クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

ぼくとねずみのいそげ、じどうしゃ!  

ぼくとねずみのいそげ、じどうしゃ!

謹賀新年。年末には生意気なことを書いてしまったが、翻って己の所作はどうなのか?と反省しつつ、他人に厳しく自分に甘くは今年も続きそう。ただ、なるべく血圧を上げぬよう冷静さを保った大人のふるまいが今年の目標。

さて、今年は子(ねずみ)年、十二支が一巡した最初の年である。うるう年のオリンピックイヤーでもある。このブログも足掛け3年目に突入。新年最初のクルマノエホンは「ねずみ」にちなんだものにしよう。2008年エントリーNo.1の絵本は「ぼくとねずみのいそげ、じどうしゃ!」(佐々木マキ・作、福音館書店)である。ポップな絵なので、今年の年賀状の挿絵に使わせてもらった。

レオ・レオニ「フレデリック」
レオ・レオニ「フレデリック」

ねずみが主人公の絵本は世界にあまた大量に存在する。それだけねずみは絵本の題材にしやすい、子供たちが親しみやすいキャラクターといえる。有名なところでは中川李枝子さんの「ぐりとぐら」シリーズ、上野紀子さんの「ねずみくんシリーズ」、アニメにもなっているルーシー・カズンズの「メイシー」もそうだ。巨匠レオ・レオニの作品にもいくつか「ねずみ」本がある。絵本ではないが娘のクリスマスのプレゼント「レミーのおいしいレストラン」も主人公はねずみだし、私も子供たちも大好きな「トムとジェリー」のジェリー・マウス等々。ネズミノエホンというテーマでブログが作れそうだ。(まだ衛生状態がよくなかった小生の子供時代には、住宅街でもドブネズミを時々見かけたが、実際人と共存するネズミはあまりカワイイものではない。むしろ怖かった。)

でも自動車が登場するねずみ絵本は、私が知る限りあまり存在しない。既出「のせて のせて」にもねずみは出てくるが登場動物のone of them。主人公という意味で珍しい一冊がこの「ぼくとねずみ…」である。

内容は、絵本というよりはアメリカンコミックばりのコマ割漫画。タンタンシリーズもそうだが、コマ割漫画というのは読み聞かせには向いていない。どこを読んでもらっているのか、聞き手側がわからなくなってしまうからだ。読んでるコマを指で追うという方法もあるが、読み手も聞き手も結構疲れる。三歳児の長男よりも自分で読める小二の長女向きの漫画絵本となっている。

「ぼくとねずみのいそげ、じどうしゃ!」その1

ストーリーは、主人公の「ぼく」が母親からおつかいを頼まれて買い物を済ませたところ、友達の「ねずみ」に出会う。ねずみ君が自分で作ったオープンカーで、ぼくとねずみはドライブを始める(おいおいお使いはどうした!)。途中、宇宙海賊ゴルドン船長一味に命を狙われ倒れていたメッケ博士とその助手犬ロッキーを助ける。宇宙海賊ゴルドン船長らは、強力バリアで守られた宇宙船ゾットスで悪事の数々。宇宙警察も手が出せない。メッケ博士は強力バリアをつきやぶる光線を発明して、金星での宇宙平和会議で発表する途中だったのだ。それを邪魔しようとするゴルドン船長一味。そこから彼らの大活劇がはじまる。「ぼくとねずみ うみにもぐる」で潜水球に乗って活躍した二人(一人と一匹)が再びコンビを組んだ第二弾となっている。

佐々木マキさんの作品にしては、割とオーソドックスなストーリーのある展開で、彼お得意のシュールでナンセンスな表現はやや影を潜めている印象。でも、所々に子供も楽しめるオチもあり、児童向け冒険活劇としては楽しく読める作品だと思う。

佐々木マキ
佐々木マキ

佐々木マキ氏は1946年10月18日、神戸市生まれ。本名長谷川俊彦(恥ずかしながら、私は女性だと思い込んでいた)。京都市立美術大学中退。雑誌「ガロ」「朝日ジャーナル」などにマンガ作品を発表。1973年の「やっぱりおおかみ」(福音館書店)、1979年の「変なお茶会」(絵本館)をはじめ、ナンセンス絵本の分野を開拓してきた。絵本に「ねむいねむいねずみ」シリーズ(PHP研究所)(そうそう、彼の作品にもねずみはよく登場します)「ピンクのぞうをしらないか」(絵本館)「ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします」(福音館書店)「スキャット大佐の記録」(リブロポート)など。マンガ作品集に「ピクルス街異聞」(青林堂)などがある[1]。

我が家では本作以外にも「ねむいねむいねずみのクリスマス」「変なお茶会」など数冊所蔵し、お気に入りの絵本作家の一人。「ぶたのたね」なんかもバカバカしい設定で大好きです。

[1]佐々木マキ、子どもの本Who's Who、
http://www.ehon.info/whoswho/MakiSasaki.html

ぼくとねずみのいそげ、じどうしゃ! (日本傑作絵本シリーズ)ぼくとねずみのいそげ、じどうしゃ! (日本傑作絵本シリーズ)
(2000/03)
佐々木 マキ

商品詳細を見る


ぼくとねずみうみにもぐる (日本傑作絵本シリーズ)ぼくとねずみうみにもぐる (日本傑作絵本シリーズ)
(1996/04)
佐々木 マキ

商品詳細を見る


ぶたのたねぶたのたね
(1989/10)
佐々木 マキ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Posted on 2008/01/03 Thu. 19:19 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ehonkuruma.blog59.fc2.com/tb.php/102-1869d1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク