TAKASHI MATSUYAMA WORLD TOUR

ペーパークラフトBOOOON! CITYに親子で虜になって以来、その世界観が大好きなアソラボ。最近、私の中でラボといえば、Team Laboの猪子寿之か、アソラボのくりげんさんと坂PONさんと言っても過言ではない。あと冨田ラボかな(おっと、私の勤務先も某株式会社○○Lab.だった…)。その坂PONさんからの情報で、「MOTOR PANiC クルマだらけ、名車をさがせ」でも紹介した、イラストレーター・まつやまたかしさんの東京初個展が開催されることを知ったのが先週早々。開催期間は今月16日から月末まで。行きたいけど、ちょっと東京用事が作れないなあと思っていた先週末、東京に住む叔父が亡くなったと従兄から連絡があった。通夜と告別式が渋谷の幡ケ谷で平日に行われるという。個展の開催場所は中野。すぐ近くだ。仕事の関係で通夜だけしか参列できなかったので、不謹慎かもしれないがちょっと早めに東京へ出て、個展にも寄って来ようと決めたのだった。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

深夜に・・・

昨晩遅くにシャワーを浴びていると、修学旅行から帰って来た娘が突然入って来て、震える声で「お、お父さん、Gが…」。我が家でGとは、そうあの黒い悪魔、ゴッキーのことである。
[ 続きを読む ]

Pearl

先日『SmartNews』を読んでいて目に留まったネタ、“【感動する360°動画】クルマで暮らす父と娘の物語『Pearl』”。Googleが制作した360°ムービー『Pearl』は、1983年製のシボレー・シタシオンの車内を舞台に繰り広げられる父と娘の生活を描いた物語。娘の成長とともにスレ違う父娘。最近、娘との間に冷たい壁を感じている私と重なるところもあって、ついつい見入って、いや聴き入ってしまった。
[ 続きを読む ]

図解ゼロ戦のすべて

金曜日の午後は半休を取って、警察署に免許更新手続きに行った後、年明けから実家の行き来でほとんど顔を出せなかった行きつけの古本屋「港文堂」へ立ち寄る。いつものように店主と長話になって、ここでは書けないような最近この店が関わったディープな“事件”の数々を伺う。そしていつものように常連・一見客が入れ替わり立ち代わりやって来る間隙を縫って、さらに魔界化した書架・通路を探索していると、場所柄充実している軍事物コーナーに児童書が混ざっているのを発見した。本日ネタにする「図解ゼロ戦のすべて」(堀越二郎・監修、少年少女講談社文庫)である。
[ 続きを読む ]



最近の記事