月夜のバス

今宵はスーパームーン。お天気にも恵まれ、美しい満月を拝むことができた。こんな神秘的な夜にもってこいのクルマ絵本といえば、「月夜のバス」(杉みき子・文、黒井健・絵、偕成社)かな。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

最前線、ここは横須賀

今回の安保関連法で論点となった集団的自衛権をもっとも端的に表している日本の場所の一つが、ここ私の自宅からも見える横須賀港だ。手前が海上自衛隊横須賀基地、奥が米海軍第七艦隊横須賀基地。今までこの両基地には見えないバリアがあった訳だが、今回の法律によって本格的に共同作戦を行えるようになった。といえば聞こえはいいが、我が街が生んだ総理大臣、小泉純一郎氏がその昔、米国のポチと言われていたのを思い出す。名実ともに自衛隊はアメリカの国防戦略に組み込まれ、日本は完全に米国の支配下に置かれたのだと理解している。あの戦争に負けて70年、つまりは占領された日本の戦後はまだ終わっていないということ。このブログのテーマとは関係ない話題だけど、地元民としては気になるところ。
[ 続きを読む ]

“THE GREATEST RACE”届く

自動車愛好家の間ではちょっとした話題になったクルマの絵本“The Little Red Racing Car”の作者、Dwight Knowlton氏の最新作、“THE GREATEST RACE”が今日国際郵便で私のもとに届いた。彼のホームページからPre-buy(事前購入)していたのである。今回は前作のキーパーソン、Stirling Moss卿が全面協力していて、彼がイタリア人ドライバー以外で初めて、主役のクルマであるメルセデス・ベンツ300SLRがイタ車以外で初めて優勝を果たした1955年のイタリア・ミッレミリア1000マイルレースが舞台となっている。詳しくは別の機会に紹介するが、このレースの歴史を紐解くのにまた眠れない夜が続きそう。

A new car picture book, ”The GREATEST RACE" has been delivered to me by overseas mail today. This book is the latest work written by Dwight Knowlton who is the author of "The Little Red Racing Car", which has become something of a topic of communication among car enthusiasts. I have pre-bought it from his homepage. This work was collaborated with Sir Stirling Moss, who is the key person in the previous book. This story is set in the 1955 Mille Miglia 1000 miles race. Sir Moss was the first winner as a non-Italian, and the Mercedes Benz 300 SLR with him was the first winning car in a non-Italian car. Although I will review it some details on another occasion, I am likely not to sleep well at night for some time again. Because I have to learn the history of this race. Thank you for your greatest job!, Mr. Knowlton.

ラグビーW杯 大金星
出典:https://pbs.twimg.com/media/CPSKQnOW8AAC-1P.png

フットボールはサッカー派なので、ラグビーは普段あまり関心がなく過ごしてきた。でも学生時代は高校・大学ラグビー全盛の時代だったので、結構試合も観ていたし、ラグビー経験は高校の体育の授業以外(体育教師がラグビーの名門、福岡高校→明大のラグビー部OBだったので結構熱くやっていた)はないけれど最低限の知識は持っている。新国立競技場の件では日本でラグビーW杯が開催されるのかと初めて知った方も多いと思う。僕も今回の“事件”を機に、先日始まったばかりのワールドカップ・イングランド大会で久々にラグビーを楽しもうという気になった。日本代表の初戦の相手は過去優勝2度、今回も優勝候補に挙がっている南アフリカ共和国。サッカーで言えば、ドイツ、アルゼンチン、ブラジル以上の格上も格上の強豪国である。日本代表はW杯ではまだ1勝しか上げていないし、まあ初戦は捨て試合、負けるにしてもどれくらいの点差で負けるかで今回の日本代表の実力が図れると思っていた。で、今朝スマホで速報を見てみると、何と34-32で勝っとるではないか!一瞬我が目を疑った歴史的大金星である。
[ 続きを読む ]

いすゞ・エルフ by 4歳さかなクン
出典:日本テレビ「誰だって波瀾爆笑 さかなクン」2015年9月13日OA

先日テレビを付けていたら、お魚博士で有名な「さかなクン」の密着取材をやっていた。今やスーパー忙しい「さかなクン」を初めて知ったのは、昔テレ東でやっていた「TVチャンピオン魚通選手権」だったと思う。テレチャン(LEGO選手権とか大好きだった)らしい選手権だったが、面白い高校生がいるもんだと当時は観ていた(彼はこの選手権で5連覇を果たしている)。そのまんま大人になった「さかなクン」、なぜ当クルマノエホンの本日のテーマなのか。番組では謎多き彼の生い立ちも同時に紹介されていたのだが、4歳の頃に彼が描いたという絵にびっくり。それが冒頭のクルマの絵(いすゞ・エルフ)だったからである。
[ 続きを読む ]

予言者現る

昨日、出先から帰って来るとベランダにカマキリがいると息子。ベランダに出てみると鮮やかな緑のマントを纏う小ぶりのカマキリが。ほおーっ、もう秋か。それにしても4階までどうやって上がって来たのだろう。
[ 続きを読む ]

平常心があれば集中力は生まれる

何気ない一言が琴線に触れるというか、気づきをもたらしてくれることがある。先日テレビのニュースを見ていて、心臓外科医の天野篤・順天堂大学教授が語った一言がそれだった。
[ 続きを読む ]



最近の記事