Tesla model3

前々回紹介した時代の寵児、イーロン・マスクが考えた「人類の将来にとってもっとも大きな影響を与える3つの課題」の一つ、「持続可能エネルギー」のソリューションとして立ち上げた会社が電気自動車ビジネス・テスラモーターズ社。当社が万を持して投入した小型エントリーカー『モデル3』が先月31日に予約販売を開始した。市場投入はまだ2年近くも先の2017年末に予定されている。価格は35,000USD(納車時の為替レートで諸経費が加算される。現レートで約390万円くらい。)で[1]、予約金1,000USD[2](日本では15万円[3])を前払いするにも関わらず(予約を取り消せば返金されるらしいが[2])、初日には店頭予約のための行列も出来たほど(まるでアップルストア)[4]。そして、日本を含め、販売開始から3日間で27万6,000台[1]、4月8日時点で32万5,000台を受注した[5]という、テスラ自体も予想だにしなかった絶好調スタートを切った。ちなみにマスク氏のもう一つの課題である宇宙開発では、彼の宇宙ビジネス企業SpaceX社が今月8日、難題であった宇宙ロケット(ファルコン9)の第一段ブースターを洋上へ垂直着陸させることに成功している[6]。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

活断層

昨日の大地震で犠牲になられた方、被災された多くの方へお悔みとお見舞いを申し上げます。
[ 続きを読む ]

ZEGRAHM SPACE VOYAGES

部屋の片づけをしていたら懐かしい冊子が出て来た(写真)。“ZEGRAHM SPACE VOYAGES”という米国ゼグラム社が企画した“2分間半”の宇宙旅行ツアーのパンフレットだ。
[ 続きを読む ]

マイ・カセットテープ

今朝、車で娘を駅まで送ったときのこと。外は冷たい春の雨。いつものようにSDのソースから音楽をかけた。ランダム選曲にしていたので、聴きかけだった曲が終わると次に流れてきたのが森高千里の『雨』。何とタイムリーな。別れの歌詞も年度の変わり目、今のシーズンに合っている。時々あるんだよね。この時期だとタイトルに“サクラ”の入った曲が選択されることが多いとか。まさか愛車のナビシステム(オーディオ兼)にA.I.(人工知能)が搭載されている訳ではないと思うけど、ちょっと古い技術でも、ストックされた曲のデータベースやいつ、どういう場面でその曲を聴いたのかといった履歴データベースがあれば、ある程度走行状況やタイミングに応じて気の利いた曲の選択をしてくれるエージェント機能は実現可能だ。いずれコネクテッド車両にでもなれば、SDやCDなんかも不要になって自分のお気に入りの音楽データは全部クラウド上のビッグデータの一部になる。近未来のクルマは、愛車と会話しながら、その日の気分や好みに応じて、私の知らない曲すらもおすすめしてくれる人工知能のDJ君が“同乗”しているんだろうね。マイクロソフトの「Tay」みたいに、アナーキーなパンクロックで運転煽ったりして。編集カセットで聴いていた時代が懐かしい。

新年度!

新年度がスタートした。会社員の方ならご自身、周囲の人事で悲喜こもごもではないかと思う。その給与の増減が大きく影響するであろう国内自動車販売の2015年度速報が出た。前年度比6.8%減の494万台弱、4年ぶりの500万台割れとなった。4年前とは東日本大震災の年だから、自動車業界にとってはかなり深刻な数字といえる[1]。これで来年度からさらに消費税UP。家電業界に続き、自動車業界にも嵐が吹き荒れるのだろうか。販売不振といえば、先日、東洋経済オンラインに「ホンダ「ステップワゴン」まさかの苦戦の理由」という記事がアップされていた。
[ 続きを読む ]



最近の記事