野球盤

もう真夏と言ってもよいくらい暑かった今日は、息子のサッカースクールの日。しっかりと汗をかいて自宅に帰ると、テレビでちょうどDeNA-ロッテ戦が行われていた。久しぶりに家族で野球を観戦する。後半、ベイスターズのホームランなどで4対1の快勝。交流戦が始まっても相変わらずの定位置から脱せないベイだが、勝って気分を良くしていると、息子が奥の部屋から野球盤を持ってきた。すぐに影響を受けやすい男である。最近、彼は野球盤に興味を示して、私も懐かしくなって連休中にB/Oで物色。ネットでも評判の高かったエポック社野球盤『ドクターK』が手ごろな値段で売っていた。ところが箱の裏を見ると「非売品」の文字が…。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

リトル レッド レーシングカー

5月の連休中に『マセラティ デイズ イン 横浜元町』に出かけた際、予約していた“The Little Red Racing Car”の日本語版絵本「リトル レッド レーシングカー」(作:ドワイト・ノールトン、企画・翻訳:ピーター・ライオン、菊池真美、ボストン)が今日届いた。
[ 続きを読む ]

横浜Fマリノス

ちょっと気になっていた横浜F・マリノス球団の2013年度決算が発表された。売上高は前年度比16.1%増の43億円強。営業利益も前年度5億円の赤字から900万円の黒字に転じた。売上高営業利益率は0.2%と依然低空飛行だが、Jリーグライセンス維持の条件、2012-2014年度3期連続の当期純損失(赤字)を計上していないことおよび、2014年度に債務超過でないことの1つ目はクリアできた。昨シーズンの優勝争い(最後の最後で優勝を逃したが)、初春の天皇杯優勝などが観客動員数を押し上げたのだろうが、2012年度末までの累積損失16.8億円は2つ目の条件クリアに重くのしかかっていた。この状況を鑑みて、親会社の日産は2013年度に10億円の損失補填を行っている。さすがにマリノスを見捨てるのは、ブランドイメージの低下に繋がりかねないと判断したのだろう。それでも残り6.8億の債務超過。日産とて先の決算報告を見れば、これ以上支援できる余裕などない台所事情だ(ゴーンさんの報酬を献上すれば済むのだけれども)。また今シーズンJ1でのマリノス成績も、5月27日現在18チーム中12位と全く冴えない。この調子だと来シーズンからは名門マリノスもJリーグからおさらばかと思っていた矢先、クリビツテンギョウなマリノス支援スキームが発表された。なんと2013-14シーズン、プレミアリーグチャンピオンとなったマンチェスター・シティFCを擁するシティ・フットボール・クラブ(CFG)との資本提携を伴うパートナーシップ締結が発表されたのだ。
[ 続きを読む ]

kyosera TORQUE G01

auスマホの2014年夏モデルを見ておっ!と思った。以前から気になっていた京セラ製のスマホブランド「TORQUE」がラインナップに加わっていたからである。IT弱者の私は未だにガラケー。2代続けて所有しているのはカシオ製の「G’zONE」。このタフネス携帯の流れを汲むTORQUE G01の登場に、拒み続けてきたスマホ携帯へ少し心が揺り動かされている。
[ 続きを読む ]

2013年度決算発表をする富士重工吉永社長

国内自動車各社の2013年度決算が出揃った。アベノミクス効果なのか、円安の恩恵もあり輸出産業、とりわけ自動車業界は主要各社の売上高が軒並み前年度比2桁増の好業績をたたき出している。しかし、各社の数字を並べて眺めてみると、本当の実力が浮き彫りになってくる。
[ 続きを読む ]

マセラティ デイズ イン 横浜元町

絵本“The Little Red Racing Car”の紹介以降、本ブログでは今年創立100周年のマセラティづいているが、本日もマセラティネタ。好天気に恵まれたGW終盤の4日、横浜元町では雑誌オクタンによるマセラティ デイズが企画された。新旧マセラティ十数台が、元町ショッピングストリートに展示されるということで、実物を見に行って参りました。
[ 続きを読む ]

24 ファイナルシーズン

年末年始にBSフジで放送され撮り溜めていたアメリカTVドラマ『24-Twenty Four-』のファイナルシーズン(アメリカ本国では2010年に放送)をこのGW前半に一挙に見終えた。「事件はリアルタイムで起こっている(Events occur in real time.)」というキャッチコピーどおりの息をも尽かせぬストーリー展開は相変わらず。子供には見せられないかなりグロい殺人暴力シーンも多いので(今回はR指定かと思うくらい特にキツかった)、深夜から朝方までお一人様視聴が続くと、さすがにかなり疲労困憊。でも超人ジャック・バウアーは疲れを知らない。
[ 続きを読む ]



最近の記事