると・・・。

これまでヨーロッパのヒストリックカーを中心に描き続けてきたこもり氏が、日本のヒストリックカー本に挑戦した意欲作である。帯には「超大作くるま絵本!日本の名車の大活劇!」とある。日本車ファンには待ってましたの一冊だ。

「ダットさん」その3

ファンタージエンな不思議なお話であり、舞台設定はあくまで空想の街なのであるが、所々に描写されている風景は明らかに横須賀をモデルにしている。追浜(おっぱま)なんて珍しい地名は横須賀以外にありえない。くねくね道沿いのさびれた商店街、左端に見えるふくろうの大時計、これはなんと私が以前に住んでいた浦郷町榎戸(正確には浦郷町二丁目)の風景そのものではないか!『つきぼしだん』を追いかける海の見える畑の風景は、三浦の大根畑だし、最後に出てくる灯台は恐らく観音埼灯台だ。そして「ルネントマパッオ(追浜トンネル)」も実際に存在する。

実際の浦郷町二丁目
実際の浦郷町二丁目

横須賀は非常にトンネルの多い街だ。なんでも市内に鉄道・道路をあわせて120箇所以上あり、その数は日本一だそうだ[1]。京浜急行追浜駅から駅前通りをまっすぐ日産追浜工場方面へ進み、横浜ベイスターズの2軍チーム湘南シーレックスのホーム、横須賀スタジアムを左手に過ぎ、その先の信号、夏島交差点を右折するとすぐに「追浜トンネル」が出現する。この夏島交差点⇔船越交差点間のくねくねした県道は、横浜方面から国道16号をショートカットするのによく使われている。先のふくろう時計は、その先の「榎戸トンネル」を過ぎてすぐにある。その先にももう一つ「日向トンネル」がある。そういえば、この道を夜中に暴走族がバリバリとよく通っていたなあ。

本当の追浜トンネル
本当の追浜トンネル

また、追浜は日産自動車追浜工場と総合研究所が存在する日産の拠点の一つ。ダットさんの設定にはもってこいの場所だ。ついでにトリビアな話をすれば、この日産の敷地は、戦前海軍航空隊が設置されていた場所で、海軍航空技術廠(今で言う空軍技術研究所)が開設された地でもある。日本初のロケット機「秋水」の飛行実験はこの海軍航空隊の飛行場で行われたのだが、昨年「」の項で紹介した日産のテストコース「グランドライブ」はこの跡地である[2][3]。

話は横須賀のことばかりになってしまったが、それだけ横須賀のクルマ好きにとってはうれしい一冊なのである。子供たちもお出かけで市内のトンネルを通るたびに「ルネントマパッオ!」とうるさい。もちろんエンスー父さん方も是非ご一読あれ。ちなみにバルンくんも一箇所登場しているのだが、どこにいるかわかるだろうか。

[追記]
ダットさん第2弾『ダットさんうみをはしる』もあるよ!



[参考・引用]
[1]トンネルの数は日本一、よこすか一番物語、p11、よこすか未来塾編、かなしん出版
[2]初のロケット機飛行実験、よこすか一番物語、p41、よこすか未来塾編、かなしん出版
[3]海軍航空隊と追浜 ~旧海軍航空隊飛行場~、三浦半島の近代をたずねて、神奈川県ホームページ、
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/yokosanac/kikakukenmin/kenmin/isan/kindai01-3.html
[4]★トンネル風景★ 横須賀風物百選、Deep City横須賀、
http://blog.goo.ne.jp/tivgdtd/e/8cb33865a9dd53a538ff8ca45c517915
スポンサーサイト

Posted on 2008/01/05 Sat. 16:01 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 1   cm: 1

コメント

コメントいただきありがとうございました!

あの「つきのトンネル」、実在していたんですね!
横須賀をモデルに描いていたとは知りませんでした。
機会があれば追浜トンネルを走ってみようと思います。

URL | ぎん #1crC0oZg
2008/01/10 23:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/104-eede5880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダットさん

こもりまこと氏の素敵系自動車絵本「ダットさん」

日々雑感II | 2008/01/08 21:36

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク