クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

進化と退化  

Graham PokemonGo crazy USA
出典(左):http://cdn-02.belfasttelegraph.co.uk/incoming/article34902823.ece/7b551/AUTOCROP/w620/Graham-2.jpg
出典(右):http://www.dailymail.co.uk/embed/video/1308474.html


冒頭の衝撃的な写真(左)をネットの記事などで目にした方も多いのではないだろうか?(右の写真については後段で取り上げます)「Graham」と名付けられたこの仮想ヒューマンモデルは、オーストラリア・ヴィクトリア州の交通安全キャンペーンの一貫として、「人間が事故に耐えられようになったら」という逆説的なテーマで、外科医や事故調査官、アーティストが科学的な知見に基づいて共同で作成した、交通事故に遭遇しても絶対に死なない究極の“人間”の姿なのだそうだ。こんな絵面(えづら)になる根拠については、[1]などの記事を参照いただくと、人間が交通事故によってどのようなダメージを受けるのかがよくわかる(以前にアップした拙筆「ハッスル!エルくん!」もご参考に)。胸部にはエアバッグと同じ機能を有する臓器も加わったりしてちょっとグロテスクなんだけど、人間が現在のクルマに乗り続ければ、いずれこのような形態に進化するのだろうか。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2016/07/31 Sun. 21:06 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 0

Cars Original Soundtrack  

Cars Original Soundtrack

先日の水曜日、鎌倉は花火大会だった。7時から9時までということだったので、鎌倉を過ぎる頃にはだいぶ人出も引いているだろうと、厚木での仕事を8時頃に終え、それほど蒸し暑くもない夜風を浴びながら帰ろうかと無謀にも湘南ルート134経由で帰宅した。案の定、鎌倉の手前で渋滞にハマったが、予想よりも早く抜けられた。そして、鎌倉と逗子の間のトンネルで、ヤバい対向車列と遭遇。こういうの何て呼ぶのか知らないけれど(デコカー?)、LED電飾でピカピカとボディを着飾ったド派手なクルマたち。これってどこかで見た風景。そう、ディズニー・ピクサーアニメの『カーズ(Cars)』(米、2006)だ。ちょうど、当日朝のクルマの中でサウンドトラックの1曲、Rascal Flattsの“Life Is a Highway”をノリノリで聴いていたばかりだったので、なんだか懐かしくなった。
-- 続きを読む --

Posted on 2016/07/23 Sat. 14:33 [edit]

category: music/音楽

tb: 0   cm: 2

かず動物園  

かず動物園-ZOO IN ZOOM

今日は作者のデザインセンスを感じさせる、ちょっと変化球のクルマノエホンを紹介します。タイトルは「かず動物園-ZOO IN ZOOM」(黒岩一雄/クロイワ・カズ)という私家版、非売品の珍しい作品です(副題がマツダのCMみたいやなあ)。1964年の出版なので、私と同世代、相当古いです。
-- 続きを読む --

Posted on 2016/07/09 Sat. 14:39 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 4

ドイツvsイタリア  

mercedes vs ferrari 2016 F1
出典:http://www.thisisf1.com/wp-content/uploads/2016/02/F1-2016-to-be-Mercedes-vs.-Ferrari-Rosberg.jpg

昨日は暑かったぁ~。セミも鳴き始めたし、いよいよ夏本番。午前中は買い物や家のお掃除などいろいろやって、午後は録画しておいたEURO2016(サッカー欧州選手権)の準々決勝、ドイツ-イタリア戦を息子と観た。実力的にレベルの低いアジアの出場枠が4.5もあるW杯を考えれば、実質この欧州選手権が、南米選手権であるコパ・アメリカと並んで世界一を競うのに相応しい大会だと思う。つまり予選から世界レベルの厳しいガチンコ勝負を4年に一度見ることができるのがこの大会だ。’14ブラジルW杯3位の古豪オランダでさえ本戦のこの大会に出場できなかったのだから。
-- 続きを読む --

Posted on 2016/07/04 Mon. 23:18 [edit]

category: sports/スポーツ

tb: 0   cm: 2

TopGear 50 YEARS OF BOND CARS~世界一のスパイ ボンドが駆るクルマたち  

TopGear 50 YEARS OF BOND CARS~世界一のスパイ ボンドが駆るクルマたち

『007』、言わずと知れたイアン・フレミングの生み出した世界一のスパイ。伊達男、ジェームズ・ボンドのみならず、酒と女とクルマ、その脇役たちも年齢に関係なく世の男たちを虜にする。かくいう私も、そして愚息もその一人である。中でもボンドとクルマは欠くことのできない相棒だ。映画『007』シリーズの50周年を記念して、英BBCのおバカ自動車番組『TopGear』が歴代のボンドカーを大特集した放送分がDVD化されている。その「TopGear 50 YEARS OF BOND CARS~世界一のスパイ ボンドが駆るクルマたち」(発行・BSフジ、発売・三栄書房)を息子と先日の休日に観賞。クルマファン、007ファン必見のコレクション・アイテムだ。
-- 続きを読む --

Posted on 2016/07/02 Sat. 15:42 [edit]

category: movies/クルマと映画

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク